50作目 夢子単独旅m@s動画(前編)

天神
BGMはcountry。時間表示。
「アホかッ!」はいっそ特大文字で。
西鉄
P80にツッコミ。車窓は柳川のもの。
小郡
タイトル曲で紹介。後ろに駅。
甘鉄
赤字額最小。
甘木
バスで何か語る?せりざわさんが薦めてた酵母パン見えた。
甘木中央は帰りのショットから。
秋月
間が持たない。秋月の歴史語りながら歩く。
黒門
静止画MAD。さーて上手くいくのやら
最後
甘木駅でラスト。


以上、編集開始時のメモ。




念願の夢子単独動画。
そして、長年作りたかった旅m@sにようやく手が届きました。
微妙な動画を番外扱いしていったら50作目になったけど、丁度いいかな。

・旅m@sは僕がニコマスに入ってしばらくしてから追い始めました。
2009年7月辺りから?(ニコマスを追い始めたのは同じ年の2月ぐらい)
それから、翌年4月以降にノベマス系の動画が追えなくなるまで8ヶ月くらいお世話になっていました。
当時は8割以上の旅m@sを追ってて、一番酷い2010年1月は動画製作と旅m@s視聴だけが現実逃避になっていた。
いや、アイマスDSもリアル1日で1日ぶん(レッスンor営業1回)を進めるのが限界でしたし。
・そのアイマスDS。
前々から作りたかったのが、非りょうゆめの夢子動画。
りょうゆめはハイパー級に大好きだし正義として信じている有様なのですが、
それでも深刻な技術不足も相まって夢子単独動画というものを作る機会に恵まれなかった。
(実はノベマスが1作作れたんですけど、BGMがつけられずにお蔵入り・・・)
・この2つが、合わさった。
DSフェスタ2nd終わって予定が無くなったので、のんびりと作る事にしました。
まー、VRFのオファーが来た訳ですが。
しかも製作期間入る前にこの動画だけ完成させようとしたら前編だけで40日消費、挙句にPCが壊れた。
結果、前後編両方完成させてから投下するはずだったのに(透明人間ノベマス参照)、見事に失敗・・・。

以下、今までの中でも別格に長いので注意。
と言うか前後編。







どう書いたもんか分からないので、パート分けして書くという挑戦。


動画全体のアウトライン

・旅m@sについては先述の通りだけど、何故紅葉になったか。
みそPの「凛として咲く花の如く」を見て、四季和風な場所に行きたくなったのです。
(見たのはニコマス入った初期。当時はノベマスしか追っ掛けてなかったのですが、撫子ロック祭りは少しだけ見てました。「あー、この曲は有名だよな」と思ってて、ブラッキーPのときゃのんPのを追って、あとarakiPで爆笑した記憶がある。その後、みそPのこの動画も見つけました)
・それにしても当時どうやって撫子祭り見つけたんだ?凛咲を知ってたとは言え。
ブラッキーPの動画がどこかで紹介されてた記憶があって、そこから辿り着いた記憶があるのですが・・・。
・まず2009年11月にロケを慣行。
目的地は佐賀県ナンバー1紅葉スポット、九年庵。
当時の富豪が9年掛けて別荘を大紅葉庭園にしたもの。個人の家なのですが、現在は一族が紅葉スポットに9日間だけ公開しています。
9日なのは「九年庵」にちなんで。この9日で23万人が訪れます。
・ところが人・人・人!でとても旅m@sのロケなんて言ってられず、素材は撮ったけどお蔵入り。
当時のメインデジカメでは満足な写真が撮れなかったのも一因(画質だけクソで他は2014年現在のデジカメすら凌駕すると言うぶっ飛んだカメラ)。
何?OptioW30?あれ広角38mmですし、メインでは使えなかったのよね・・・。
・当時から「秋月」は候補に挙がってました。せりざわPが紹介してた場所って紅葉でも有名なんだなー、と。
それに翌年リベンジ。天神を拠点に動ける機会に恵まれたので。
・色々乗ってみたいし、地方ローカル企業に金落としたいから、と甘木鉄道ルートでゴー。
そんな感じで、2010年11月の某日にちゃちゃっと撮ってきました。
当時も割と忙しかったのですが、1日くらいなら・・・と、突撃。
・ちなみに当時は静止画MADの案だけがあって、旅m@s動画の案は考えてなかったです。
静止画MADは、実は元々DSフェスタ1に出す予定だった・・・まぁ、当時の自分の技術力の都合で断念しましたけど。
と言うかPV部分は今の技術力でも本来は作れない動画。

