2人でモバマスDSコラボイベントを語ってみた(愛編)

衝撃の、シンデレラガールズ×アイドルマスターDSコラボイベント終了から早2ヶ月。
(と言うか昨日が愛の誕生日・・・あ、この記事は愛誕記事も兼ねてます。肝心かなめのシンデレラのライブと被るとアレなので故意に遅らせました)




素晴らしいコラボだったので、それについて語りたい!


ところが溢れ出るパッションを抑え切れないにもかかわらず、ペンタさんは中途半端にシンデレラ知ってるのもあって感想がワンパターンになりがち!
と言うかお前DS各1周しかクリアしてねーだろ!


奴だ!!!
そう、奴を呼ぶしかない!!!(謎テンション)





d0160172_21102622.jpg
と言う訳でファミエリさんをSkypeのチャットで6時間前後拘束して付き合ってもらいました。
(その節は本当にご迷惑をお掛けしました、とこの場でも書いておきます・・・これはひどい)
何?通話?無理だよ(詳しく書かないけど実証済み)。

そもそもまともに対談企画を組むこと自体が初のペンタPがダメ元で頼み込んだ結果は如何に!?
以下、その結果です。ご覧下さい。
なお当たり前のように記事は3分割。
(あと、言わなくても気付かれそうですが、レイアウトは若干「ニコマスとP」から拝借しています・・・)


それぞれの知識の程度。
ファミエリさん→現在はミリオンP(春日未来メイン)。シンデレラ側では李衣菜、ありす担当。
ただ本人曰くシンデレラに関してはアニメとデレステ多少かじった程度らしい。
(下記の対談中にサンセットノスタルジーをすぐ挙げたから十分だと思いますが)
ペンタ→モバマス手に付けたはいいけどデレステは諸々の事情でノータッチが決定。
ただし某まとめサイトを長く追ってたため知識は中途半端にある。
ミリオンも劇場版の描写が刺さって現在ノータッチ。sideMもログインのみ(稀に旗関連イベントやるだけ)。





ファミエリ : お疲れ様ですー
ペンタ : 大丈夫そうかな?
ファミエリ : はい、大丈夫ですよー
ペンタ : よろしくお願いしますー
ファミエリ : いえいえ、こちらこそ
ペンタ : とりあえず愛イベント→涼→絵理の順にシンプルに話してく感じで大丈夫でしょうか?
ファミエリ : オッケーです!おまかせします!
ペンタ : それでは愛クリスマスからで・・・


d0160172_21274961.jpg
愛クリスマスライブ
登場:五十嵐響子、北条加蓮、松山久美子、望月聖、赤西瑛梨華
スペシャルゲスト:岡本まなみ、日高舞×α

トピックス

・主力エスコート役は響子
・アニマス最終回を上回るまなみさんフィーバー
・ロンリー日高愛
・文字がでかい日高愛
・5人がかりで倒される日高愛
・と言うかイラストが高ランクアイドルだった日高愛
・松山久美子、日高舞の存在を思い出した(そしてボロクソ言う)
・舞さん後半開始から登場
・舞さん戦闘力3500万
・Coビジュアルクイーン対決(絵理VS加蓮)
・絵理、お持ち帰りに走る
・公式では珍しい涼ちん発言が挙がる(赤西さん)
・VS舞さん最終決戦
・Vo聖、Vi加蓮と見事に舞さん対策のガチ戦力ぶつけるモバマス
・元の潰された各種ミニライブは不憫
・昭和アイドルマニア長富蓮実、衝撃の出番無し
・涼と退社後まなみ、初会話(→記事投稿後に「本編であずささんに負けた場合のルートで会話してたような」と指摘頂きました・・・)
・7年越しの初親子デュオ
・アイマス全体でも稀に見るしっとりエンディング

