51作目 絵理とナイトドライブ



たわむれに復活させてみる。
カテゴリー1個前の紹介動画が夢子動画なのが泣くしかない。もう作れねぇよ。
(もう一度書くけど、流石に僕の動画が「涼やあずささんを含む夢子以外の全てのアイドルマスターを否定するにあたっての燃料」にされた挙句に個人的な罵倒までされたら、もう心折れるしかない。流石にあれだからお世話になった方、主にami=goさんとかisciaさんの顔(?)を思い浮かべながら必死に動画の案練ったりもしましたが・・・あ、当然ながら夢子本人は今でも好きですよ)


ただ流石に休止期間が長すぎて、大半のを忘れてて手詰まり・・・。
と思ったら、当時書き溜めた簡易版の解説テキストがあったので、供養を兼ねて復活させる事にしました。
ちなみに「まともな」記事は27ヶ月ぶり(苦笑)。全盛期は動画作りながら毎日更新とかやってましたが・・・今でこそスプラトゥーン300時間プレイヤーぐらいにはなれましたが、更に前は趣味すら無いただの廃人になってましたとさ。



・当時のDSフェスタ(なんと3rd。そういや今年の7thあるのかなぁ)直後に作り置きしていた動画。
・素材そのものは同年7月に撮影。
ノベマス「アイドルドライバー」の設定からの着想です。
多忙で未だに追えてないけどな!
↑この上の1行は2013年頃(Q導入後)に書いたものですが、2016年現在も追えていない模様。テキスト下書き見て笑った。悪来さんごめんなさい。自分なりのDSのプロデュースに一区切り付けないと見る勇気が出ない、というのもあったりする・・・見れば満足なのは分かるし動画ごにょごにょもしてあるけど。

・動画は高感度性能も十分なK-rのポテンシャルを最大限に生かした形。
これ、新機材K-rのお披露目動画も兼ねてました。当時の記事はこちら
まぁ、何故かこのカメラ、動画がVGAサイズでも25フレームなんですが・・・せめて24フレームにできなかったのか。
正直、これのためだけにK-5にしようか迷ったけど、値段と重量がネックで断念。
結局、ペンタックスの一眼レフは性能とサイズは文句無いものの重量が2016年現在に至るまでネックとなり更新できず、今はVGAからHD画質まで対応な上に30フレームのQがあるので、動画はそちらになりましたとさ。
ペンタックスQはY電器で叩き売りされてたのを遊びで拾ったものですが、結局大学時代にあれほど憧れた一眼レフは社会人になって体力的に持てなくなったため(レンズが重めのシグマのズームマクロなのも悪手だったか)、今では後継のQ-S1を買い足してメイン機材にするにまで至りました。
実際これの撮影中に手がつりそうだったのを今でも覚えてる。
・もう撮影場所も書いてしまうと(当時Twitter検索かけたら先駆者さんにバレた気がする)、宮崎市南部のバイパス道路です。
現時点のwikipediaの記述「信号機がほとんど設置されておらず、道路の走りやすさマップでは最高ランクの「S」と認定されている」ってありますね。そこの区間です。動画の序盤で信号映りますが、これが赤になってる確率は4分の1程度でしょうか。
メタい事を書くと家族で堀切峠にドライブに行った帰り。
広大な農村地区を突っ切るだけにも関わらず、3km近く延々と青空の中を走るような感じの宮崎県の一般道路では屈指の走り心地を誇る道路(なんせかつての新婚宮崎のルートに直結してる道路)。
余談ですが、確か姫川友紀が自転車に乗ってるってカードがあったはずですが、あれのロケ地は個人的にはこの道路しか考えられないです。実際はワシントニアパームは中央分離帯に生えてるから映り込むはず無いんですけどねぇ、ただそれを加味しようが絶対ここ(しかも道路の南端にあるのが・・・)。
・曲は相対性理論「シンデレラ」。なお当時モバマス未実装。
NRRRで掛かってた「マイハートハードピンチ」が気になって、そのまままるごとアルバムを借りてきて知った形になりますね。
第何回でかかってたかは流石に忘れた。
特にこの曲とミス・パラレルワールドのイントロが秀逸だったので特に耳に残る。
後に、ジェットさんが愛で作ってたシンデレラを忘れてたのを本人から指摘されて悶絶。

・もう語る事が無い・・・。
本当に、気が付いたら素材を撮ってて、気が付いたら動画の構図が出来上がってました。
製作時間も5、6時間・・・いや、4時間以下かも。
曲がものっそい独特なので(そういや月光条例ってマンガのシンデレラもこんな感じだったな)、ほぼ決め打ち一発でルート示された感じ。
だから、動画のクオリティの割には「作りおき」ポジションになりました。
結構、隠れた名作ポジションに上げて下さってた方が多いですね。DS画質も上手く働いてくれてると思う。
・絵理の衣装は「くちばしにチェリー」と同じスコーピオン(真紅Vi衣装)。
大人びたセクシー系をコンセプトに。
セクシー系なので最初は非常に安易な全裸差分。あと流石に寂しいのでVideoStudioの大正義エフェクト「光」でリズム取った。
それ以降も、絵理のダンスはほぼ全部光エフェクト当ててますね。
・ダンスは無理矢理最後の方をリピートで誤魔化してます。
逆に言えば、それ以外はほぼ無編集。テキトーにプリコグとHELLO!を高速シンクロで入れてました。
最初だけダズリン。ちなみにトランシジョンのダイヤ演出は直感で入れた。
・そもそも相対性理論に絵理の時点で思考ゼロ(笑)。
最後の静止画のカットとか絵理の色合いもっと調整できたと思うんですけど。どどめ色じゃねーか。
(同様の色調で力尽きた場面はいつぞやの愛誕動画でもありましたが、そちらは無事eiteiさんに叩かれました。あちらは時間オーバーってのもあったけど)
ちなみにこちらは高速道路ですね。別の日に取った宮崎自動車道です(山之口→都城のエリア)。


・なんでほぼ温存せず、このタイミングで上げたのかは忘れた。
VRF発表前に燃料投下で上げたんだっけ?いや、でもこれVRFに使ってなかったな・・・先行動画にはしづらいし。動画が完成しなかった場合に使う予定だったんだろうか。
ちなみに動画は5月に組んで7月に最終調整して倉庫に入れてたっぽい。
・今になって見返したけど、車窓動画部分にばかり目が行ってしまった。
ただし、そうなった場合は絵理を助手席に置いてドライブしてる気分が擬似的に味わえる副次効果があると発覚(笑)。
ああちくしょうアイドラ見る機会が欲しい。
・PV自体は、むしろ「ミス・パラレルワールド」のほうが内容が近いみたいですね。
見てなかったですけど・・・後で見て焦った。

主なスペシャルサンクス→m6さん、1076さん(20選セレクト)
karasu_01さん、れいんさん、みな川さん(ブログ紹介)・・・以上、当時確認できた範囲内
[PR]

by icelake876 | 2016-07-11 01:04 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

<< 朝比奈みくるのAAみたいなアレ あるPの夢が壊されるまでの経過 >>