<   2013年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

ゆう様ご結婚

他所を含めて、1日で2度ブログ記事が消えたので簡素に。
(こんなん2年ぶりくらいだよ・・・しかも両方ともブラウザの操作ミスが原因。睡眠時間削って無理して現実逃避してるから完全に色々なところにボロが来てるのかもしれない)


三瓶さんがご結婚されたそうです。
おめでとうございます!

・・・と、書いたはいいものの。
なんだろ、この前の平田さんの結婚みたく「キター!」って感じが起きなかった。
純粋に涼の声優として嬉しいんですけど・・・何と言うか。
「涼」とは違うんですよね。


三瓶さんってのはとにかく特殊な立ち位置にいると思う。
DS組は765プロのアイドルの担当声優陣みたいな超人的なキャラクターとのシンクロ率は見せないものの、それでも他のアニメとかと比べたらキャラクターと声優間の繋がりは濃い方だと思う。
(戸松さんとか、ライブでのパフォーマンスがまんま日高愛だったらしいし)

ただ。
そもそも性別が違う(笑)。
この決定的な差。
念のために補足。ここではDazzlingWorldの男声録り直しの話とかは省略しますが、三瓶さんは十二分に「アイマスの声優として」涼を演じて下さった方です。

けど・・・ねぇ。
平田さんがおめでただった時は「イエー!真おめでとー!」的な感情にも近いものを覚えた。
(色々間違ってるけど細かい事は気にしない)
ただ、三瓶さんがおめでただった場合、「イエー!涼おめでとー!」的な感情は絶対に芽生えない(笑)。
三瓶さんにも涼にも失礼です。


しばらく考えた末の結論。
三瓶さんと涼は「友達」に近いじゃないかなー、と。

以下は僕の持論ですが、アイマスガールズとアイドルは別人です。間違いなく別人です。
ただし、特に765プロを中心に、アイマスでは「現実の声優と架空世界アイドルと言う関係性にも関わらず、互いに影響を及ぼしあえる」と言ったとんでもない現象が起きます。
だってさー、若林さんが律子だったり(この11文字で過不足なく説明できてるのが凄い)、今井さんがアルカディア収録前に蒼い鳥歌って千早モードになったりとか、マジで巫女レベルだって。
だから、765プロのアイドルとは別人がやってるライブでも、完全に765プロのライブとして考えても十分に無理の無い範囲内に収まるのである。
この文章を書いてる人がアーティストのライブ自体に興味が無いのはさておいて(白目)。

ただ。

この考えだと、流石に性別が違うと上記のような「イエー!涼おめでとー!」みたいなギャップには対応できない。
で。
一番しっくり来るのは、「友達」くらいの関係性なんじゃないかなー、と。

なんとなく、そんな事を考えた。




・・・「相手は一般の男性です」って一文が、他の全女性アイドルでは大丈夫なのに、涼だけは大丈夫じゃないんだよなぁ(笑)。
そもそも一般男性との結婚から逃げて紆余曲折を経て夢子をゲットしたのが涼だし(笑)。
なので色々考えた結果がこの記事です。

ちなみに、この考えはアイステの三瓶さんゲスト回の影響が大きいでしょうか。
涼が色々あって三瓶さんに代理出演を頼んだのですが、その時の台詞が「助けてー!ゆうゆうー!ゆう様ー!」だったのです。
・・・愛称かいっ!(笑)
当時聴いた時のインパクトは絶大だった。参考とまでに、あずさ→キングの呼称は「ちあきさん」。ゲーマガのイベントより。
まぁ、アイマスに関しては、メタフィクション的になるけどアイドル達が自分の担当声優を把握してないと逆に不自然だとも感じるのですが、流石に愛称は予想外でした。
[PR]

by icelake876 | 2013-02-28 23:33 | 雑談(アイマス系) | Comments(4)  

あずさクロニクル



なんちう動画だ・・・。

むすひらさんの動画の中でも別格にぶっ飛んでる気がする。
この方の作風はフレームレートを落として、ダンスシンクロよりも雰囲気合わせでマイペースに合わせてくる・・・みたいなイメージがあるのですが、それが選曲と化学反応を起こしてしまった。

クラシック調の展開が二転三転する曲に映像切り替えのタイミング自体は合わさっていて、かつダンスの合わせ方はいつも通り。
結果、三浦あずさ総集編的な凄まじい映像になってしまっている。
あと、あずささんだからクラシック調の曲を受けられた、ってのもあるかも。


