雑談らしきもの180309

メモも兼ねて、たまには書いておく。
動画は体力とメンタルが・・・絵理で小品でも作ろうとしたけど(誕生日だったし)、作ろうとした曲が見つからないと言う事態に陥って断念。
15年くらい前に地元の天気予報で流れてて、一度近所の書店でも店内BGMで流れてた曲なんですけど、誰かご存知ありません?って書いても無理なんだよなーインスト曲って。メロディーは分かるのに・・・。




・ヒメ勝ったー!(と言いつつ普段はイイダ派)
19勝15敗で止めたのが功を奏したかもしれない。あ、一応写真趣味なんで花選んでました。
隔離ドームがあると聞いて「ドーム外から干渉できる手段があれば強いのではないか」とハイパープレッサー(+52デコ)を持っていったら見事に刺さりました。最悪の場合でも少しは塗れるし・・・。
この記事にある通りメガホンレーザーをメイン武器として使ってたので「極太の攻撃範囲」「インクリロード」「セットした瞬間から行動再開可能」「圧倒的火力」「デコイ、通路遮断兵器としての使用」と多用してたメリットがほぼ全部失われたので「操作可能」「少しだけ塗れる」がようやく強みとして使えたから、むしろ刺さらないと困ると言うか・・・。
そんでも最終盤で負けたからヤケクソで練習用のスクイックリン持ってったら大当たりで無事勝ち越しましたとさ。


・イカはナワバリとサーモンだけやってます。なのでフェスも。
今回フェスパワーは2001で終了。まぁ上手くいった方か?(無印のガチはC止まり→養殖でB+→自力でAでした)

使用武器は今作でもジェットスイーパーです。今回は前作から変わってないという理由でわかばシューターも導入。
やっぱり練習用にスクイックリンα(ムラがでかすぎてメイン転用不可)、52ガロンデコ(プレッサー慣れないため練習に広角)。
後はサブでヴァリアブル(実は初ローラー)、傘、ラピッドデコ、パブロヒュー、テント、ノヴァネオ(旧作では強すぎて敬遠してたけど旧作無印ノヴァに近いので投入)、バケデコ。
旧作の筆系統(パブロ+スプリンクラー、ホクサイヒュー+スプラッシュボム)が軒並み削除されたのが厳しい。ってか腕前的にボールドを倒せる手段が存在しないと言うナワバリ専としては致命的すぎる欠陥があるためホクサイ(旧作ホクサイヒュー)の使い勝手が全然違うのが痛すぎる。そらロボットボム自体は強いけどさ。
と言うかボールドよ。ナワバリだと「仕留められない下手なプレイヤーが悪い」って感じで突っ込んで煽ってくるのが多いから困る。スクイックリンが調子いい時(10試合に1回程度)とかヴァリアブルが刺さった時はどうとでもなるんですが・・・。




一応ここからアイマス雑談枠。




・イカは最近ネタ切れにてシンデレラとかミリオンのネタも少しだけ入れ始めました。
普段は愛絵理涼っぽい名前、たまにサイネリア。一度だけ桜井ガーナって名前にしてたけど本人に怒られそうなので逃げる。
とりあえず新ステージがバスケスタジアムなのでフェスでは某キャプテン渚を名前にして潜ってたらS+の神谷奈緒(黒ZAP+サッカーバンド)に当たって撃ち抜かれました。チーン。
そして渚のまま放置してたらサーモンで「りょうちん」って名前のS+竹とマッチングできたのに、微妙な感じに・・・桜井ガーナにしておくべきだったか・・・。

・飯屋さんがブログで花派でフェスに参戦してたのを書いてて笑った。しかもパーマネント使いかよ。
パブロは塗り性能がごっそり落ちたせいで全然使わない(ってか今作のはパーマネントパブロです)・・・パブロヒューは強いけど対価(塗りポイント)が疲労の割に合わないしなぁ。
そういや青木さん(魔王じゃないほう)が無印だとパブロと96デコ使いでしたね。今作だとどうなんだろ。

・「チャイルドスモック三船さん?いつものアイマスでしょ」と無視してたら横に仁奈がいて「もふうううぅぅぅぅぅぅ!」となった異端者は僕だけっぽい?いや仁奈に合わせて着たとかだったら超ハートウォーミングじゃないですか。
そんでも世論が「チャイルドスモック三船さんやばい」な辺り正直切なくなったりしてる現状。
アイマスの間口の広さ(アイレディの歌姫楽園とか、一時のニコマスと言う場所の許容及びそのジャンルの多彩さとか)に惹かれて今ここにいるので・・・仁奈を完全無視してチャイルドスモック26歳のイラストばかり拡散しても白い目で見られそうだなー的な。

