カテゴリ:自作動画長文解説( 76 )

 

49.75作目 ごまえ×ドラマ金田一



・この動画に何を語れと言うのか。
・一発ネタ。以上。
同じ選曲頼りの一発ネタでもマリオペイント辺りと比べると雲泥の差だけど。まぁ、あっちは某先輩Pの助言でドット感が見えるように微調整して撮ったので、そりゃそうだとも思うのですが。
と言うかあっちの動画、今月になって1件コメントついてるし。
当時のブログ記事。
要するに「双海少女の事件簿」が着想の元ネタ。
・後は「スカイアローブリッジ」でごまえ長回しの便利さに気付いたため。
ちなみに金田一少年はドラえもんとかその辺りを除けば一番最初に僕が見たマンガです。たぶん怪盗紳士以降は全部リアルタイムで見てます。魔人村の時にコータローの作者に全ネタバレ解かれて扉絵に書かれてたのを見て苦笑いした記憶もあります(笑)。神器の隠し場所だけは解けたから良かったけど。
ドラマも追ったのは堂本金田一だけだったりする。それ以降は・・・ヴァンパイアだけ見たっけ?けどなんか金田一が無理矢理巻き込まれるみたいな雰囲気で苦手でした。
ハンガーは原作だけ見て肩の力が抜けた。ドラマ版は未見だけど、相方の絵師が「今年一番笑った」と呼吸困難に陥った事だけ知ってる。
うーん、天樹先生原作でも雪影村とかとんでもなく上手かったし天草財宝とか最高難易度だったし、昔みたいな面白いネタも作れそうなんだけどな・・・。
・動画について語る事が無くて金田一の話題でお茶を濁す程度には動画本体の一発ネタっぷりが凄い。
そもそもキャスティングも涼以外に誰がいるのか。衣装も即決定でした。そのまま15分で調整しただけ。
[PR]

by icelake876 | 2013-12-14 21:58 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

49.5作目 きせかえエリー



・これなんてDSフェスタ2ndの時の低機能Pのイラスト。
・意外と見た事ない人が多いかもなー、と思って投稿。
・内訳はマイリストコメントを参照。
・Toxic装備の万能さは異常。初期の僕はホントこればかり使っていた。
Toxicに始まり、踊り子、オアシス、挙句HEAVENやくちばしにチェリーもこれである。
安易に涼を男らしく見せられるのがポイント。ただし2010年以降はTiger in my Loveでしか使っていない。
・ぬこ絵理は動画にした事もありました。
・「リトルアクエリアス+花リボン」の組み合わせは、僕にとっての「ティアラ装備」。
DSだとアイテムは全てファンからのプレゼントで賄います。DLC代わりのQRコードこそありますが・・・。
無印と違ってPである尾崎さんからはプレゼントが来ません(愛と涼がP不在だから・・・)。
ただし最初のアイテムは絵理は花リボン固定。愛と涼は別の。ひまわりバッジと・・・やべ、何だっけ。
これ、絵理が尾崎さん、愛がまなみさんor舞さん、涼が律子からプレゼントされる形式でも良かったのに。社長でも可。
・そんな中、2番目に来たのが「リトルアクエリアス」。
あまりに絵理に似合い過ぎてる衣装。色彩も一番好きな色。
運命の衣装だと思って、しばらくこれで戦ってた。
今でも一番愛着のある衣装で、素材庫にはドームステージで投下。「スタッカート」にも使ってます。
[PR]

by icelake876 | 2013-12-04 22:49 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

49作目 舞さんと故郷でのお話



ぶっちゃけると、智代アフター未プレイです。
この曲に辿り着いたのは、以下のような経緯。

必死にDSフェスタの動画案を考える
→DSフェスタの動画の投下具合を見ながら作業
→「あっ!DSで家族計画の人だ!(ハロースターPのこと)」
→家族計画は曲だけ知ってた(以前に所属してたコミュで、Keyその他の美少女ゲームのBGMに詳しいメンバーさんに教えて貰った)
→その人に教えて貰った曲の中でトップクラスに好きな曲、dear old homeの存在を思い出す

