2011年 07月 18日 ( 1 )

 

その鉄道廃人、旅m@s頂点Pなり

まさかの3日連続ノベマス架空戦記枠。
これ見たの結構前ですけど。



おそらく旅m@sにおける頂点Pと言えるPは、少なくとも古参の面々ではそらなPを差し置いて他にいないと思う。
彼の動画は旅m@s最古のシリーズの一角にして(やや新興ジャンルなのに0806スタート)、「鉄道廃人すぎる千早」「鉄オタPに振り回されるアイドル」「万かつサンド」など、良くも悪くも数多くの多大な影響を旅m@s界に与えた。Pと旅する形式は宇垣P発祥ですが。
海芝浦Pや鈍幹線Pが影響がやや少ない程度で、他は2009年度に出たほぼ全ての旅m@sで千早が鉄オタになっていたと言う凄まじさ(そもそも千早主役率の時点で恐ろしく高かった)。だから、フツーPの動画が如何に突然変異か分かる(笑)。

・・・もっとも、千早が自分を否定しつつも廃人になっていく姿は「僕にとっては」涙無しでは見られないものだったので、彼の動画は苦手なのですが。
既に開き直ってる寛山Pの千早はアリなんですが・・・どうも、未だに自分が鉄オタだと否定し続けてる辺りが個人的にちょっと琴線に触れるみたいです。
ただ、動画は苦手ですけど、そらなPの旅m@s愛は本気で尊敬してる。他にも動画は苦手だけどPは好きって方は多いです(相当失礼な話ですが・・・)。




さて、今回。
なんとなく単発っぽい旅m@sの雰囲気がしたので、かーなり久々に見てみた。
そらなPの動画は苦手ですけど、P(動画内のプロデューサーではなく動画製作者)には好感を持っているため、基本的に一点買い形式で何個か見てる。
「峠駅観光案内」辺りは相当に好きです。


うん。

パネェ。
ノベマスの動画的な構成が「心地いい」と感じるレベルにまで達している。
序盤のカットインとか絶妙。うわー、前々から見やすい画面ではあったけど、ここまで来たか!

あと前々から思ってたけど、選曲センスの高さも抜群。
絶妙と言うよりも、テレビ番組的な無難な選曲が本気で上手いのです。funyaさん的な王道洋楽曲に行ったかと思えば「ワーズワース」なんて選曲まで飛び出る。
一方で普通のアイマス曲も使いますし。こういう選曲センスは本当に憧れる。何気にニコマスでは屈指じゃないかなー。
(彼に限らず、古参の旅m@sPはほぼ全員が何かしらの特化した長所を持ってたから凄いです)

というか、そらなPの動画にしてはメインの渓谷観光が普通すぎる。
いい意味で。
うーん、これは20選候補枠で行きますわ。




旅m@s自体の感想。一応ネタバレなので注意。

よくぞ福島に行ってくれた。
・旅のお供はスペーシアとAIZUマウントエクスプレス。
後者は特急列車である北アルプスが快速列車ダイヤのせいで速攻でダウンしたのを反映して、普通列車に切り替えたんだとか(内装を特急クラスにして補正)。うーん、理由を聞いて納得したけど名鉄ファン歴××年(現時点でアイマスDSファン歴の10倍以上)の僕には寂しいです。
あのパノラマスーパー仕様の窓を見るだけで軽い悦に浸れたんだけどなー。って、さらりと割と廃人な発言して申し訳ない。
・トンネル駅・・・あー、古参旅m@s視聴者には「あー」としか言えませんね・・・。
(同じく古参Pの海芝浦さんがトンネルマニアなので)
土合駅基準に笑った。
・と色々あったけど、本体は渓谷観光。
動画に手ブレが多いのが珠にキズかな?そらなPの撮影機材が気になります。動画の画質を見るに、以前見た時から変わっていないようですが・・・?ピント調整してるからデジカメではありそうですが。
・内容も上手い。はるちはあり、春香の特性を生かす展開あり、絶妙。
・あーうん、性(エロス)系統の観光地って妙に多いよね・・・地元にもあるから分かりますけど。
正直、今回は休館日で安心した。旅m@s名物休館日。本物の旅番組では起こり得ない。
・次回は・・・ダムか!別の方向にマニアックなネタで来たなー。
興味はあるんですけど、ここ10年間DPZの萩原さんの記事でしかダムを見てません。

[PR]

by icelake876 | 2011-07-18 18:34 | 動画紹介ノベマス系 | Comments(0)