・裕美(平田さんの誤字でも五十嵐さんでもなく普通に関さんですよ)の曲が渡辺さん担当だった。
さも当然のように「渡辺さんの代表作はDazzlingWorldだから・・・涼と同じ作曲家だー。何かの縁かな」と嬉しくなったのですが、なんでもかんでもDSに繋げるのはどうかと一瞬考えてたら「武田さんが裕美の曲を作曲」と言うもっと飛躍した(かつストーリー性のありすぎる)感想を持ってる方が多くて悶絶。
負けた・・・。あと村上さんは輝きの向こう側じゃなくて天城峠の向こう側に行っちゃいましたね。

・あんまし手を広げすぎても今の自分には追い切れないってのもあってsideMは追わないようにしたけど(涼いるし他2人もかなり好きな部類なので見てはいますが)、グランドピアノの話はぶったまげた。
ピアノとか、よほどの事情がなければ某Mデラックスさんと組んでる村上さんくらいが限度になるので(両手を酷使するぶんベースとかと違って本当に幼少期からやってないとガチでは弾けないし指の長さの問題もあるからあんだけ弾けるだけ凄い)、導入したのが英断と言うか・・・。
この後で某Pと「ジュリアはギター・・・旬はピアノ・・・李衣菜は・・・」「そろそろギター弾いたほうがいいと思う」的な流れになったのは様式美か。




・シンデレラのイベントで「そんな低身長で大丈夫か」と盛大に突っ込んでしまったけど、柚を投入した時点で投げ捨ててるって解釈でいいんだろうか。
乙倉悠貴の存在の時点で、シンデレラの運営側はそういうのは把握してるはずだけど・・・。
もっと言うと相方の絵師に言わせれば「シンデレラは全員頭でかいから等身が低い」なのでモデルとしてはアレな気がするけど流石にそれは野暮な話か。
ってか柑奈が触れてた(他は未確認)けど何故かなんとかなった的な投げやりな感じか・・・。柑奈の身長は155cm、平均より僅かに下回ってるだけなのに「身長低いからどうなるかと」発言。この前ヤフーでミゼットプロレスなるものを知ったけど、モデルってある意味アレ以上に身長が残酷に働くジャンルだなーと改めて思ったり・・・。


・ここから割と込み入った話、かも。

身長云々の件は最近そういうマンガを見てるってのもある(何のマンガかはこのイラスト見て察して下さい。おススメ)けど、相方の同級生で「身長170以上あって学内で浮いて内向的になってしまった」って女子がいたらしいので、その辺りが気になってしまうってのが特段気になる理由です。
相方の同級生にリストカット経験者がいたらしいって話を聞いた事があるけど、同じ女子だったかもしれない。流石にこんな話題を再確認する気にはならないので、この話はここまで。

思えば、身長ってのは選べないから残酷だ。
努力でどうにかなる存在を超えたところにある、ってのは本当に平均身長と言う段階から厳しく設けられている日本人にとっては一番残酷なんじゃなかろうか。
しかも高ければいいと言うのも違う。僕の場合、小学校のころ背が低くて、やたら親にカルシウム入りの飲み物(not牛乳)を飲まされた挙句、平均程度の身長にはなったけど、今の生活において不便になってしまったと言うのもあるし。
いや・・・写真趣味だけどペンタックスQを機材に使ってるぐらいの体力でして。
(経済面の問題もあるけど、そもそも1kg以上のカメラはほぼ使えない。K-r+シグマのズームマクロを持ってるのに長時間持って動けないためにほぼ出番が無くなってしまった)
「成人女性の」平均以下の運動能力なのに、身長と年齢と性別だけ見て力仕事をやらされて悲惨な目に遭うってのが何度かあったのですよ・・・。どのみち環境的に僕は結婚不可なので、身長低かったほうが色々便利だった可能性すらある。身体能力もそれ相応だし。