こんな感じです。
なので、実はポジション的には七色などと同じくらい勝負曲と言ってもいい曲の1つだった。
(たまに触れてますが、七色や月のワルツは「以前に所属してたコミュ」経由の選曲で、この2曲は更に別々の方に教えて頂きました。
もっと言うと、「クラウン」の自作解説で「とある曲」に言及したのですが、実はdear old homeと同じ方に教えて頂きました。その関係上、今回のこれも相当な勝負曲)

ただ、舞さんで動画が作れるチャンスなんて滅多に無い。
だから、この曲を使ってしまう事にしました。
伸びなかったけど、満足。


・まさか自分が舞さんでPV作れるとは思わなかった。
舞さんでのPV案とか、AEバリバリ系のしか思い付かなかったので。
そういう意味でRidgerPの動画はマジでその理想そのもので凄まじかった。
・とにかく、本当に必死に動画を考えた末の産物。
トリオPV、涼PV、絵理PVとDSフェスタ2ndに投下して、愛だけが抜けていたのです。
そんな中、必死こいて考えた末の結末が、これ。
コンセプトは「舞さんが主役を食ってる愛PV」。
普通は、ノベマスとかでは舞さんがいきなり乱入してきて存在感を異常に食ってしまうパターンが多いですが、それを逆利用して舞さんの存在感が引き立ちすぎな愛のPVを作って「舞さんPV」にしてしまおう、と。

・曲は適当に短くして使う。SoundEngine使用。
ループ仕様だから仕方ない。
・動画はぶっつけ本番のエフェクト、「ピクチャインピクチャ」を使用。
僕が使ってるVideoStudioがX3Ultimateなのですが、この代から投入された新機能。
・画面が動かないと映えないよなー、と中央部は愛のダンス素材を配置しました。
時間も無かったので、OptioW30のMovieSRを起動して手持ち撮影。
多めにトリミングして字幕をカット。ここで「ピクチャインピクチャ」を使う。
・背景は実写。傘は安直にPixiaで切り抜き。
撮影機材は、当時未公開だったK-rで撮った写真を導入してます。
特に夕焼けの写真は色が抜群に綺麗に出てる。流石はデジタル一眼レフ。
もっとも「秋月にて」で使ったP80も善戦してるけど(夕日の駅の写真)。
しかし雨エフェクトの使い方がやっつけだな当時の自分。急いでたからしゃーないけど。
しかもやべぇ、僕の次回作(希望的観測)に使うネタ入ってるぞ。あちゃー・・・。
・エフェクトは選んだ写真に合わせて安直に。「木炭」がメインかな?
青空の写真は2枚とも色が濃すぎたかも。もうちょい明るめに補正すりゃ良かったかなぁ。
・最後は舞さんも愛もステージ衣装+舞さんの表情解禁。
まぁ、曲と写真と舞さん補正で乗せて貰った感じですねー。
そんでもって、最後はただいまー的な。

・ちなみに、あさなぎPの動画の舞さんの影響を多大に受けています。
愛に対して、無類の包容力を持って接する舞さん。
と言っても、僕のイメージは破壊神なのですが・・・。
それでも思うのは、愛が凹んで立ち上がれなくなった時は、本気で舞さんは助けようとするんじゃないかなー、と言う視点。
(もっとも、愛は何度も復活して最後まで諦めないタイプなので、滅多にそういう事は無いでしょうけど・・・)
・なので、元ネタ未プレイだから、あさなぎPの動画がクラナドの曲であるという事実に気付いた瞬間に肝を冷やしたのは内緒。
(クラナドのスピンオフが智代アフター。シナリオの最後が爆弾過ぎると言う噂も聞きますが、曲は文句なしですし・・・)
・その結果が動画説明文。
愛を無理矢理帰省に連れ出して(帰省先あるか知らんけど)、思いっきり遊ばせる舞さんをイメージしました。
曲名にも助けられたかな。流石は勝負曲。


スペシャルサンクス→あさなぎP、こえらさん
[PR]

by icelake876 | 2013-05-12 23:25 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

48作目 e.l.i.t.