・撮影機材は「OptioP80」。地元のコジマで1万5000円で購入。
高感度画質が壊滅しているものの(ISO200でも画面が溶ける)、電子式手ブレ補正の威力が異常。
画質ワンランクダウンする代わりに5段分の手ブレを補正する当時のペンタックスの秘密兵器です。実質上のシャッタースピードも速くなります。
ハッキリ言って廉価機種だけど、ポテンシャルは変に高く、価格.comでもレビューの平均点が異様に高かった。福岡のローカル番組でも紹介された経歴あり(顔認識を利用した小顔モードが利いたらしい)。
・そのコジマが地元から撤退して、保証期間内にも関わらず、現在修理不能に陥ったと言う後日談あり。
主にヤマダ電器が隣接して巨大店舗をオープンさせやがったのが要因。
(そのヤマダにはまともにペンタックスのカメラが置いてない場合も多い。それがコジマ使った理由)
・車窓動画だけOptioW30。
実は、この当時は故障しててまともにフォーカスが合いませんでした。なので画質かなり落ちてます。
・アイドルのセレクトは・・・「りょうゆめ」の選択肢は自然消滅して、夢子1人で行く事に。
ボツらせた九年庵ロケ自体も完成していた場合は夢子登板予定だったので、まぁ順当に。
理由は後編を見ての通り、似合うと思ったから。
イメージカラーオレンジで、やよいと違って美人タイプのアイドルだし。
後付けですが、こんな記事も参考にどうぞ。シンデレラガールズ関係の記事ですが、「赤が似合うアイドルが珍しい」ってコメントを見てガッツポーズしたのですよ。
今にして思うと、夢子って攻撃的な側面を本編で見せてしまったアイドルだから、それが幸か不幸か上手く働いて、綺麗でこそあれ「どぎつい」印象を受ける「紅色」で彩っても問題なく着こなせちゃうんですよねー。
実際、佐久間さんのSR+のイラストとか赤を通り越して赤紫っぽい(=多少毒々しい)色調になってたし、渋谷さんに至ってはイメージカラー青なのに紅葉温泉で変な感じになってましたが(入浴姿が似合ってたのにも関わらず)、夢子だからこそ正しい意味で「紅」を着こなせたんじゃないかなー、と後付けで理由を追加してみる。
ついでに、堀さんを持ってしても上記のイラストではキュート気味の路線になってるかなーと思います。
・夢子1人・・・ではなく、旅m@sではオーソドックスな「Pとアイドル」の構図にしました。
が、夢子にはPがいないので、カメラマンと言う事で。
ちなみにP=動画投稿者の設定。kuniさん辺りは別人設定ですが。
・一応、「ペンタP」は876プロ最優先で仕事請け負うカメラマン、という裏設定があります。
Pじゃないけど、タグ整理用の名義なのでP付けてます。876プロ最優先のPが1人くらいいてもいいだろう、と。
・「夢子」じゃなくて「桜井さん」なのはその辺の距離感から。
僕が実際にアイマスの世界に入って彼らと対面した場合、コミュ障なのも相まって苗字で呼ぶのが限界かなー、と。
涼だけは律子と苗字被ってるから頑張って「涼くん」で呼ぶ・・・かなぁ。
個人的な妄想で申し訳ない。