囁雨さんといい、あずささんの特性を生かしたPVってのが立て続けに出てきてて、凄い流れになったなーと思ったりしてます。
と言う訳で誰か僕に某社会派の人のPVを見る体力と精神力を下さい。
(いや、今の自分が見ると体力ごっそり持っていかれそう・・・)
[PR]

by icelake876 | 2013-02-27 19:55 | 動画紹介PV系 | Comments(0)  

苗字の読み方は「こしろ」です

1つ1つネタを消化。それを目標に。
まずは動画紹介・・・と言うよりも、動画を肴に語ってみる。




「ゲーム音楽」は、アイマスそのものがゲームであるにも関わらずダンスMADでの登場回数は決して多くは無い。
不思議なものだ。
ルシアンPが「ゲーム音楽m@ster」を企画してたけど、タグとして定着はしたものの企画自体そこまで盛り上がらなかった気がする。
余談ですが僕は好きです。即興で数えた限り9作作ってます(笑)。拙作では初期のだけどマリオペイント辺りがおススメ。

今パッと思い浮かんだ要因は、インスト中心だから・・・というのが大きいと言う説。
単純にインストでダンスMADだと動画作るのが難しい、と言う声も聞いた覚えがあるけど・・・「アイマスのダンスMADと言うジャンルが、アイドルが歌って踊る動画だから」というのが大きいんじゃないかなぁ。だから、インストだと難しい、と・・・。
実際、同じ理屈が通じる男モノボーカルのロックナンバーは、初期だとかきPとか卓球Pくらいしかやってなかったらしいし。
僕がNRRR聴き始めた頃にはNRFやNNWも始まってて、比較的コアな曲もダンスMADに浸透してたので、伝え聞きでしか当時の状況は分からないけど・・・。


そんな中。
ド直球中のド直球のゲーム音楽でアイマスMADが作られた。
MMDだけど、どう見てもPVなのでこの際気にしない。

イースIIのオープニング「TO MAKE THE END OF BATTLE」。
某バーガーバーガーの架空戦記でドナルドが伊織に百烈突きされる時に流れていた曲である。
うっわ台無し感すげぇ(笑)。

ゲームの発売は1988年、なんと25年前。
ところがPSG系のピコピコ音の限界を作曲者の古代祐三氏が引き出してしまったのである。
(ちなみにドラクエ3のゾーマ戦がこれで、今回の曲の原曲がこれ。曲としての評判は互角くらいだと思うけど、音の完成度が違いすぎるのは分かるかなーと・・・ってかファミコンって3和音が限界だったんか)

この古代さん、後に「アクトレイザー(井川KPが架空戦記やってたアレ)」でも凄まじい曲を連発していた。と言うかSFC発売直後のゲームなのにSFCで最も音楽の評判がいいソフトの1つと言う恐ろしさ。
名前の通り(?)、ゲーム音楽黎明期の最高の作曲家の1人である。
・・・恥ずかしながら、僕が知ったのはスマブラXでの最強音楽軍団について調べた時でしたが(滝汗)。あ、スマブラXではゼルダの伝説メインテーマのアレンジとかやってます・・・まぁ、あの時はワイルドアームズのなるけさんが全て掻っ攫って行きましたが。
ちなみに最近は「世界樹の迷宮」で有名ですね。そもそも世界樹自体がレトロゲームを意識してるから古代さんに一か八かオファー出したって話を見かけた記憶があったような。あと今調べて知ったけど、ナムカプの「すばらしき新世界」も古代さんだったのね・・・。

オープニングの映像そのものも、ファミコンが現役の時代にアニメーションをバリバリに入れた力作。しかも5分。
それでも2年後にスーパーファミコン発売を控えていたため、そこまで技術的なオーパーツでは無かったとは思うのだが、なんとヒロインの美女リリアが振り返ると言うインパクト抜群の演出により圧倒的な支持を得た。と言うか今見ても演出そのものが決定的に上手いから結構映える(あと当時のアニメって確かにこういう絵柄がスタンダードでしたね)。
ちなみにこれ。振り返りシーンは2分ちょっと。

