2011年 05月 18日 ( 1 )

 

低画質を武器にした公式使用例

アイマスDSのダンス機能って上手く考えられてるなーと思うのが、振り付けエディットをやった時だったりする。


いや、僕は動画では2回くらいしか使ってないんですけどね。
(すもものOPで蒼い鳥、卓球Pのアレで朝ごはん)
ただ、この演出上手いと思うんですよね。

なんせ、DSの低画質ダンスだから急に振り付けが切り替わっても違和感が無い。


これはTシャツエディットや、DSの切り札観客席カメラでも同様。低画質なのをいい事に実装した機能だと思う。
アイマス本家ではこれは不可能。なんせ、画質が高すぎる。
テクスチャをえらく描きこんだ絵だと気軽さが失われるし(ゲーム機をペイントツールに繋げればいいんでしょうが・・・マリオペイントみたいなのは無いですよね?)、ステージも観客席をデフォルメ化するとかえってテンションが下がる気もする(豪華すぎてもアイドルに目が行かないし)。
まあ、原理上は可能なのかもしれませんが・・・ンモーPのForzaアートって普通に走らせられるんですよね。










そんな訳で、ネタも無いのでストックから降ろしてみました。
相方の動画です(許可取得済み)。他力本願!
この時期、ポケモンだったりリアルの環境が変わったりで更新頻度が怪しくなりそうだったので、元から5月ぐらいに出そうかなーと思ってたんですが・・・。
ある程度環境はあったものの、割と忙しいし、ネタが無いので投入しました。


サイネリア「センパイとステージに立ちました^^」
絵理「・・・すっごく、力技?」
[PR]

by icelake876 | 2011-05-18 21:30 | アイマスDS語り | Comments(0)