<   2013年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

また2014年に

d0160172_0413524.jpg

ブログ更新納め。
画像は今年のエース、サイネリアさん。この前の動画のイメージで。

お疲れ様でした。
[PR]

by icelake876 | 2013-12-30 00:42 | 雑談(アイマス系) | Comments(0)  

雑談らしきもの131229


0909P合作上がってましたー!お疲れ様でした!
あー相変わらず凄いわ。某Pの尺がちと長いけど。
(形式そのまんまで行ったのは大正解だと思いますが。と言うかあれでも2分切ってたから短いはずなんですが・・・w)
個人的MVPはHemijiさん。ようもあの選曲でやったわ。しかも立体感が凄すぎたから自作ステージかと思ったら普通にゼーレステージ(仮)の棒状スクリーンが後ろにあった。すっげぇ。
あと電話で無理に呼び出されたのにさらりとニュージェネ組で凄いパート作るまいったねさんの大正義っぷり。直後の雪歩ばりの大正義力。恐ろしや。

ちなみに合作公開日の僕の帰宅時刻は絵理の発言のフラグを見事に回収する深夜1時オーバーとなりました。
見られたの今日ですよ。もう年末ムード。




恥ずかしながら、この動画で怪盗アイマスク始めて見た。
ホントにあったんだ・・・w


えきぽ最終回か・・・。
その完成された動画形式、番組形式としてのセンスと卑怯すぎる選曲(by最長片道切符視聴者の湖氷堂さん)で12年度以降の旅m@sの1つの隠れ名物となっていた根強い人気のシリーズでしたが、完結となりました。
それでも、旅はまだ続くようなので、期待。


Pカメのなかなさんの記事が上がりました。
少なくとも、主催の記事が上がった事によってひと段落付く形になりそうですね・・・お疲れ様でした。
最後のカメラは、古いほうのCanonのロゴを纏った、あのカメラ。


オマケ:勝手にデータ集計

メーカー内訳
ニコン→3台
キヤノン→2台
ペンタックス→2台
シグマ→1台
パナソニック→1台
ローライ→1台
ハッセル→1台
その他→1台(アップル)

何故かオリンパスとミノルタ(ソニー)がいない。
後は大体は普通の内訳・・・に見えて、しれっと混じってるローライとハッセルブラッド。


形式内訳
フィルム一眼レフ→2台(なお2台ともMF)
フィルムコンパクト→1台(これもMF)
デジタル一眼レフ→2台
ミラーレス→1台
ハイエンドコンデジ→2台
普及価格帯コンデジ→2台
中判カメラ→1台
その他→1台(iPhone)

フィルムAFカメラは無し。メーカー内訳と合わせて、誰かα7000を上げてれば丁度良かったのかもしれない。
アイマス系の企画とあって比較的年齢層が高いからオールドカメラ系が2台、デジタル一眼レフは2台いずれもニコンのフルサイズ、コンデジも半分がハイエンド機という内訳となりました。
そして異彩を放つ蜂矢さんのiPhone4S。流石や。なかなさんがトイカメラ枠になったって言ってて凄く納得したけど。

[PR]

by icelake876 | 2013-12-29 21:02 | 雑談(アイマス系) | Comments(0)  

まさかの2日連続投稿に見せかけた何か(非公認)



これ書いてる時点で中身は一切無許可です。


・・・容疑者は「これとかこれとかこれを見て何かしたかった」と供述しており・・・。


追記:えー、楽しみだし支援したいんで勝手にやったのですが、なんか時間指定外れてますね・・・まさか・・・。
本来最初の1分8秒だけだったんですが、「9時に帰宅できない」と身をもって痛感してるので何だかヘンなのが伸びてってこうなった。そんでもって「デレラジとかミリラジより速く帰宅できない」と言う流れでああなった。デレラジはゲスト回は30~1時間でしたっけ・・・?三宅さんが来るのは思い出したけど。

[PR]

by icelake876 | 2013-12-23 21:58 | 動画紹介PV系 | Comments(0)  

自称クリスマスプレゼント動画



こう書くと輿水さんみたいだ。

えー。
DSフェスタ4thに本来上げる予定だった小品です。
ヤマネコさんの未来のミュージアムを見て「一度プリコグでがっつりダンス組まないとなー」と思ってたもの。
仮組みとエフェクトがいつ完成したか覚えてないけど、完成してたので出します。