※なお現在では「資料室」→「イベントメモリー」から全ての台詞が見られます。アイテム「スターエンブレム」は結構要りますが。


ペンタ : こんな感じかなぁ・・・ちと台詞見返してないんで抜けあるかも。
全部に触れてくと大変なんで気になったところ挙げて頂ければ
ファミエリ : ん、大丈夫だと思います。
個人的には、876イベントの第一弾だったんで、まさか舞さんやまなみさんが出てくるのにびっくりした、って印象が一番に残ってて、細かい所がすっ飛んでるなぁ、と改めて思いましたw
d0160172_21372035.jpgペンタ : まなみさんフィーバー凄かったですねぇ・・・アニマスED出た時でもあんだけ盛り上がったっけかw
ファミエリ : そうそう、あのときもかなりの衝撃で。
まさか、イベント限定カードとはいえ、ライバルカードまで用意してくるとは思わなかったので
ペンタ : アニマスの時は「ドラマCD出なかったから補間かな?」ってのもあったんですが、今回は・・・。
そもそも、まなみさんが出た段階で主要キャラは登場ほぼ確信持てましたし・・・局長?あ、いや・・・
ファミエリ : 局長と、武田さんどこで差がついたのか。いや、単純に絵理編の後二人が強力すぎたからなんでしょうけど。
ペンタ : 響子を出したのは「五十嵐被り」に対するセルフツッコミを兼ねて・・・なさそうだなぁ
ファミエリ
: 流石にそこまで考えてたらすごい気もしますけど……w
ただ、個人的には「日高舞」ってアイドルがどう受け取られるかってちょっと心配だったんですよね。
ペンタ : それは確かに・・・思えばランクS(便宜的にこう表記)の玲音が登場してからは初の出番?
ファミエリ : ですかね。
ただ、結局玲音って、超えるための壁としての圧倒的な存在じゃないですか。一方で、日高舞ってそもそも能力とか、パラメーターとかそういうので測れない、「最強のアイドル」って概念そのものだと思うので……。
取りようによってはあのアイドルって「横からいきなり現れて万能を気取るメアリー・スー的存在」とも思われかねないので心配してたんですよ。
ただ、そこを上手くヘイトがたまらないようにしてくれたのが松山さんが日高舞に喧嘩を売ったあれだったのかなと言う。
舞さんの品格も落とさず、かと言ってヘイトも貯めず。うまいやり方だなぁ、と凄く個人的に感謝してますね。

d0160172_21471688.jpg
↑この対談中に見返して盛大に吹いて1分進行が止まった台詞(右のやつ)を貼っておきます。ただし左のがポイント。
松山久美子は基本的には幸子ほど極端ではないものの「キレイ」と言う要素にこだわってるのが特徴のアイドルなのだが、重要なサブ要素として特技のピアノがあり「爪伸ばせない」「母がピアノ教室の先生で手伝ったりもしてる」等の台詞がある。
ってことは・・・なるほど、この台詞も頷ける。


ペンタ : 松山さんに関しては、そもそも日高舞を思い出してくれたってのが有り難すぎたと言うのが個人的な感想だったんですが・・・。
ただTwitterのRTで回ってきた「史上初の日高舞に喧嘩売ったアイドル」って書き方で大笑いしました、えぇ。
確か、松山さんあんな好戦的なアイドルではなかった気がするんですが、何故か彼女本人も含めて色々しっくり来たから凄い。1人だけ20歳だから役が回ってきたのかもしれないですけど・・・。
と言うかメアリースーって言葉を始めて聞いたけど・・・あー、確かにこれは扱い方次第では舞さんこうなってたかも
(※メアリースー:二次創作において、原作の既存の人物を瞬殺するほどの力を持つオリキャラの事らしい。
確かに舞さんならやりかねない。と言うかニコニコ大百科に記事があったから貼っておこう)

ファミエリ : 僕らなんかは、ほら、「舞さんだから仕方ないね」になるじゃないですか(遠い目
ペンタ : まったくもってそのとおりです。
・・・舞さんだもんなぁ(白目)。後半開始いきなり出た時は「スタッフ判ってる!」の一言
ファミエリ : でも、舞さんを知らんシンデレラのPからしたら、それこそ「色んなミニライブを潰しといて何善人ヅラしてんの?」ってなるわけじゃないですか。
だから、シンデレラ側に、舞さんの凶行に対してツッコミを入れる存在ってのは必ず必要だったと思うんですよね。
そこを担ってくれたのは、本当にありがたかったなぁ、と。色んな意味で舵取りが難しいポジションですし。
ペンタ : 言われてみると確かに松山さんいなかったら破綻してたなぁ・・・。
ちなみに松山さん絡みで個人的な意見を補足すると、元々は本田未央・矢口美羽・松山久美子でユニットが組まれてたんですが、未央はPaトリオは藍子・日野茜と組む事になりまして・・・(ちなみに飯屋さんも当初のユニット自体は知っています)
ファミエリ : サンセットノスタルジー、ですよね
ペンタ : あーそれです。で、今組んでる3人が「松山久美子・小室千奈美・浜川愛結奈」だったので、後ろ2人のイメージが連動してくっついてるからか、今回の有り難すぎる暴走は個人的に自然としっくり来ましたw
小室さんは割とプライド高いタイプだし、浜川さんは説明不要(涼のアレを思い起こしながら)
ファミエリ : なるほどなるほど。
(※トリオ正式名称「ビューティーアリュール」。
アリュールはフランス語で「歩き方」、歩く姿は百合の花的な美人トリオの意味と思われる。ちなみに今回出ない千奈美さんは高飛車な自信家アイドル、ただしPへは結構デレる非常に珍しいタイプ。
ちなみに3人の衣装名は「JKT」。未だに語源が謎だったはず。ジャカルタ?実在のアイドルと被るし絶対違う。ジャズトロ?それはJTK)