前編

・最初の写真と西鉄電車の車窓は別撮り。
・最初の写真。
夢子との集合場所ですが、当初は天神駅(三越)の予定だったけど、人が多いのでいい写真がないか必死で探しました。
結果、別の日に撮ったアクロス福岡の写真を発見。アイマス2に確か出てたはずじゃないか!採用。
どうでもいいけど水準器は未使用です。
・車窓は高架部分だと壁しか映らないので那珂川(大橋)~井尻です。これ地元民じゃないと分からないね。けど悪来さんは余裕で分かったらしい。
あと夢子は窓ガラスの鏡面反射っぽく映してます。前々からちょこちょこ見かけたし、今時の旅m@sでは定着した手法じゃないかな。
・ここで背景に動画を写す関係で、紙クリじゃなくてVideoStudio上だけで製作しました。
(FFS機能の動画じゃ処理落ちしてキツい)
もう何個か旅m@s用の素材のストックがあるのですが、そちらが動画中心で撮ってるから練習兼ねて、ってのもあります。
文字送りを高速で設定して色々と手間を省略。
・デジタル一眼レフは安いものでもレンズ込みで6万円くらい。それ以後はアウトレット品。
少なくともP80はプロが使う機材じゃない。
・「ないわー」は今にして思うと夢子が言わなさそうだし、そもそもメタ要素が入ってるけど、まぁ短いインパクト重視、ですかね・・・。
夢子が言いそうな台詞だと「どういうことよ、説明しなさい」辺りかな?

・とにかく、夢子らしさを出すために悪戦苦闘した辺りは小郡駅の辺りでしょうか。
一番苦労したのは「夢子のアイドル活動がアイマスDSのシナリオ中では映らない」これに尽きる。
響もSP時代はクール系で売ってましたし、プレイヤーの視点と違うアイドル活動してるキャラは割と多い。最強は可愛い系で活動してる魔王エンジェルでしょうけど。
・まぁ、DS予約特典のViDaVoに「お姉さんアイドル」として紹介されてたのと、あとドラマCDがあったのとで、「出会った直後の涼に対して取ってたような猫被り態度」でいいかなーと判断。
ただ、これじゃ夢子っぽくない(笑)。
という訳で、夢子がツンツン系アイドルなのは何故か視聴者が把握してる、という設定を追加。
・そんでもって、仕事モードを導入してみました。
あと、こういうのは真面目にやるだろう、と思ったので事前資料丸暗記させてみた。夢子は小悪党だけど、断じて仕事には手を抜かないタイプですし・・・。
ただ、「夢子が取りそうな行動」を取らせただけで、「夢子の魅力」を引き出せたかと聞かれると、怪しい。
要精進ですね。
・地図は「ちず丸」から取って来た覚えがある。今は現存しませんね、このサイト。
パンで拡大路線図に映る演出とか割と上手く行ったと思うんですが。
ここもテキストとかに悪戦苦闘したり。あと「甘木市」の方が名前がしっくり来たので、こっちで呼んでます。地元が福岡のやらしいさんも20選コメントで甘木市の合併に驚いてたし、正解だったと思う。
要するに、とにかく鉄道使ったアクセスが簡単だと伝えたかったのですが、これ通じたんだろうか?
あと地方はマイカーのが多いだろうけど、省略。車関係は苦手なので。
・ここからは甘木鉄道の紹介を意図してやってました。
旅m@sと言えば鉄道旅行よね。まぁ、その偏見は良くないけど、僕自身が一応鉄道クラスタだったりするので・・・。
・この辺りから、夢子の立ち絵を、いちいち色調補正してました。
目の前の高速道路と地平線まで続く高架線路と言う景色に圧倒されたので、これを見せたいなー、と。
なので夢子も朝日色にしてみました。ここは、とりあえず明るさの設定だけだったかな?
・BGMもアイマス外から持ってきた。FF10の幻光河です。
曲名は「萌動」。と言うかこの辺りの画面そのものが幻光河の色調ですね。
・甘木鉄道を応援する桜井さん。
彼女の判断基準は、何事も本気でやっているかどうか。なので正攻法で成果残してる企業は応援するはず。
・料金表は、始発終点以外では一番大きい町と思われる太刀洗が映った地点を狙って撮影しました。
確か戦時中の基地があったはず(oらzPの福岡県m@sterから)。
・甘木駅到着の写真はデジカメ持った右手を高く掲げて撮影。
これぞデジカメの真骨頂。あと機材が軽量だし。
・しっかし、このバス連絡設定してたんでしょうか?
ものすごく面食らった・・・。この手のコミュニティバスでそういうのは無いと思ってたんですが。


後編はこちら。
[PR]

by icelake876 | 2014-02-03 23:46 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

<< PV紹介らしきもの140206 50作目 夢子旅m@s(後編)... >>