カテゴリ:自作動画長文解説( 76 )

 

3作目 ダンスPV「R.O.Dのテーマ」

個人的なPV最高傑作を上げた翌日に、PV処女作の解説記事を上げてみます。
どうせ富竹Pにしてやられたし(泣)。マイリスト率今だったら勝ってるけどな!今こっちは140再生21マイリストだし!
この辺りまでは解説が現実的な長さに収まってるけど、次から酷いです。




・初PV。
・そもそも、この選曲は僕知ってる唯一と言っていいアニメ系のインスト曲。
(Tank辺りは知ってるけど、あの辺りは万人共通に近いし)
僕は本当にゲーム音楽しか知らない人間なので、貴重すぎる曲です。
・だけどRAP+下井草Pのガンスモーキーベイベで先に使われた。
ちょっと待て、折角の貴重なレパートリーがあぁぁぁ!!!
で、これにルサンチマンを燃やしたのが発端。

・しかし、最大の動機は別。
「この曲ならダンスのBPM関係無しに踊らせられるんじゃないか?」
僕の編集機材はWindowsムービーメーカーなので速度変更が出来ない。だけど、これなら誤魔化せるんじゃないか?と。
元のR.O.D.のOPの構成は、「BGMに合う映像」ではなく「曲を背後に映像流す」みたいなスタイルなので。

・と言う訳で製作開始。
過去作を見るとねーよwwwPなどと被ってたものの、多いのはTHE-TV版。
あくまでOVA版なので突っ切る事にした。
・ダンスセレクトは適当。
必死に、それっぽく誤魔化す事だけを考えていた。
・決め手の一つがWMMでは本来不可能な2動画の同時再生。これを実現する手段を思い付いたのが強みの一角だった。
「スライド式の動画切り替えを2分くらい掛けて行なう」
中央の10秒くらいを切り出せば、2動画同時再生の完成。
・キャラのチェンジは円形切り替え使ったら超綺麗に行えた。
愛→涼はWindowsムービーメーカーの本気を見た感じ。
・元PVで言う「R」「O」「D」直後の部分は必死に背景画像並べて誤魔化す予定だった。
けど、無理矢理先輩方に登場して貰うという手段を思い付く。
・「And You!」はプロデューサーの事です。今にしてみると、こっ恥ずかしい演出。
・「R」「O」「D」の所は少々チープになってしまったのが心残り。
このズーム機能、やや遅めにやるとか、ホワイトアウトと組み合わせるとかしないと映えませんね。
反省を生かしたのが絵理のクラウンの最後のブログの画像。

・最後も元PVのイメージで、途中で入れたカットインの画像を絵理の隣に並べた。
・作曲者のクレジットを入れ忘れたのが心残り。マイリストコメントで書いてあるけど。




・最初は心配だった。
この動画、自分でも気恥ずかしくて見返せない(笑)。
ただ・・・。

登録マイリスト。
「かりふら」「akuraiNSX」「(りネか)」「moguP」「SeiP」

NRRRで見た覚えのある名前がずらり並んだーーー!!!
で、最初の2人は紹介ブログのオマケ付き。
・・・マジで!?

ちなみに、相方に唯一見せたニコマス動画があずささん☆ちかちか。
かりふらPの名前を見た時の狼狽っぷりは未だに忘れない。




余談。
これは伝説のDSMAD記念日、2010年1月24日以前。
それどころか1ヶ月以上前。

・・・僕はDSMADでは古参を名乗れそうです。
かりふらPは更に2ヶ月以上も上を行くんですけどね。

ちなみに古参でありながら底辺Pです。
底辺だけど、知ってる人は知ってるみたいな立ち位置に僕がいることで、DSMADの層に深みを持たせられているんじゃないでしょうか。




スペシャルサンクス→主に上記の5名(特にかりふらPと悪来(仮)さん)

ちなみに、自分で見るのも恥ずかしいので、isciaさんの20選に入れられた時の感想は「ああ・・・なんか、ごめんなさい。2010上半期でもっといいの作ります」だった(笑)。
[PR]

by icelake876 | 2010-07-16 19:28 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

2作目  Ellieのチャットボックス2




・続編凍結だけど、このネタでやれる要素は全て詰め込んだ。
投稿9ヶ月経って、未だに最高のコメント数を誇る動画。
面白いようにコメント数が伸び、あっという間に3ケタ行った。