・・・絵理の動画、2年ぶりなんですよね。
それに気付いて彼女へのプレゼントも兼ねて大慌てで出した。
[PR]

by icelake876 | 2013-12-22 23:49 | 雑談(アイマス系) | Comments(0)  

「女性アイドル涼」は貴女だけ

来ました。


白の王女アナスタシアの事ではありません。
満を持して登場したイヴの事でもありません。
聖夜のシスターの事でもスタイル良くなってる唯の事でもありません。


SR松永涼さんです。












d0160172_21514126.jpg
※個人的に一番しっくり来たイラスト。小梅とデートもしてたし。

いい加減書かないとと思ってたんだ・・・。
そもそもペンタさんが名前の時点で「運営勉強しろ」と思考停止してしまい、今年の夏ぐらいまで全く存在を認知していなかったアイドルがこの松永さんになります。
(現に準公式の魔王、つーか朝比奈りんはともかくとして、DS組や菜緒さんはだだ被りであり、その中でも漢字までもが完全に被ったのがこのアイドル。まだ小早川さんと川島さんの被りは向こうがアレだから譲るとしても、正直、こちらに関しては運営さんがDS知らないんだろうなーと思って凄く悲しくなった。
もちろん、東郷さんがひらがなの名前だったりする辺りを考えても、知ってるけどあえて被らせた可能性もありますけど・・・でも事実、765プロのアイドルと名前が被ってるアイドルはいないんだよなぁ。
あー、ちなみに、僕にとっての呼称が「松永さん」になるのは勘弁。ちと、これだけは譲れない)


もう調べもしてなかった。
あースタイルいいんだー、くらいの認識。いや、それすらも当時まともに認識してたか怪しい。
で、今年の夏になって、シンデレラガールズのカップリングの代表例として「りょううめ」が挙がってるのを見て、やっと松永涼というアイドルの存在を認識した次第。

しかも理由は「莫大な数のタグが存在する秋月涼のカップリングタグ『りょう××』において、唯一涼が絡まないカップリング」という凄まじい紹介のされ方をしていたから(笑)。
なお、僕はあまりの涼のカップリング動画の多さにげんなりしていたクチです(りょうゆめは全然いけるけど)。
これはひどい。

・・・でも。
このまま松永さんというアイドルを無視してた方がもっと最悪だと思った。


あと、「りょううめ」について、ですが。
これを見るまで、実は小梅もホラー属性についてと人気アイドルだって事しか知りませんでした。

「小梅のついでに涼も知った」ってパターンどころか、最初から両方とも知らなかったというオチ。
(13歳であのピアスといい典型的すぎる会話下手属性といい、ちょっと調べるだけで悲惨そうな境遇がゴロゴロと出るわ出るわ・・・挙句ノーマルの最後の台詞=ある意味での本当のスタート地点の台詞が「か、変えてくれて、ありがとう」ですか。こりゃプレイヤーを次々落としてPにしていったのも当然だわ)


・・・で。
やっと調べた。
wikiやらニコニコ大百科やらピクペディアやら。
成程、こういうキャラでしたか。






大昔の話。

多田さんという人気アイドルがいます。
ロック系統ですが、だんだんとボロが出て今では完全ににわか属性がついているアイドルです。
別に、キャラとしては成立してるし、魅力的だ。ファミエリさんもシンデレラガールズやってた時は彼女が担当アイドルだったみたいだし。
(DSフェスタ3rdタグロック部門の告知動画でちょろっと多田さんを出したのは、彼の目を通ってOKが出るんだったら問題ないだろうと判断したのがでかい、と言う余談)

でもねぇ。
僕は、彼女に正式ににわか属性がついた時、実はショックだったんですよ。

別に彼女に罪がある訳じゃない。
ただ単に、引っ掛かったのは「運営が多田李衣菜というキャラを構築するにあたって果たしてロックについて勉強したのかどうか」という一点のみである。
本当に気合いを入れてアイドルを構築してくれてるのか、と。



もちろん、キャラとして魅力的になったから、今の多田さんがいる訳ですけど。
でも、彼女のにわかロックを見て、「あ、運営逃げたのかもな」とは思った。
にわかでも許容するロックってジャンルに甘えてるんじゃないかなー、と。
確か、2012年の上半期ぐらいの話だったと思う。