なお、上の動画ではリリア役は雪歩。
なるほど、綺麗に表情に目が行くように映されている。見事。

・・・と、おそらく皆さんの方が詳しいと思うのですが、一応念のため付け焼き刃知識で解説入れてみた。
ってかすみません、不備がある点ありましたらコメント欄なり何なりで申告して下さい。


さーて困った。
ここから「有名なゲーム音楽で作られたアイマス動画特集」をやろうと思ったけど、そんな知識が無いと今更気付いてしまった(ナイアガラ滝汗)。
こんな知ったかぶりトークで終わらせたら当時の世代の方々に申し訳ない。

・・・という訳で、「ゲーム音楽m@ster」を再生数順に並べて色々漁ると言うしょうもない行為でオチをつけてみた。
そら勇者の挑戦でダンスMADとか無理だよな・・・。アイマスクエストのストーリー中にやるとか、そういうのならともかくとして。

往生際の悪い続き
[PR]

by icelake876 | 2013-02-26 22:44 | 動画紹介PV系 | Comments(2)  

まさかカクテルで再度見られるとは思わなかったなぁ

カクテルのネタバレだから畳んだ方がいいかな?

ってか、他にいくつか話題はあったけど、「カクテル期間なのにカクテルの話題に触れずにブログ更新するのもどうなんだ」とか考えてたら見事なまでに更新が止まってしまった。
(今日改めて思ったけど、特に今の自分には「120動画一気見」を強制させられるカクテルは厳しかったっぽい)
やっぱアレだ、ブログは気楽に更新するに限るね。

More
[PR]

by icelake876 | 2013-02-25 07:49 | 動画紹介PV系 | Comments(0)  

雑談らしきもの130220

やぁ、今回もダメだったよ(白目)。
おとといの記事はフラグだったとさ。




d0160172_022980.jpg

・内科部長が面白すぎたので記念スクショ。
(昨日貼ろうとしたけどアップロード上手く行かなかったので・・・)
ちなみにNRRRは「神回」クラスでも100人です。300人って何やねん。
あ、今週金曜日にもパブリックビュー形式でありますよ!是非!(←自称NRRR門下生)


・水無Pの滝m@sを見て、「吹割の滝ががっかり滝として有名」と書かれていて「ファッ!?」と叫ぶ。
いや、あれってたぶん関東地方では5本の指に入るくらい有名な滝なんですが・・・いやマジで。他は華厳と袋田と常蓮辺りかな。流石、三条にさらりと行けるPは訳が違う(笑)。

ちなみに「吹割の滝」は東洋のナイアガラと称される群馬県の滝。
幅が広いのが特徴で、ナイアガラ級の迫力は無いものの独特な形状と相まって観光地として有名。同じナイアガラタイプの幅広の滝は同じ本州ではほとんど存在しないのも要因だと思う(九州には多いんですが・・・同じくらいの規模のも3つほどあります)。
うーん、でもがっかり滝なんて聞いた事が無いぞ・・・八草の滝とか、あと割と近くにある同タイプの乙字ヶ滝は地味と言われやすいですが。「期待して行ったら水量が少なかった」的な意味でのがっかり滝なのかな?それだったら納得はするけど、水量の安定しない滝だし。


・「im@sDSフェスタ3rd」の事前投稿部門の動画。
ファミエリさんが一気見生放送を行う事になりました。
現時点では3月9日を予定しています。絵理誕の次の土曜日ですね。

ちなみにタグロック部門はパンクするので流さない方針です(事前投稿部門だけで2時間半掛かる計算になったため)。ご容赦を。
いろはPのHELLO!とかも流せない諸刃の剣である。
[PR]

by icelake876 | 2013-02-20 00:47 | 雑談(アイマス系) | Comments(0)  

日刊更新8日目

さーて。

実は、5日以上の連続更新って1年ぶりでした(苦笑)。
本当に2011年度までは日刊更新ペースだったのですが、年が明けてからリアルの多忙時期に入り(厳密にはVRF直後から)、今は完全に壊滅して現在に至る・・・と(動画の投稿ペースが特に顕著)。
体力面も精神面も完全に壊滅してます。

・・・明日途絶えてもおかしくはない状態なのですが、それでも1度でも今の状態で1週間ぶっ続けで更新できた事が嬉しいや。


なお、動画はまだ無理そうです・・・。
特にPV。
完全に勘で作ってたからネタの枯渇が心配だったので当初(HEAVEN上げるまで)はノベマスPを名乗ってたけど、現状その不安が現実のものとなった感じ。
勘を具現化するだけの精神力が今の自分には無いので、着手しても先が全く見えずに怖くなって投げ出してしまうようになってしまった。年明けに一度作ろうとしたら、最初の5~10秒に動画の素材を並べただけで、あまりの完成までの遠さに力尽きた・・・。

