2010年 06月 29日 ( 1 )

 

1作目 Ellieのチャットボックス



超変則ノベマス。まさかの紙クリ未使用。
Windowsムービーメーカーのみを使用している。
紙クリもVideoStudioもPEも使わないノベマスは、おそらく1%に満たないのではないか、と・・・。
そんな実質上のアイマスMAD処女作。

・経緯はこう。
「歪」「立ち絵」「変態絵師」その他で必死に調べたけど小鳥さんの立ち絵が見つからなかった。
それだけ。
その時点で、多分2chのスレッドとかで、暗黙の了解で自然と貰うものなんだろうなーと勝手に解釈した。
(結局、数ヶ月後に架空戦記ろだの存在に気付いた。一応外部だった・・・)
・ちなみに僕は2chは大嫌いです。
VIPのごく一部を見てたくらいですね(そこだけ異常に治安が良かった)。だから、封印しようとしてた。
立ち絵も、実はDS直撮りで補おうとしてました・・・。素材集を入手したのは2月末くらい。

・結果、ノベマス「らしきもの」が完成。
シナリオどう練ったかは、最早覚えていない。3人がチャットで話せば面白いんじゃね?的な。
と言っても、実は、当時は絵理以外あまり興味なかったのですが・・・。
・「KIOKU」と言うスクショ撮影ソフトをフル活用。
ただ、トリミング後の画質面が上手く行かず、手元にあるフリーソフト(IrfanView、Vixなど)をフル活用してトリミング方法を探った。
結果、IrfanViewの設定変更でなんとか対応できた。
まぁwmv出力したらあんまし変わらなかったけど。
・HTMLは、恐ろしく前にダウンロードした化石ブラウザ、ネットスケープに付属してたエディターで作成。
タグの知識はあまりないので、必死。
後は、タグをつける作業はテキストの置換機能とかで徹底的に一括化を図りました。
WMMで並べる際には一括化は無理だったんですけど・・・。
・WMMなので、ローディング画面はこれが限界だった。
無印箱アイドルマスターみたく、右下に「Now Loading...」と出すのは無理。
・チャットの発想はかなり前にFF10でやってる個人サイトも見かけたし、ベタかなーと。
実際に後から怪物が出た訳ですし。
・愛の素人っぽさがポイント。
あと、「lara」は一人くらいハンドルネーム使ってる人いるだろうなー、と。声優ネタですよ。
ちなみにToLOVEるはそんなに好きじゃありません(問題発言)。
まぁ、愛はToLOVEる属性があると思うけど。涼編で実感。
・涼は、秋月遺伝子によるまとめ役属性を担って貰った。
男だと分かる前の涼ですね。ただ、男である事は意識させてますが。
・問題は、コメント欄でも指摘された「絵理って『www』使う?」の辺り。
これ、多分使わないだろうなーと思いつつも、入れないと間が持たず、
「まあ、ネットで書く時は使うんじゃね?」と妥協して入れたもの。
その後絵理のブログ見たら1回も使ってなかったんですけどね・・・。
・ドラマは適当。絵理は科学系好きかなーと。
愛が苦労した。何のドラマに設定したか忘れた上に本編見返すのが怖いから確認もできないけど。
今にして思うと、現実とのリンクは控えた方がいい気もする。
というか、科捜研の女を見るたびにこの動画を思い出してしまうため、黒歴史・・・。
・そんな訳で、この動画は恥ずかしくて見返せない。
その割にはコメント100件オーバーだけど。圧倒的。Toxicですら80行ってない。

アイマス動画を意識したのは、今回が初。
前はまだボカロとどっち行くか迷ってたけど、この時には7割くらいの確率で買うと決心していた。
という訳で、実質上のアイマスMAD処女作。
・でも、僕にはギャルゲー系のゲーム買うって行為一つさえも必死なんですけどね。
なので、発売前の知識でやっておきたかった、ってのがある。
もし買えなくても怒られないように(爆)。

・0909処女作にぶち込まれた時はビックリした。凄い補足能力だ。
処女作じゃないけど、上記の理由により、削除申請は行いませんでした。
コミュには僕の特性的に入る予定は現時点ではありませんが、恩義にも報いるため、一応0909を名乗るようにしました。
・誰とも交流ないけどね!
吊さんと2、3回話せた程度だよ!
・でも、半年後に自分の名前で検索したら、「ペンタPこと湖氷堂さんが同期だったことに驚きを禁じえない」と某0909屈指の大物P(偏見)がTweetしていたのを見かけた事がある。
うん、多分誰も知らないよね(PVデビューは0912)。吊さんも知らなかったらしいし。
ってか、存じていただけたことに驚きを禁じえない。その後、実際に某掲示板でキャーと言われてましたし・・・。

・ちなみに876プロのみんなとも同期です。


スペシャルサンクス→小市民P(0909マイリストの人。ってかコミュオーナーなんですね)
[PR]

by icelake876 | 2010-06-29 20:06 | 自作動画長文解説 | Comments(0)