52作目 souls



これ以後の数作についてはこちらも参照。
ここからしばらくVRF11の参加作品群になります。まぁ、もうそろそろ5年経ちますが・・・。
あと、テキストそのものは上記のリンク先の記事の焼き直しです。一応、少しだけ分量が多い。あと今(2016年9月)になって若干成型してる。


・VRFの「僕の」涼の動画枠。
と言ってもメインは完全にfunyaさん(ふにゃてぃんP)に任せていた。いや、あんなもの見せられたら、ねぇ・・・。
・選曲は、とにかくネタ切れだったし、吊さんパワーに頼りたかったので採用。
ゲスト枠で呼びたいのが「かりふらP」「吊さん」「ふにゃてぃんP」「isciaP」だったけど・・・。
かりふらP→過去に動画オファーはまず受けないって言ってた
吊さん→動画残したかったので断念
isciaさん→DSフェスタの時とか見る限り、締め切り系の企画難しそう
結局funyaさんに奇跡的に?作って頂ける事になりました。ただ、色々迷惑掛かりそうなかりふらさんはともかく、他の方はなんとか呼びたかった。
・このブログで吊さんから応援コメント頂いた際に許可が出たので突っ込む。
ある意味では声を掛けて頂けた形ですね。嬉しい誤算でした。
・選曲は僕がbirdで知ってた2曲のうちの1つです。
ちなみに、既に使ったもう1曲「オアシス」は地元のFMラジオで。
・基本的にアイマスDSのダンス素材を使ったMADは2010年1月24日(うろ覚え)に吊さんが上げた動画が始まりです。そこから連鎖的に広がっていきました。
(かりふらさんとかいろはさんとか一部の方は既に数個作ってましたが)
その時に吊さんが使ったのがbirdの「GAME」。
後に「空の瞳」とか、彼には珍しく同一アーティストで複数使ってたりする。
なので、この選曲の時点で、自分なりに吊さんをVRFの舞台に上げようとした結果の産物でした。
・あと、とにかく、いざとなれば即興で組み上げられると判断しての採用。
本番3日前の時点で、全くアイデアが思い浮かばず、素材撮りしかしてなかった。
ただ、DSMADの現在を形作った人の1人なので、なるべく吊さんの要素を取り入れたかった。
だから吊さんらしく、即興でも合うかなーと。

・その本番3日前に、写真を使う構図が思い浮かんだので一気に駆け込みました。
なんと製作期間2日。
・ダンスの仮組み僅か20分、後は勝手にダンスが合った。涼恐るべし。
前半はしっとりと、後半はエージェントで情熱的に。非常にベタです。
衣装もそれに合わせた形ですね。前半はシルクハットで紳士的?に落ち着いた感じ、後半はダンス衣装開放。
・エフェクト自体はいつもの拡散グロー。またか。
一応、これの前に上げた空色ELLIEの表現は生かされてた、はず。
背景の写真は九州管内(まぁ宮崎メインですが)で撮った写真を色々まぶした感じだったはず。
・ちなみに他に気を遣ってた事として、「枠内でなるべくダンスが被らない」事を意識しました。DSは10曲しか無いから、さっき見た振り付けだー的な状況に陥りやすくなるかなー、と思いまして・・・(別名DazzlingWorld多用防止策)。
例えばこの動画では、「スタッカート」でALIVEを途中まで使ってたので、だったら「途中から」ALIVEを使ってみよう・・・的な発想でした。

くちばしにチェリー→relations、キラメキラリ、DazzlingWorld
souls→ALIVE後半、エージェント
七色→relations、DazzlingWorldサビ、Hello!サビ、THE IDOLM@STER後半
相合傘→(ゲスト枠のため考慮せず)
スタッカート→ALIVE前半、HELLO!、プリコグ

しっかし・・・この振り付けのメモ(注:この記事の雛形は2012~13年ぐらいに書いたものです)見る限り、DS搭載の10曲中8曲使ったのか。逆に言えば2曲余ったのに上手くいくもんだなぁ。
・パブリックビューで、あのGEN-ZOPに選曲いいなーと言って頂けたのが自慢。
あの「七色」とセットで、以前所属してたコミュニティの方に教えて頂きました。
元からbirdは「オアシス」で存在を知ってたし、しっくり馴染んだ形ですね。


スペシャルサンクス→吊さん、某コミュの○○○○さん
[PR]

by icelake876 | 2016-09-02 22:44 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

<< 第12外部プレイヤー置き場(V... 街道生3単品投下 >>