ニッチを続けるってのは難しい

ピコイチ旋風が止まらない。

慣れてるのでピコイチって略称で書きますが、「ニコマスとP」から始まった企画系ニコマステキストの波が凄い。

「内科部長の焼肉論文」ってのが最近流行ってるみたいですが、それも「ピコイチ」が雛形にはなっているでしょう。
と言うか内科部長がピコイチにうぎって、みしお子Pにロゴ作って貰ったらしいし。
(ピコイチはデザインセンスが動画から見ても尋常じゃないハバネロPがスタッフに参入したので、この手のデザインには困らないでしょう)


とは言っても。
これ、コアなニコマス層のにしか働かないんだろうなー、とふと気付く。

まぁ、そもそも告知自体もTwitterを中心とした割と内輪の方面でのものが中心となってるし、難しいんじゃないかな・・・。
告知動画が存在すれば別だけど、それも大量に行える訳では無いし。ニコマスの企画だけどメインがブログ、って時点でどうしても仕方の無い面ではありますが。

アクティブなニコマス層の中でも、Twitterをやってる人ってのはプレミアム会員の割合ほど多くは無いと思う。
だから、案外知名度は1割以下だったりするのかも・・・。








もしそうだとしたら、逆に凄いぞこれ。


最近の日本ってのは「多数決は正義」と言うか、ニッチな層のジャンルは衰退する傾向にある。
採算が取れなくなってしまうような情勢だから。

僕が子供の頃、自由研究の都合で月刊の天文雑誌を買った。
ところがその雑誌は次号が廃刊だったのである。
編集者の後書きページには「廃刊理由は、『この雑誌の売り上げが全経費を下回っている』と言う漠然とした事実に拠る」と記されていた。

ただ。
その後書きには、こうも記されていた。

「世間全体が『星なぞ眺めている余裕が無い』と言う情勢になっている以上、仕方の無い事なのかもしれない」

後書きは最後のほうの1ページを使って長文で書かれていたものだったけど、廃刊の事実よりも、その一文に一番悲壮感がこもっていたように感じられた。
もっとも、その後継雑誌は現在まで続いているので、立て直しに成功したようですが・・・。
(ってか天体趣味を離れた僕でも未だにちょくちょく名前を見かけるし、詳しい人なら一発で分かると思う)








ピコイチはどうだ。


逆にニッチな層ほど受ける。




しかも雑誌の体裁で。








トドメに無料。








・・・ニコマス怖いわー。

編集者のお三方、頑張って下さい。
しっかしひでぇ紹介だなおい(笑)。


「ニコマスとP」
[PR]

by icelake876 | 2013-05-30 22:53 | 雑談(アイマス系) | Comments(0)  

<< 律子さんおめでとー2013 たまらんかわええ >>