ペンタ : 彼女に関しては「サンセットノスタルジー・トライアドプリムス・PCS(だっけ?ラブレタートリオ)から1人ずつ」って観点で選ばれたのかなーと思ってますが・・・
ファミエリ : ピンクチェックであってますねー。ただ、その組み合わせだと、ポジパ(本田未央、日野茜、高森藍子)の方が近い気がするので、なんとも真相は闇の中ですが
ペンタ : あーそうか・・・>ポジパ
ちなみに響子って人選はどうでした?今回の一連のイベント上位=ほぼ「DS組のメインエスコート役」って感じになるので、真っ先に彼女が目に入って「こう来たか」でしたけど・・・。
愛の描写に関して「まぁモバマスなら大丈夫だろ」と心配してなかったから、余計にシンデレラ側の人選が気になったのもある
ファミエリ : 後から振り返って前提になるんですけど、絶妙だったなぁ、と思いますね。
今回のDSコラボ三部作ってそれぞれテーマがあったと思うんですけど、すごい嫌な言い方してしまえば、僕みたいなデレステやアニメでしかシンデレラを知らない層も知ってるようなアイドルかつ、テーマにあったを選んできてるので。
その点で、愛編の話で、家庭的なところがある響子ってのは必然だった気がしますね。
d0160172_22002537.jpgペンタ : 確かに最後のエピローグの展開には参りました
ファミエリ : あー、なるほど、このための響子か、って腑に落ちる感じがすごいな、と。
ペンタ : まぁ、強いて言うなら「ようダブルALIVE倒したわ」って感じはありましたがw
ファミエリ : それは確かに……w
DSを好きな人たちの悲願がこんな形で形になるとはまさか思ってなかったですからね
ペンタ : ダブルALIVEはホント嬉しかったですねー。
ただMASTERの台詞を確認したら「今度は完璧に合わせてきた!?(響子)」→「今度はうまく歌えたのに・・・響子さんすごーい!(愛)」ってなるんですよねぇw
ファミエリ : まぁ、その辺はもう無礼講モードに突入してた気がするので。
(と言うか舞さんはもうぶっちゃけ愛以外に本気出すつもりないんじゃないかなぁって思うので)
ペンタ : あーそういう解釈もありか
ファミエリ : 舞さんだから(白目
ペンタ : まー確かに響子はイベント中はアイドルとして覚醒してた気が・・・普段はどうしてもアイドル以前に「嫁に欲しい女の子」として見てしまうタイプの子ですし。自分でも今回「一家に一人、五十嵐響子!」って言ってたし
ファミエリ : 実際、今回の件で響子に落ちた知り合いを知ってるのでなんとも(遠い目
「クリスマスに一人な子がいるなんて悲しいことがあっちゃいけません!」的なセリフが刺さったとか刺さらないとか。色んな意味で。
ペンタ : ペンタPのクリスマスはガチャ副産物で人気度40特技レベル10にした愛と過ごしたぜ!
ファミエリ : あっ……。
去年のクリスマスは、僕は……動画作ってました\(^o^)/
ペンタ : 動画作れてるぶん僕よりはいいさ(本気)
ファミエリ : やめろやめろ!この話はやめろ!!

d0160172_22405921.jpg
↑おひねりとして愛イベント後のガチャ(イベント中のガチャは無理と判断)を回し、副産物で強化しまくった結果。
[新緑の淑女]高垣楓以上の攻撃力![お月見ウサミン]安部菜々以上の守備力![シンデレラガール]十時愛梨の上位互換特技!
すごいぞー!かっこいいぞー!(なんか上に見切れてますが涼編で言及しますので見逃して下さい)