思えば、身長ってのは選べないから残酷だ。
だからきらりと杏は多少ファンタジックな要素も入ってるように個人的には感じてしまう。身長と性格を別に決めて面白そうだから組み合わせた的な印象。
もちろん後からきらりは身長気にしてたとかどんどんフィーチャーされるようになってきましたが、それもあるせいで最初は面白がってキャラメイクした的な偏見が未だに拭えない・・・。しかもシンデレラ最後発の悠貴が練り込まれてるぶん余計に。
(きらりと杏は過剰に濃いキャラ性をフィーチャーされてるぶん身長とかの要素を入れる暇が無かったって可能性はありますけど。逆に目立った個性=低身長の日下部若葉は低身長→大人の魅力の順でフィーチャーされてますし)
ミリオン詳しくないけど、このみさんは明確にそこらへん考慮した上で最初から仕上げてある印象。初期の日下部さんよりはだいぶ雰囲気が大人っぽいし(早苗さんのが近いはず)。
そういや愛って身長が低い事には何度も触れられてるけど、割と魅力の1つとして描かれてる部類だよな。そもそも13歳で149cmって特段低い訳でもないし。なお同趣味同族性同じロリ巨乳と色々似てて同タイプのあずきは15歳145cm(だけど身長にはあまり触れられない)。

ここらへんにヒントがあるんじゃないか?


・いや、上で書いた李衣菜いじりの後にこう続いたのです。
「まぁ、そこでやらないってのも面白さではあるんですけどねw」「確かに李衣菜はそうなんですが、流石に7年シンデレラ続いてるせいでタラちゃん的な熟成度になってきたような・・・」

思えばシンデレラってのは7年も続いてるけど、「アイマスでソシャゲやったらそら覇権取るよ(課金的な意味で)」とは想像できたものの、その方向性は極端なキャラ個性ってのが主なベクトルだった。
これは流石に断言していいと思います。ここだけは異論は認めない。もちろん加奈とか千枝とか松山さんみたくシンプルな例もありますが。
ただ、「極端なキャラを7年続けられるか」となると、187人もいるから当然ながら一部は無理が生じてくる。
きっちり37人決めてスタートして追加も2人に抑えたミリオンはそういうのは少ないですが(むしろ見越して色々やってたせいで山マシュマロ事件なんて悲劇が起きた)

さっきのやりとりで思ったのが「キャラクターの成長に限度がある」。
とある事情で気にしてたのです。
理由?闇堕ちするのでここでは書きません。ただ、裕美とか人気出てるのは頑張って成長したからですよね、とだけ・・・。

うん、そうだ裕美を例に挙げれば分かりやすいんだ。
そもそも、彼女ですらも「実は笑顔は初期ノーマルの特訓後の時点で既に習得できていた」と言う事実がある。
ただ昨今のマンガとかで王道の成長物語を描くだけでも、シンデレラは裕美ですら「最初からレベル100」状態になってしまっていたのである。
そらそうだ、シンデレラは当初はキャラクター台詞だけで全て描写しないといけなかったんだから。据え置きハードの765(旧13人)や876の面々とは違うのである。
幸い彼女は同時登場の雫に埋もれて全然目立たず、そこから「SR昇格」「ウェディングSR昇格」「総選挙入り」「ボイス付加」と言う過程を得て成長を描写出来る・・・と言う、ポジティブに考えればミラクルとも言える流れがあったのですが。
・・・こうして考えると雫、超ナイスアシスト。劇場で裕美相手にナチュラルにかがんで話してたはずだし(それぞれ170、155cm)、牛乳飲んで胸どころか背も高くなった人材は器が違う。そんでも170cm止まりな辺り生々しい。

話を戻す。
僕の個人的な偏見もあるけど、多田李衣菜ってのは正直「運営がロックに詳しくなくて描写しきれないから逃げた結果のキャラでもあるんじゃ・・・」って印象でした。光とか蓮実は濃いネタも出してきますけど。
ただ、担当P曰く「それでも知らないなりにロックに向き合ってるのが李衣菜」。
確かにそりゃ魅力的な子だ、うん。

これを強みにした結果、李衣菜はロック面での成長は一度バンドを組んだぐらいで留まってしまった。
そら確かに夏樹とタメ張れる李衣菜ってのも、5年後くらいなら超見たいし、そもそもなってるだろうって気もするけど・・・サザエさん時空のシンデレラガールズではそれが叶わないのですよ。
で、ここから更に飛躍した話として。
「アホの子系統のアイドルは成長が制限されるシンデレラにおいては致命的なのではないか」と言う論理にすらなってしまう。

・・・もっと突き詰める事もできるけど、ここら辺にしておきます。
ただ正直思ってたんだよな、シンデレラの運営ってどんだけ安斎都をアホの子として描写できるか挑んで遊んでるだろって。いや都が優秀すぎても困るけどさぁ・・・どうすんだよ推理小説で遊んでるアレ、そもそもカラシ入りおでんを瞬時に見分けるぐらいの能力はあるじゃんよ・・・。




で。

身長の件、この辺りの解決の糸口になるんじゃないか?