記事タイトルはkarasu_01さんから拝借しました。


・jumperが入っているという理由で借りてきたアルバム「more more more」に入っていた曲。
一通り聴いて一番動画的にティンと来たのが、これ。
過去に頂点Pが使って20選動画まで入ったと言う事実は動画案を一通り練り終わってから思い出した。
・NRRR聴いて、ジェットPが誕生日だったと聴いた時点で動画案は完成した。
ジェットPの演出を完全にパクるという開き直り。もとい、リスペクト。
この時はDSフェスタ期間で動画製作に飢えていたので、気が付いたら思い切ってパクっていた模様。
・素材はjumper(厳密にはTiger in my Love)の流用。
ダンスは必然的にプリコグとHELLO!のみ(この2つしか撮らなかったため)。ただ、2つとも使い方によっては非常に簡単にぶん回せるので楽でした。
僕のシンクロの合格ラインが変&低いのかもしれないけど。
・ただ、プリコグはあのかりふらさんをして使いにくいと言わしめるダンスですが・・・。
でも僕が恐らく使用回数は最多です。
もっともヤマネコPの今年の絵理誕で大敗北を喫しましたが。

・演出の元ネタは、ブロック状の演出が「jumper」等。
蒼い色調が「illusion is mine」。洋梨P名義の動画だったかな?動画説明文が最低だったので紹介除外した動画。
最後の明るい色調が「あなたへの手紙」とダイレクトで言える。
マイリストコメントも参照。
・使ったエフェクトは・・・最初の15秒はお馴染みとなった拡散グロー。
ただ、それ以降は元から直撮りの際に写りこんでた走査線を色調補正で目立たせただけだったりする。
・「汚し」トランシジョン大活躍である。
・30秒~1分は「カラーペン」を使ってブロック上のノイズを発生させました。
・1分~1分15秒は拡散グローをベースに使用。
そこから前半では色紙レイヤーを乗っけて、後半では色相を変えて絵理を青くしました。
後半は宇宙人っぽくなってしまったけど、他の演出が思い浮かばなかったので、そのまま押し通す。
・後は明るく。最後の最後は拡散グローではなく、単純に明度上げただけなのがポイント。
これで浮遊感みたいな演出にしたつもりだったらしい。
・最後の「im@sDSfesta」の文字が地味にお気に入り。
パワーオフの効果使ったと同時に表示させたら超カッコ良くなった。

・こえらさんに「ペンタPのDSフェスタ2nd動画で一番好き」との評価を頂く。
それもあって、音量調整をしてNRRRのFRF2に出したりもしました。


スペシャルサンクス→ジェットP、こえらさん、karasu_01さん
[PR]

by icelake876 | 2013-04-22 00:07 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

47作目 ざわめく森



・「ゲーム音楽三部作」の最後の動画。
ただし一番最初に作った動画。結局、涼誕だしDSフェスタも開催してるから、って事で投下。
・もうシンプルイズベストとしか言いようが無い。
FF9の曲は僕がノベマスで多用してるので、普通に出てきた。
(ってかブリッツPが使ってるっぽいからニコマスだと割とベタなのかも・・・?)
魔の森とピナックルロックスの曲ですね。別名モンティのテーマ。
・動画自体に関しては、何も・・・。
そもそも曲が優秀すぎるから雰囲気勝負で怪しそうな雰囲気を適当に出すだけでもPVになってしまう。画質があまり要らない=DS素材で十分なのもあるけど。
・色調補正を、カラーバランスじゃなくて光エフェクトでやってるのがポイント。
このエフェクトは本気で万能。かなり自然な色調補正をやってくれる。
後は光を広角ビームにして全面照らすだけ。
・最後は曲の盛り上がりに合わせてゴースト系のエフェクト。
と言うか、アオイアサガオと全く同じ素材だし、本当にサクッと作った感じ。
・ダンスは僕としては割と多様してますね。プリコグ→HELLO!→ALIVE→HELLO!の順番です。
それでも長回し4つである。
・ちなみに、アオイアサガオでも使った「涼の中性的な魅力」の延長。
男の娘、ってのを「森の案内人」的な不思議な怪しい雰囲気に生かした、と言った感じ。
元々これを生かしたノベマスの案があって、それの流用でもあります。