(・・・念のため。数撃ちゃ当たる方式だし、アイドルおのおのの趣味に対応する運営が大変と言うのは分かります。
ただ、折角人気が出たキャラクターなんだし、本当に一生懸命ロックに対して勉強させるってのもアリだったんじゃないかな。実際、「ロック」じゃなくて「にわか」って要素のほうが今では比重がでかいように思うので。
この思考は、僕がロックはおろか、音楽系統に関しても好きなのに全然明るくない、というコンプレックスを持ってるのも大きいですが・・・「アンタら勉強しろよ!僕よりは詳しくなるはずだから、さ!」的な。
あと、南条光や長富蓮実と言った「知らないと描けないキャラクター」がいる事に関しては触れておく。あの2人は凄いわ。二次創作で使うのが専門外の人には大変だと思うけど)








1年後。

こんな身近にいたのか。
逃げずに「ロック」を描くキャラクター。


別に「本格的なロックとかボーカル系の用語を勉強して書いてる」と言う気は無い。
ただ、このキャラに関してはお茶を濁すような事はしてないなー、と。
それが重要。


実は前にNRRRの掲示板で「りょううめ」については軽く語ってました。
それの引用。
「どうしてもロックだとだりなつがフィーチャーされるけど、『本職』っぽいのは松永さんと小梅の方なのよね」

ここで書いてる「本職」ってのは、実際にロックバンドのカバーやってそうだなー的なノリですね。
というか、そのものズバリのバンド経験者だ。
でも、「だりなつ」の2人はそもそも現時点で唯一のコラボSRカードを持ってるほどの名コンビ。これ相手には分が悪い・・・と思ったら、松永さんには総選挙10位を叩き出したモノホンの人気アイドルの友人がいたのであった。
しかも小梅さん、割と外見がロック。
松永さんはもっとロック。
いけるやん。




ってか、さ。
いくら趣味が同じだからと言って、「あの子」が見えちゃってるどころか、13歳なのに耳にガチ志向のシルバー系ピアスなんてつけてる不気味な子を相手に何故に松永さんは平然と友達になってくれたのか(注:褒め言葉)。

マジでありがとう。
ああいう子にとっては、ホントあなたみたいな人が大切なのですよ。

これ地味に運営も頑張ってるかもしれない。
同じ趣味だから安易にカップリングさせた的な面はあるかもしれないけど、こと松永さんに関しては「うさちゃんピース」と言う前科が面倒見の良さとして抜群の説得力を生んでしまったという奇跡。
たぶん偶然なんじゃないかなーと思うけど(そもそもシンデレラガールズ劇場内でのネタだ)、後はしっかりとその辺りを崩さないようにしながらやってくれてるっぽい。なんか、同じくシンデレラガールズ劇場内で、わざわざ星さん(キノコさん)に声かけたりしてたみたいだし。

そもそも、最初のカードの時点で「バンドのみんな、元気かなー」と言う台詞があったりするらしいので、どうやら義理堅い性格と言う解釈をしても割と問題なさげな雰囲気。
そんでもって、やりすぎない程度に最後に出たカードにも微妙に小梅に言及する台詞はあったようで。
たぶん、この辺りに関しては狙って保持したままにしてあるんじゃないかなー、と。








折角なんで、いっちょ。
そのNRRRでりょううめについて言及した時に紹介されてた動画。
当時の掲示板はこの辺り悲惨な事になってるけど目を瞑るんだ。

覆面作家さんのノベマス「シンデレラロックフェスティバル」。
なんと涼のバンドメンバーをオリジナルに設定までして書いたド直球の松永涼過去話。
あと小梅。これ大事。

このノベマスは、間違いなく「だりなつ」ですらキャスティング不可能。
松永さんと小梅さんにしかできない世界。
そんな、ド直球のロックンロール・シンデレラガールズ。
それができるアイドルなんだなぁ。








シンデレラガールズってのは、凛・卯月・未央の3人が最初のアイドルです。
チュートリアルの原宿エリアで必ずみくが仲間になります。
ここまでが、規定路線。後は好きなアイドルをプロデュースするゲーム。


その原宿エリアのもう1人のアイドルが松永涼らしい。
最近になって調べて知った事実。衣装コンプリートアイドルだそうで。
なので、ある意味では彼女も「最初のアイドル」の1人と言えるんじゃないでしょうか。


やっとこさ、SR。
ここまで、長かったですね。

蛇足SS(カップリング注意)
[PR]

by icelake876 | 2013-12-19 00:56 | 雑談(アイマス系) | Comments(0)  

むはーーー!!!