きらりとかごく一部は成長するけど、そもそもきらりに関しては最初から最長身だから個性ブーストにはなっていない。
つまり全員成長不可能です。
これが千早のバストサイズぐらいだったら小ネタではあるから大丈夫だけど、一部はそれ以上だし・・・。
ただ、向き合い方を変える事は多少はできる。
(僕は失敗しましたが、アイマスのアイドルは育ち盛りです。成長し終わった年齢で身長フィーチャーされるアイドルのこのみさんや早苗さんはそこら辺はある程度は通過し終わってるから大丈夫でしょう)
要するに、成長しない中でどう粘るか、的な方針程度にはなるのではないか。

第一。
サービス終了である意味リセットできるミリオンと違って、シンデレラは当面それが不可能。
長期を見据えてたであろうミリオンのほうにリセットのチャンスが来てしまったってのが皮肉極まりない。
デレステはシナリオ面の当たり外れが壊滅的なレベルだし、その辺りはあまり頼りにする訳にも・・・。

さっきも書いたけど。
雫って第一にバスト105cmが来ますが、少し見れば分かりますが「胸のサイズに比例して優しい子」ってのがあります。
で、ナチュラルに裕美に目線を合わせようとしてくれました。劇場の何話目か忘れたけど競演してた回を参照。
これだよ、こういう描写!
身長が普段あまりフィーチャーされない雫に一発で「自分の身長の高さから来るデメリット(相手との身長差)を持ち前の優しさから来る気遣いで慣れた様子でカバーする」と言う物語を据えられる!

こういうタイプの細かい描写を活用すれば、「ロックを知らない李衣菜」「ロックを長年勉強しようと頑張っる李衣菜」を両立させられるのでは・・・。

こと李衣菜は主力アイドルなのに、ロックバンドを組むと言う一大イベントは既にやってしまった。
しかも星花も委員長もライラさんも声が付くか付かないか見事なほど微妙なライン3人だからライブでの競演も厳しい。夏樹とそんなポンポン組むのもメンバー固定のデメリットが大きいし夏樹は炎陣が忙しい。
そもそも、ライブに関しても、トワイライトサイリウムと言う奥の手を既に使い終わっている。
ただ、トワイライトサイリウムって、どうだ?
あれを李衣菜以外ができるか、なんて言われたら、そらリアルのアイドルでもそうそうおらんよ。あれP有志主導でしたっけ?西武ドームの日光が差し込む構造も仕事して余計上手く行ってたと聞きますが・・・だから、彼女の伸びしろがまだあったと言う一番の証拠じゃないか。


と言う訳で、そろそろギターを何らかの形で弾くイベントとかあってもいいんじゃないかなー、って流れから投げっぱなしで終わってしまったのが申し訳ないのもあって色々思考を巡らせてみました。
・・・そもそも「李衣菜のギター生演奏」って何ヶ月か前にあったゴールデンボンバーの生演奏大失敗みたくなってしまう可能性もありますが(笑)。
でもアレそもそもやっただけ全然違うんだよな。少しは弾けた、ってのも重要なポイント。
下手なギターを青木さんがなんとか弾いて、それだけ弾けりゃ十分だ後はアタシがやる的な感じで夏樹がシャウト・・・みたいな感じの演出でいけるんじゃないか。まぁ流石にこれはストレートにやると安野さんに負担かかりすぎるからボツとして、ここまで大ネタに挑まなくても何かローコストのネタ仕込みで一気に李衣菜を輝かせる手段って案外あるんじゃないかなー。

これからのシンデレラガールズには、「成長」ではなく「アイドルを輝かせる新しい形の成長」を期待します。
[PR]

by icelake876 | 2018-03-09 23:39 | 雑談(アイマス系) | Comments(0)  

<< 雑談らしきもの180310 765誕生日祝い会場集 >>