2013年 07月 22日 ( 1 )

 

独特さなら本編登場キャラ随一



動かしにくいと言ってる割にしっかり動かせてるじゃないですかーやだー!


じゃあ、なんで夢子って動かしにくく感じるんだろう?
と言っても、動かしにくいと言うよりも面白い話にするためにキャラを生かすのが難しいとか、涼前提のサブキャラだからどうしようもないだろうとか、色々な切り口があると思うのですが・・・。
ただ、前に夢子旅m@sやった時とかに既にこのブログ上で語ってるので・・・。
ポイントを絞ってみる。

夢子は性格が悪いのか否か。

これだ。
なんつーか、この動画に関しては「他のアイドルと絡ませにくい」のが、ツンツンした態度が起因となって明確化してるから動かしにくく感じたんじゃないかなー、と思ったのです。

残念ながら妨害工作やってた時点で既にピュアとは言い切れなくなってしまってるのですが・・・。
(アイドル業界がこうでもしないと生き残れないと本気で信じてた可能性もあるけど「自分の努力だけで勝ち上がる」と言う方面に行かなかったのも事実)
ただし、ホントの性悪女だったら、いくら努力家だろうが涼は見捨ててましたよね。

ただ、もうちょい細かく見られるんじゃないかなー、と。
本編をプレイし直したりせずに大雑把に考察するだけですが。




本編
・妨害はグレーゾーン辺りだった。
あくまで「ギリギリ問題にならない程度」に抑えるため、っぽいニュアンスが石川社長経由の発言。
本気で怪我させるような事は良心が邪魔したのか、までは明確に語られない。
・やよいは最初妨害しようとしてたけど、家に誘われて完全に認識を改めた。
(武田さんやあずささんしかり、認めた相手には敬意を払うのが彼女)
ちなみに、僕の選択ミスでやよいをバカにした時は、夢子にすっげー怒られました。
あまりに自分で納得行かなかったんでその時はリセットした。ただ画面写真は撮ってる。
「バカにしたら許さないんだから!」って台詞が確認できましたね、えぇ。
当たり前だけど、誰でも蹴落とす訳じゃないですよ。断じて。
・当初妨害しようとしてた涼は、やよいと会った辺りまでは半分敵として認識してた。
「一時休戦の共同戦線」的な感じに持ち込もうとしてたし・・・。
ただ、やよいイベント以降で腐れ縁的な位置にまでなってるし、次の段階では涼からの相談すらも請け負ってる。
(次の段階=オールド・ホイッスルに出られる可能性があった段階で機嫌が良かった、ってのもありますが・・・)
・あずささんは、まぁ・・・武田さんと同格で尊敬してる人ですし、後はどうにも。


コミカライズ
・妨害が割とマイルドと言うかコミカルに描かれてる。
・「やよい先輩の件以降はやってないわよ。私だって少しは考えてるんだから・・・」
「何よ!そんな事したら一歩間違えたら大怪我じゃない!」
これに尽きる。黒瀬先生は相当に軟化して描いてくれてます。
・絵理編では、まぁ「気迫の塊みたいな人」って描き方で落ち着いてた気がする。
バックボーンを知らない、ってのはホント印象が全然変わるものですから、自然な流れでしょう。
現に、やよいのバックボーンを知らない夢子がやよいの妨害に走ってた訳ですし。
ザッピングシナリオの真骨頂。


ドラマCD
・愛に「スピーカー女」と暴言。
ただし、鼓膜にダメージを負った状態で話している。
正当防衛やね。
・後はラジオだったり相手が武田さんだったりで、なんとも。
自分勝手っちゃ自分勝手だけど、一応「自分が明確な不利益をこうむった」場面以外では敵意は示さないようになってるのかなー、とか・・・。
この話は、いわば「夢子改心後」なのもポイントか。
そんでもこれだから、割とツンツンしてるってのは事実となるか。




結論。やよい最強説。
彼女の事を知ってしまったら、悪い態度で接するなんて無理なんでしょう・・・。

うーん、なんだろ。
アイマスにおいて、公式で出たキャラでは最も表裏が激しいキャラなんじゃないかと。
伊織は「ツンデレ」って意味で表裏があるけど・・・ただ、プロデューサーに最初からデレデレみたいな事は無いしなぁ。アイドル活動中の彼女はデレモードだけど。
準公式まで広げれば東豪寺麗華は最初から悪役だけど、夢子は悪役なのは途中まで。

・・・あー、アレだ。麗華さん例に出して気付いた。
途中まで悪役っぽいライバルで途中からライバル兼友達に明確に変化するってのがポイントのキャラだから、こうなってるんじゃないかなー、とふと思った。


なんだろ。
癖の強いキャラだし、実際に賛否両論あるのは理解しています。
ただ、書けば書くほど魅力と欠点が両方出てくるってのもある意味凄いなぁ・・・。

「根はいい子」と断言できないのが怖い。
(もちろん、完全な悪い子では無い可能性のが高いんですが)
彼女が立とうとしてたのは、それよりも全く別の道。
「オールド・ホイッスルに出られるくらいのアイドルになるか否か、の愚直すぎる修羅の道」




キャラ的に扱いにくいとか、そういう以前の問題。
夢子本人が、賛否両論の現状も覚悟してアイドルやろうとしてたのかもしれません。

ちなみに、僕個人的には好きなキャラです。
まぁ、色々あって、ね。
[PR]

by icelake876 | 2013-07-22 00:20 | アイマスDS語り | Comments(0)