・とにかく、今回のテーマはこれに尽きる。
「BGMセレクトに自信がないなら、BGMにノベマスつければいいんじゃね?」
会心のアイデアだったけど、某ラジオ曰く、覆面作家Pが実際にやってるとのこと。
あと「カウボーイビハップ」でもやってるらしいです。BGM担当が菅野さんだかららしい。
・そんな訳で、「荒野を行く」は割と会心だったと思う。
・涼がバレかけるアレは自然に出た。
確か、「ぎゃおおおおん」を活用したくて考えたのかな?シナリオに関しては独学だけど10年近くやってるんで、自然に出る事が多いです。
・ぬこの写真は自前。携帯であんなん撮れるかというツッコミ厳禁。
(しかもOptioW30使ってない。メイン機材)
・最後は完全に勢いで落とした。
ふと、プリコグをBGMに絵理がぬこ的に暴走する絵が思い浮かんで、実行。
この辺りは後に「ヒャッハー!絵理が猫になったぞーっ!」に生かされ・・・たのか?
・結果、つられて1作目もコメント数100いった。
いやー、デビュー作は一部黒歴史なんですが、それでここまで行ったのは不思議です・・・。

・その2ヶ月後。
同じアイデアで圧倒的な戦力を誇るダイヤルアップPが降臨する事に。
・うーん、やっぱキャラ崩さないとやってけないのかなぁ・・・。
このテレホタイムの動画は「キャラに二面性を持たせる」がポイントの動画だと思いますが、「素のキャラの魅力」で勝負するスタイルの自分には多少合わないかも。と言うか、合わないよりも「作れない」。
・そもそも「やおい」に拒否反応を覚える自分にはキツい(真面目に)。
ただ、ダイヤルアップ千早の汎用性は異常。つーか、ダイヤルアップ音の時点で大敗北。

・ギャグ話は、キャラを保ったままにして状況でカオスを作り上げる。
それが僕のスタイル。
このチャットボックス2のラストは絵理が多少犠牲になってしまってますが、基本的にはこのスタイルを行けたので、非常に満足いくものになりました。
絵理はキャラ崩壊してるけど、可愛い崩し方になってるはず。
[PR]

by icelake876 | 2010-07-09 08:15 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

1作目 Ellieのチャットボックス



超変則ノベマス。まさかの紙クリ未使用。
Windowsムービーメーカーのみを使用している。
紙クリもVideoStudioもPEも使わないノベマスは、おそらく1%に満たないのではないか、と・・・。
そんな実質上のアイマスMAD処女作。

・経緯はこう。
「歪」「立ち絵」「変態絵師」その他で必死に調べたけど小鳥さんの立ち絵が見つからなかった。
それだけ。
その時点で、多分2chのスレッドとかで、暗黙の了解で自然と貰うものなんだろうなーと勝手に解釈した。
(結局、数ヶ月後に架空戦記ろだの存在に気付いた。一応外部だった・・・)
・ちなみに僕は2chは大嫌いです。
VIPのごく一部を見てたくらいですね(そこだけ異常に治安が良かった)。だから、封印しようとしてた。
立ち絵も、実はDS直撮りで補おうとしてました・・・。素材集を入手したのは2月末くらい。

・結果、ノベマス「らしきもの」が完成。
シナリオどう練ったかは、最早覚えていない。3人がチャットで話せば面白いんじゃね?的な。
と言っても、実は、当時は絵理以外あまり興味なかったのですが・・・。
・「KIOKU」と言うスクショ撮影ソフトをフル活用。
ただ、トリミング後の画質面が上手く行かず、手元にあるフリーソフト(IrfanView、Vixなど)をフル活用してトリミング方法を探った。
結果、IrfanViewの設定変更でなんとか対応できた。
まぁwmv出力したらあんまし変わらなかったけど。
・HTMLは、恐ろしく前にダウンロードした化石ブラウザ、ネットスケープに付属してたエディターで作成。
タグの知識はあまりないので、必死。
後は、タグをつける作業はテキストの置換機能とかで徹底的に一括化を図りました。
WMMで並べる際には一括化は無理だったんですけど・・・。
・WMMなので、ローディング画面はこれが限界だった。
無印箱アイドルマスターみたく、右下に「Now Loading...」と出すのは無理。
・チャットの発想はかなり前にFF10でやってる個人サイトも見かけたし、ベタかなーと。
実際に後から怪物が出た訳ですし。
・愛の素人っぽさがポイント。
あと、「lara」は一人くらいハンドルネーム使ってる人いるだろうなー、と。声優ネタですよ。
ちなみにToLOVEるはそんなに好きじゃありません(問題発言)。
まぁ、愛はToLOVEる属性があると思うけど。涼編で実感。
・涼は、秋月遺伝子によるまとめ役属性を担って貰った。
男だと分かる前の涼ですね。ただ、男である事は意識させてますが。
・問題は、コメント欄でも指摘された「絵理って『www』使う?」の辺り。
これ、多分使わないだろうなーと思いつつも、入れないと間が持たず、
「まあ、ネットで書く時は使うんじゃね?」と妥協して入れたもの。
その後絵理のブログ見たら1回も使ってなかったんですけどね・・・。
・ドラマは適当。絵理は科学系好きかなーと。
愛が苦労した。何のドラマに設定したか忘れた上に本編見返すのが怖いから確認もできないけど。
今にして思うと、現実とのリンクは控えた方がいい気もする。
というか、科捜研の女を見るたびにこの動画を思い出してしまうため、黒歴史・・・。
・そんな訳で、この動画は恥ずかしくて見返せない。
その割にはコメント100件オーバーだけど。圧倒的。Toxicですら80行ってない。