むはーーー!!!


ありがとうATPありがとう(喚起)
今回も参加します。今日スクショの事前準備が終わったので20個埋まるかどうかはともかくとして参加はいけそう。


悪来さんの記事を追記。前期の検索フォームとか連絡とかがあるので追記で拡散します。というかこの分量のポータルが遅れない方が奇跡と言うか遅れるのが普通でもおかしくないと言うか・・・)
[PR]

by icelake876 | 2013-12-15 21:16 | 動画紹介PV系 | Comments(0)  

49.75作目 ごまえ×ドラマ金田一



・この動画に何を語れと言うのか。
・一発ネタ。以上。
同じ選曲頼りの一発ネタでもマリオペイント辺りと比べると雲泥の差だけど。まぁ、あっちは某先輩Pの助言でドット感が見えるように微調整して撮ったので、そりゃそうだとも思うのですが。
と言うかあっちの動画、今月になって1件コメントついてるし。
当時のブログ記事。
要するに「双海少女の事件簿」が着想の元ネタ。
・後は「スカイアローブリッジ」でごまえ長回しの便利さに気付いたため。
ちなみに金田一少年はドラえもんとかその辺りを除けば一番最初に僕が見たマンガです。たぶん怪盗紳士以降は全部リアルタイムで見てます。魔人村の時にコータローの作者に全ネタバレ解かれて扉絵に書かれてたのを見て苦笑いした記憶もあります(笑)。神器の隠し場所だけは解けたから良かったけど。
ドラマも追ったのは堂本金田一だけだったりする。それ以降は・・・ヴァンパイアだけ見たっけ?けどなんか金田一が無理矢理巻き込まれるみたいな雰囲気で苦手でした。
ハンガーは原作だけ見て肩の力が抜けた。ドラマ版は未見だけど、相方の絵師が「今年一番笑った」と呼吸困難に陥った事だけ知ってる。
うーん、天樹先生原作でも雪影村とかとんでもなく上手かったし天草財宝とか最高難易度だったし、昔みたいな面白いネタも作れそうなんだけどな・・・。
・動画について語る事が無くて金田一の話題でお茶を濁す程度には動画本体の一発ネタっぷりが凄い。
そもそもキャスティングも涼以外に誰がいるのか。衣装も即決定でした。そのまま15分で調整しただけ。
[PR]

by icelake876 | 2013-12-14 21:58 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

49.5作目 きせかえエリー



・これなんてDSフェスタ2ndの時の低機能Pのイラスト。
・意外と見た事ない人が多いかもなー、と思って投稿。
・内訳はマイリストコメントを参照。
・Toxic装備の万能さは異常。初期の僕はホントこればかり使っていた。
Toxicに始まり、踊り子、オアシス、挙句HEAVENやくちばしにチェリーもこれである。
安易に涼を男らしく見せられるのがポイント。ただし2010年以降はTiger in my Loveでしか使っていない。
・ぬこ絵理は動画にした事もありました。
・「リトルアクエリアス+花リボン」の組み合わせは、僕にとっての「ティアラ装備」。
DSだとアイテムは全てファンからのプレゼントで賄います。DLC代わりのQRコードこそありますが・・・。
無印と違ってPである尾崎さんからはプレゼントが来ません(愛と涼がP不在だから・・・)。
ただし最初のアイテムは絵理は花リボン固定。愛と涼は別の。ひまわりバッジと・・・やべ、何だっけ。
これ、絵理が尾崎さん、愛がまなみさんor舞さん、涼が律子からプレゼントされる形式でも良かったのに。社長でも可。
・そんな中、2番目に来たのが「リトルアクエリアス」。
あまりに絵理に似合い過ぎてる衣装。色彩も一番好きな色。
運命の衣装だと思って、しばらくこれで戦ってた。
今でも一番愛着のある衣装で、素材庫にはドームステージで投下。「スタッカート」にも使ってます。
[PR]

by icelake876 | 2013-12-04 22:49 | 自作動画長文解説 | Comments(0)