ファミエリ : ところで、まなみさん、舞さん、シンデレラの子たちの話は結構した気がするんですが、
肝心の愛ちゃんの話をあんまりしていない気がする。
ペンタ : 上にも書いたけど「キャラ描写的に外さないだろう」と信じてたので、心配してなかったぶん強烈な印象には残ってなかった感はある。ただ、紛れもなく日高愛だった。
・・・とりあえずイラストについて。冬服!
ファミエリ : SSA!
ペンタ : あーそうだSSAだった
ファミエリ : SSAもそうなんですけど、DS本編の要素を中心にしつつ、アニマス以降の要素をちゃんと拾ってくれてるのがうれしいですね。涼のsideM匂わせネタとか。
ペンタ : あれは参りました。もちろん、そちらも後で書きますが・・・。
ってか誰かが書いてたけど、イラストが「高ランクアイドル」だった
ファミエリ : なんかちょっとその辺はぼかした感じでしたよね。新人ともとれるし、先輩とも取れる、みたいな。
その辺が逆にいい感じだった気がします。永遠の新人アイドル(7年選手)みたいな感じでw
ペンタ : ただ、日高愛を表面上しか知らないPは、まず最初に日野茜タイプのアイドルを想像するでしょうけど、あれは凄くいい塩梅だった気がする
ファミエリ : ですね。意外と凹みやすい繊細なところとかもちゃんと再現されてたので。ライターさんにはホント感謝です
ペンタ : 僕の動画(七色)に「Aランクの愛だ!凄い!」って嬉しすぎるコメント頂いた事があるんですが、やっぱ愛って突き詰めると明るいだけのステージ見せるアイドルじゃなくなると思うんですよね。
もちろんパワーのあるステージが一番適正あるんでしょうけど・・・
ファミエリ : その辺の愛の到達点っていうのは僕の中では青図はあるんですけど、意図してないだろうとはいえ、それ沿ってくれてる感じで凄く嬉しかったですね
あ、それに関して、個人的にどうしても触れておきたいことがありまして。
ペンタ : と言いますと?
ファミエリ : ぷちデレラのぷちエピソードの話なんですが、Viエピソード2が非常に好きなので、是非多くの人に見てほしいなと。
d0160172_23331671.jpg多くを語るとネタバレになるので伏せますけど、いままで語られなかった、日高愛の「未来」が語られてるので。
これは、シンデレラでプロデュースが出来るようになったから見えてきたものだなぁ、と。
ペンタ : 今度見てみます。ぷちポイント溜まってたかな・・・(それがネック)
ファミエリ : ぜひぜひ。
ペンタ : ぷち愛の台詞を検索して一番に見つかるのが「え?プロデューサーの前で着替えちゃダメなんですか?うーん・・・」ってのはどうなんだ(滝汗)
ファミエリ : wwww
ペンタ : まぁ健康的なエロスに関しては似合うと思うけど(今回のイラストではそうでもないけどスタイルいい部類だし)、流石にそれはまずい。
・・・女性P設定!?いやいや、そんな・・・w
ファミエリ : 我々(P)が社会的に抹殺されますしね……。
というかこの無防備さのおかげで秋月涼はカミングアウト時に糾弾されなかった説……は流石にないか。
ペンタ : 少なくとも、南の島♪混浴を気にしてない事に関しては確かに有り得ると思う。
あと愛に関しては、ちゃんとフォントでかくしてくれた事とか・・・w(ボス登場時)d0160172_23463469.jpg
ファミエリ
: wwww
ペンタ : 最初1人ぼっちで登場→5人掛かりで倒される→仲間に、って流れも色々と嬉しかったです
ファミエリ : ですね。
全編通して言えることなんですけど、DSの世界で閉じてた三人の世界が広がった気がして、それが一番嬉しかったかなぁ、っていう。
ペンタ : DSフェスタでやった「DS組とシンデレラ、ミリオンのコラボイラスト」ってのが体言化された瞬間でしたもんねぇ。ミリオンはバスケで簡易的に実装済みですが・・・
ファミエリ : ミリオンも、ミリオン側からの言及はありましたけど、876サイドからの言及はなかったですからね。
ペンタ : 真の意味でのコラボ、か・・・(カード実装そのものが涼が存在するにも関わらず実現しましたし、その時点で確かに奇跡だと思った)
・・・うーん、そろそろ涼イベントの話に移りましょうか。
後はくだらない話で「東郷あいさんが出なくて残念」とは書いておこうw
ファミエリ : www
ぷちデレラもそうなんですけど、的確に私みたいなタイプのDS好きな人たちを刺しにきたあたり、ホントライターさんには頭上がりませんね。
後の二つも期待できるなぁ、と思ってたんですけど、実際期待を裏切らない形でしたし。
ペンタ : 期待以上でした



d0160172_23461902.jpg
これがプロデューサー1名を陥落させたシンデレラの古参Cuアイドル、五十嵐響子だ!

涼編に続きますー。一応絵理編のリンクも。

[PR]

by icelake876 | 2017-06-26 22:00 | アイマスDS語り | Comments(0)  

<< 2人でモバマスDSコラボイベン... 雑談らしきもの170517 >>