・・・こういう痛々しい現状書くのも問題だと思うのですが、それでも自分なりにしっかり現状を伝えておきたいと思ったので書かせて頂きます。
機械的に動画並べて素材上げるだけで精一杯です。申し訳ない。


・・・これだけだとアレなんで、最近流行りのネタでも。
カクテル後半戦ですねー。
ファミエリPジェットPゆメーターP辺りを応援しつつ、個人的には蜂PとM@co.jPのお題消化も気になる所。2人ともカッコいいお題を貰ってたので・・・。えびPも楽しみにしたいんですけど、今の自分だと社会系のネタが来たら即死しかねない(涙)。
もっとも僕はカクテルはパブリックビューやってたりで機会があれば流れに任せて見る、と言った感じの消極的な楽しみ方が関の山なのですが、まぁ後から気になった動画があれば生放送イベントじゃないから後追いできるだろ、と楽観的になれるのも魅力かなー・・・と思ったり。

・・・話がまとまらないなー。
とにかく、待とう。
[PR]

by icelake876 | 2013-02-18 23:33 | 雑談(アイマス系) | Comments(0)  

カクテル7の3日目の1行感想

参加者の皆様お疲れ様でしたー。

ネタバレ御免
[PR]

by icelake876 | 2013-02-17 23:27 | 動画紹介PV系 | Comments(0)  

未来へ向かう美希のステージ



現状、ほぼ20選候補動画=当確な現状において。
ぐうりんだいさんにやられました。
もちろん、最初の枠が4人とも各ジャンルの最大限を出してて凄い(+2番Pがえげつない)とか、あとりえPのは「伊織動画」なんだなーとか、ニセPがネタが懐かしいとか、頭痛いとか(あんなん引き取れねぇよ・・・w)、ライムライトPの消化方法で納得したりとか、みしお子Pがえげつないとか、トリが納得とか色々ありましたが。

正直、カクテルと言う場においては、あまりに凄すぎるから「6桁再生行くような普通の神動画」は逆に埋もれる気がする。
(それでも2番Pとみしお子Pはインパクトありましたが・・・)
ただ、極端にシンプルに切り詰めるか、祭り補正も加えて更にその上を行くか、だと心に残ると思うのです。


シンプル極まりない美希動画だからこそ、凄く美希が魅力的に見えた。
雪の実写合成?も綺麗。選曲もツボ。
ちなみに後者の「祭り補正」の例は前に20選に入れたフェイクPのFestivoでしょうか。一発で反省部屋に行くまでもなくアホすぎるパフォーマンス(褒め言葉)のまま最後まで押し切ったから、ある意味「神動画」よりも印象に残りました。
[PR]

by icelake876 | 2013-02-16 07:46 | 動画紹介PV系 | Comments(0)  

46作目 キュンキュンメガネ夢子登場

記事名はRYさんこと某Pのマイリストコメントから。



何?カクテル7?見るとしても後追いだよ。
そんな訳で即反映は無理だと判断して自作記事を今のうちに更新しておく。

More
[PR]

by icelake876 | 2013-02-15 00:22 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

かくてるぱーてぃ7 大あばれサニーの巻

ペンタPのDSフェスタ2ndレポート第1回

まー、1年半前の記事ですが。


この記事の途中にもある通り、今回のカクテルに出演されるダンス中心のアイマス系活動団体である321プロダクションさんは、割とDSフェスタと深い関係があったりします。

と言うか、321プロのニコニコにおける活動はDSフェスタが起点・・・くらいのポジションかも。
実際、DSフェスタ2ndの開催記念生放送でも登場されました。




カクテル生放送。

まさかこんな事態になるとは思っていませんでした(白目)。

・・・あまりの凄まじさに、ファミエリさんと絶叫しながら聴いていたとかいなかったとか。
(1ヶ月ぶりくらいに聴いた卓球さんの声が終始大変な事になっていたのが印象的)
[PR]

by icelake876 | 2013-02-14 23:39 | 雑談(アイマス系) | Comments(0)