2012年 04月 12日 ( 1 )

 

なんとなく動画を見ていて思い浮かんだSS

記事タイトルの通り。
シチュエーションはあえてツッコミどころ満載にしてあります。





「・・・ステージ?」

目の前に、くたびれた顔をした、小さなステージが現れた。
誰からも、存在を忘れられた・・・訳ではないと思うけど、野ざらしという環境では、仕方ないかも。

「・・・ちょっぴり、嬉しいサプライズ?」
「えぇ・・・まさか、異国の地でステージを見る事になろうとは・・・」


私はその日、海の向こうにいた。
尾崎さんと2人での、海外旅行。
一度くらい。
そう思って、お忍び逃避行?

・・・ホテルの近くで見つかった、街中の、公園。
その一角に、小さなステージがあった。

「・・・気になる、かも」
「別に、踊っても問題ないんじゃない?
お立ち台くらいの大きさだし、この町の子供が踊ったりするんじゃないかしら」

尾崎さんに言葉で背中を押して貰って、私はステージの上に立った。
旅行で、機能性重視の軽い靴を選んできたから、多少足場がでこぼこしてるけど踊れそう。

「・・・なんだか、不思議な感じ?」
「どうしたのよ、急に」

「ここに来てからは、ずっと、そうだけど。
周りの看板も、標識も、全部英語。
海外ロケのオシャレなCMとか、洋楽のプロモでしか、見た事の無い世界。
その中にあるステージで踊ったら、私は、モニターの向こうの住人?」

「モニターの向こう、というよりも・・・」
「別世界に来た感じ?」
「・・・って所かしら。
それじゃ、絵理。踊ってみて。まぁ、服装もステージ服じゃないし、踊りやすい曲がいいかしら。
えっとどうしよう、ALIVEはちょっと雰囲気が合わないし・・・」

・・・私は、右手を握り締めて胸の上に置いた。
自然と溢れ出たとびっきりの笑みを浮かべながら。
「あえての、難曲プリコグ?」
「えっ」










男声洋楽ナンバーで、ゆったり踊る絵理。
その姿が、なんだか異国の地・・・「外の世界」を、のびのびと飛び回ってるように見えたのです。

動画内にコメントつけようと思ったら、文字数収まりきらなかったので、まさかのSS昇格。
海外旅行全く興味ないしディテールに突っ込まれる余地が十二分にあると思うけど、あえてシチュエーションは色々荒くしてあると考えてお読み下さい。




以下私信。
くっそwwwwwくっそwwwww(深々と頭を下げながら)>動画説明文
(まぁ、VRFのセットリストそのまま使って流しても、あくまで再現は無理だから「ペンタPの動画を流す」という形に近くなるんじゃないかなー・・・と思いつつ、当時の記憶を懐しむ事はできるかなーと思ったり。
あと僕が生活環境の都合やら色々あって音声使えないので、単純なインタビュー系の放送は無理というのもあって、こういった形で僕の動画を取り上げて頂く事になりました)
[PR]

by icelake876 | 2012-04-12 01:12 | 動画紹介PV系 | Comments(2)