アイマス動画を意識したのは、今回が初。
前はまだボカロとどっち行くか迷ってたけど、この時には7割くらいの確率で買うと決心していた。
という訳で、実質上のアイマスMAD処女作。
・でも、僕にはギャルゲー系のゲーム買うって行為一つさえも必死なんですけどね。
なので、発売前の知識でやっておきたかった、ってのがある。
もし買えなくても怒られないように(爆)。

・0909処女作にぶち込まれた時はビックリした。凄い補足能力だ。
処女作じゃないけど、上記の理由により、削除申請は行いませんでした。
コミュには僕の特性的に入る予定は現時点ではありませんが、恩義にも報いるため、一応0909を名乗るようにしました。
・誰とも交流ないけどね!
吊さんと2、3回話せた程度だよ!
・でも、半年後に自分の名前で検索したら、「ペンタPこと湖氷堂さんが同期だったことに驚きを禁じえない」と某0909屈指の大物P(偏見)がTweetしていたのを見かけた事がある。
うん、多分誰も知らないよね(PVデビューは0912)。吊さんも知らなかったらしいし。
ってか、存じていただけたことに驚きを禁じえない。その後、実際に某掲示板でキャーと言われてましたし・・・。

・ちなみに876プロのみんなとも同期です。


スペシャルサンクス→小市民P(0909マイリストの人。ってかコミュオーナーなんですね)
[PR]

by icelake876 | 2010-06-29 20:06 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

0作目 鏡音リンで「プリコグ」



最初、MIDI暦7年(ただし独学)だったのでVocaloidの動画をやろうと考えてました。
その結果。7時間程度でデータ打ち込んで、完成。
・特に言う事は無し。
強いて言うなら、アクセントは「Legato」中心。少なくとも、リンとレンはおとなしく調整した方がいい感じになる印象。
・あと、音階の打ち込みは、ピアノロールだと面倒なので、「sakura」というMIDIデータ制作用のテキストエディタを使用。
今にして思うと、この時点で運命は決まっていたような気がする・・・。
・一番最初のインターフェースはPixiaオンリーで制作。
我ながら似せられたと思う。

・ただ、ボカロは・・・。
ゲーム曲で育った僕には歌モノはあまり興味が無い(当然好きな曲は多いけど)。
炉心融解とか、地雷だった。メロディ大好きだけど、僕はマイナス思考の人間なので、この曲の歌詞は・・・(後はお察し下さい)。
そもそも、以前音楽系のコミュニティに属していたので、そこで得た感動を越せる気がしない。
・結果、アーケード時代から某サイトの影響で知っていた、アイドルマスターへ移行する事に・・・。


・ぶっちゃけ、無印アイマス未プレイなんで、よく分からないけど・・・。
僕はリンとレンに対して、こんな状態になってしまったんだと思う。

「プロデュース失敗」

・そもそも、MIDI歴7年とはいえ、音楽を全くやっていない僕は作曲なんてできない。
なので、最初からトークロイド前提だった。MIDIも耳コピだけだし・・・その耳コピもメロディは余裕だけど、コード(伴奏)が全くダメ。なので、フィーリングの合うごく一部のゲーム音楽しかコピーできなかった。
・結局。
ゼロからの作成であり、完成までに気力のいるVocaloidは結局限界が来てしまった。

