2011年 06月 21日 ( 1 )

 

僕が人生で最初に知った番組の一つ

まぁ僕は関西じゃなくて九州ですけど。



ちっくしょうwww

ドツボである。やられた。
流石は井川KP。このノリをやらせて一番しっくり来る。
ノベマスが本物の番組に劣る最大の点は声が無い事だと思ってるんですが(だからBGM無いと繋ぎにくいし)、なんとか切り抜けてて上手いですわ。




勝手に元ネタ解説
※ナイトスクープ視聴者歴おそらく16年ほどですが、放映時間的に見られない場合がかなり多いのでカバーできている範囲は非常に限られます
こちらのOPバージョンから行きます


謎の爆発卵
ナイトスクープ最強ネタの一つ。依頼内容は「友人が電子レンジで温めた卵が爆発した。自分も食べてみたい」。
まあ原理は想像が付きますが(電子レンジは食べ物を「内部から」電波で温めるので、タマゴだと沸騰に近い現象が起きるのかなーと)。この爆発がとにかく腹筋崩壊。関西のノリかもしれないですけど、一度は見て欲しい。

噛み付く犬と散歩
依頼内容は「愛犬が散歩中にいつも足首に噛み付く。何とかして欲しい」とかそんな感じ。
本当に百発百中で足首に噛み付くその愛犬はこれまた爆笑を呼んだ。ちなみに、この手の依頼は大抵動物のプロ(調教師とか)が上手く対処法を考えてくれるのだが、この犬の場合は直ったものの一過性だった。要するに再度噛み付くようになった。何が彼(彼女?性別忘れた)をそこまで掻き立てるのかは誰も知らない。

水泳の世界最速を体感
両親が爆笑したらしいので、大学在学中に時差放映したナイトスクープを録画した。そんな訳でビデオ持ってる。
依頼内容は「元水泳経験者ですが、水泳の世界記録を見てあの時の夢がふつふつと蘇って来ました。流石に不可能なので手段は問いません、水泳世界一の記録を出させて下さい」だったはず。
女性の依頼者だったが、普通にやっても探偵(松村さん)の3倍速かった。いくら松村さんとは言え3倍・・・。という訳で王道のフィンやら使っても届かず、最後はロープを使用。なみはやドームスタッフの協力もあり、見事世界記録を達成した。
余談だが、この後松村さんも体験したいと言った。そしたら・・・抱腹絶倒のラストが待っていた。ちなみにペンタさんは腹筋が崩壊したのだが、本当に僕が腹筋をよじる経験は年1回程度である。その1回。

マネキンと結婚したい!
ナイトスクープはこういうサイケな依頼が来る事がある。
確か、そのマネキンが既に保管庫的なもの(いっぱいいる)に移動させられてて、探すのに四苦八苦してたような・・・。最後は一目惚れしたイケメンマネキン相手に熱い接吻を行ってた記憶があります。ちょっと曖昧。

浪花のモーツァルト
依頼と言うか・・・顧問ポジション最高位の人物、キダ・タロー先生を指す愛称。
勿論モーツァルトには遠く及ばないが、ワンフレーズ系の一発ネタ作曲だったら多分本当に日本屈指の腕前を誇る。「アサヒペ~ン♪」とか。

本物のマリオカートを発見!?
未見。だけど両親と、あと相方が見たらしい。

ガォーさん
ニコニコ大百科にあったはずなのでそちらを参照。
「悪い事をすると、ガォーさんっていう凄く怖い化け物が来るんだからね!」と子供に言ってしまった依頼者が、本当に探偵に恐ろしい化け物に変身して貰った、的なネタだった気がする。
余談だが、律子さんは手厳しいイメージもあるからこの手のネタを押し付けられがちになってしまうのだろうか。ログドルマスターのメガネロッタじゃないけど。

超大盛り
小学生の時の恩師に会いたい!
どちらかと言うと定番ネタ系。後者は割と本当に探偵っぽい事をやってるケースで、7割くらいは見つかる。

爆笑小ネタ集
1時間で3本の依頼をこなすためVTRは1本15分弱程度なのだが、2分程度で終わる依頼を5本以上集めたものがこれ。
最も定評があるのは桂小枝さん担当の回。
余談だが、小枝さんの「しかしまぁ、なんですねえ~」はお馴染みの台詞なのだが、最近は放映ではカットされている。たぶんスタジオでは言ってると思います。

パラダイス
あまりにB級感、いやFランクも真っ青の匂いが漂うテーマパークを紹介する企画。これも小枝さん担当。
大抵個人運営のお化け屋敷のような公園である。
余談だが、紹介されたパラダイスがナイトスクープの看板を勝手に掲げてる事も少なくなかった、と思う。実際に僕は現物を見た事があります。「だるまの里」だったかな・・・。

軍艦島マンション
本当に高知にある。

大和川ボート通勤
僕はかなり地理系+鉄道系に詳しいのでなんとか通じましたが、これ関西圏以外の方に通じるのかなー・・・。
依頼内容は「自宅から堺市まで通勤しようとすると、わざわざ関西本線で天王寺まで上がってから、さらに南海電車に乗り換えていかなければ辿り着かない。ならば一直線に通じてる大和川をボートで下れば早く付くのではないか」。
九州で例えると「熊本から島原まで行こうとするとJRを1回乗り換えてさらに島鉄まで使わないといけない。スワンボート使った方が案外早く付くのではないだろうか」的な無茶さである。
ゴムボートで挑んだら、大和川に渓谷と言ってもいい箇所がある事が発覚。びしょ濡れの書類と共に6時間遅れくらいで職場に到着した。

バントヒットを決めたい!
関西では未だに全回15%オーバーのこの番組、阪神タイガースとのコネも強い。
この内容通りの依頼を出してきた小学生相手に、なんと赤星がコーチ。
結果はダメだったが、実際に前に転がす事に成功したため赤星が電話で激励してくれてたと記憶している。実際、依頼者はかなり頑張って練習してましたしね。
他に阪神系だと「人生最後の甲子園」が傑作。まあ、僕は広島寄りなんで4番を3人も引き抜きやがった阪神には正直嫌悪感を抱いてるのですが(笑)。でもこの番組では好き。

水泳+暗算、日本一決定戦
この2つの複合種目だったら日本で1位になれるかもしれない、と依頼者の談。実際、水泳かなり上手くて暗算もそろばん経験者だったはず。
と言う訳で、水泳選手と暗算の凄い人を呼んでくる。暗算の凄い人が運動が全くできずに水泳で5分くらい遅れたのに、暗算の問題(10桁クラスが20問くらい)をたった1分で説いて大逆転優勝した。これはひどい。




以上、思わず1時間でサクッと書き上げました。
いやーナイトスクープファンとして素晴らしいホイホイっぷりでした。これがあるからニコマス見始めたんだよなー・・・。
[PR]

by icelake876 | 2011-06-21 21:34 | 動画紹介ノベマス系 | Comments(2)