スペシャルサンクス→特になし。強いて言うならturn-Kさんに生放送に流して貰った記憶。




尺が余ったのでコメント返信。

「雰囲気いいね」「不思議な感じだ」製作者本人もものっそい曖昧に作ってるのがポイントでしょうか。
「しかし何個つくってるんですか、あなたはw」自分でも数で勝負しようと思ってた。結局5個上がった。
「森の木陰でドンジャラホイ♪」ウッデンパインツのあの曲は最初に知った時大笑いしました。バイオリンが登場するシーンでダメだった。
「おおお・・・」単色で作ってカラーにする非常に単純な構成。もっとも、カラーの方も割と緑残してあるけど。
色調補正やら彩度やらコントラストのバーをいじってあーでもないこーでもないと調整して作ってます。
「いやされたー」この動画に関しては一番の褒め言葉かも。
[PR]

by icelake876 | 2013-03-14 22:18 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

46作目 キュンキュンメガネ夢子登場

記事名はRYさんこと某Pのマイリストコメントから。



何?カクテル7?見るとしても後追いだよ。
そんな訳で即反映は無理だと判断して自作記事を今のうちに更新しておく。

More
[PR]

by icelake876 | 2013-02-15 00:22 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

「スタジオDS堂」沿革



と言う訳で、ブログには載せてませんが再アップ中です。
マイリストはこちらから。

この後上がる愛の衣装も同じ。
この3連続の統一衣装アップで、今持ってるストック分は終了となります。
これ以上撮る気力も無いので勘弁。

で、折角なので。
ちょっと意見が寄せられたのもあって、この機会に素材倉庫の沿革をまとめてみました。

長文御免
[PR]

by icelake876 | 2013-01-27 23:54 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

45作目 ミツドモエモーション



今宵彩る乙女の華は 戦の世に咲く百花繚乱!
東西対決十二神将 組の復興胸に秘め
仮面の下にはホロリと雫 涙は断じて違います!
ぬくもり私に教えてくれた!
立派な長になるその日まで!
それでも僕は男でいたいの!

波夷羅一伝無双流!
因達羅蛇影幻魔流!
天誅珊底羅神護流!


以上、使ってたメモ。6行目のみ歌詞改変、元ネタは「それでも貴方を好きでいたいの!」です。
うーん、この動画が100マイリスト行かなかった時点で、限界が見えたかな・・・。
(普通に失敗するだけならともかく、この動画を作った2年前の自分は「これが最後のがっつりと動画を作れる時間」と判断してて、後に実際にその通りになってる現状なので)

More
[PR]

by icelake876 | 2013-01-14 15:16 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

44.5作目 おざえりデュエット

自作動画短文解説シリーズ。




・以前書いてお蔵入りした尾崎さんノベマス用の音源。
・なんと動画の推定ビットレートは112(笑)。
映像64の音声48くらいかな?なお、動画サイズは1.79MB。
たぶんマイリストコメントのが詳しい気がする。
[PR]

by icelake876 | 2012-12-24 00:13 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

44作目 アイドル秋月涼のPV

更新停滞気味だなー・・・と思ってたら、自作動画記事の次の動画が、この記事で止まるなら丁度いいや的な記事だった。




僕の代表作の一角です。最も時間の掛かった動画。
この動画を作れた当時の自分の体力に驚く。
(今でも動画を作りたいと思ってますが・・・)

長文御免
[PR]

by icelake876 | 2012-11-18 21:18 | 自作動画長文解説 | Comments(0)