・アイドルマスターの動画に手を出した理由は「素材が揃っている」からってのが大きかったのだと思う。
素晴らしいキャラが既にいるため、シナリオ作りが非常にやりやすい。例えば、絵理の誕生日動画辺りは脚本は僅か2、3時間で組み上げたと記憶している。次のマリオペイントのPVも、フィーリングが合ったとはいえ、1日で作れたし。PVはセンスが問われるから大変ですけどね。
・ちなみに、絵はダメだけどトレースはちょっとだけ出来る。写真はそれなりに出来る。
どうも、僕自身ゼロから物を作るのではなく、既存のものを組み合わせるといったタイプのMAD的な(カッコよく言えば錬金術的な)創作しかできないらしい。
・だから。
僕は、リンとレンの失敗を重ねないようにしないと、という義務感と共にDSのメンバーをプロデュースしている面もあったりする。

・この記事をアップした今現在の最新作がメタ的なもの(絵理製造工場)だから、こういう台詞を言える立場じゃないかもしれないけど・・・。
ぶっちゃけ、架空のキャラだろうが捨てたり消したりするのは非常に心苦しいのです。
件の動画も、個人的な前提(あくまで絵理に手伝って貰った「映像作品」)を強調しないと絶対に無理。
・ちなみに僕の本業はポケモントレーナーなのですが(トップ記事参照)、孵化育成というものが性に合わないのを理由に野生で乱数調整使わずに3Vクラス狙ったりするバカです。
あれをゲームフリークの社員がやってる臭い(ブログの「カビゴン」こと西野さんの記事より判断)と言うのが未だに解せない。
[PR]

by icelake876 | 2010-06-18 21:53 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

16作目 猫絵理動画



・ 煩 悩 一 発 勝 負 。
制作時間不明。たぶん4~6時間。

・日曜にねこみみゲットしたので、その流れで。
煩悩そのまんま動画にしたら、PVとノベマスが混ざってしまった。
シナリオは超即興。動画作りながら考えた。
・ちなみに、ねこみみはマジで涼シナリオやってる最中にファンから貰った。この動画作る前日に。
ねこのてを貰ったのは確か愛シナリオだったはず・・・。
絵理のかわいさを確認する必要に迫られたので。
(次の動画が「水谷絵理製造工場」じゃ、ねえ・・・)
こういう系統は苦手だけど、なんか思ったより上手くいった・・・かも。

・VideoStudioでのテキスト打ち込みのテストも兼ねてる。
というか、それがかなりでかい。直後に使う予定があったし。
ただ、文章表示時間に緩急がつけられないのが悩みどころ。
・煩悩の従うままに衣装設定シーンまで投入。
直撮り万歳。OptioW30万歳。これを動画に使えるの現時点では広いニコマス界といえど、僕しかいないでしょう。
・立ち絵を並べてる画像は基本的に紙クリで作成。
レイヤーの透明度の設定がPixiaより楽。
・サイネリアの辞世の句は相方がTwitterで見かけたネタが発端。

・当初はねこみみだけだったけど、ねこのてとしろねこしっぽを追加。普通のしっぽは無かった。
・フィーリング一発勝負のシナリオのため、「ねこのて」に対して常々抱いていた一つの感想が、まんま出た。
「でかっ!」という感想。まして非力な絵理ですよ?
その辺りもテキストに追加。shiny smileの戸惑い顔とシンクロさせて強調。
・結果、この動画を紹介して頂いたブログの方(こえらさん)には好評でした。
「DS組の地の魅力を生かす」をストレートに生かせたっぽくて大満足。




・こんな1コメントを打ち込む計画すらあった。
「テスト  ぐへへぇ~~ 絵理ぃ~~(丸パクリ)」
自粛した。
・しっかし、最近数打ちゃ当たるを地で行ってるなあ・・・。


スペシャルサンクス→こえらさん(紹介ありがとうございました




例によってまた何か追記するかも。最終更新10/06/24。
[PR]

by icelake876 | 2010-06-15 20:36 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

14作目 涼は踊り子



古い順にやる予定だったけど、とりあえず最新の1作くらいはやることにしました。
ここまで力入れたPVは久しぶりだったので。
あ、マイリストコメント同様に、気が付いたら書き変わってるかもしれません。最終更新8月27日。

長文御免
[PR]

by icelake876 | 2010-06-06 06:55 | 自作動画長文解説 | Comments(0)