ペンタックスQと名鉄岐阜駅周辺あるき 3/4

今回は、ちゃんと日中の写真です。

記事のタイトルは元々は「ペンタックスQ×名古屋鉄道」だったのですが、言うほど鉄道写真ばかりじゃないのでタイトル変更した結果がこれです。
別に裏路地とかまで周ってる訳ではないので、こっちも看板に偽りありっちゃありなんですけど・・・。






d0160172_23331224.jpg
そんな訳で、今日も今日とて写真を撮りに行く。




d0160172_23331146.jpg
やっちまった。

前の記事で書いた「モニター表示のタイムラグ」をモロに喰らう。
普通に撮ったはずがこれだよ!
マジで架線柱とかで肉眼で位置決めして撮った方が良かったかもしれん。ってかK-rの光学ファインダーが欲しい。
(そのため、翌日にガチでラッピングトレインの写真を撮りに行った時は、K-rで光学ファインダーとライブビューをガンガンに切り替えながら撮影したとさ)


d0160172_2333411.jpg
結局、スナップ気味の写真に切り替える。
何故か帽子が落ちていた。


d0160172_23334264.jpg
踏切が鳴ってないので、車が来ていないのをいい事に撮影。
敷地には入れないので、道路から手を伸ばしてます。
コンパクトデジカメならではの機動力。
やっぱ、Qの標準ズームは意外と寄れるのも強みだ。
(85mm。シャッタースピード1/1000秒、F5.0、ISO125、露出-1.0、ホワイトバランス太陽光)


d0160172_23413043.jpg
少し離れてみる。
そしたら・・・花の咲いてる喫茶店があった。
(ちなみにこの写真、HDRオートで撮影)


d0160172_23331560.jpg
こんな鉄道写真。
割と前からこの手の写真は撮ってるけど、突き詰めようとすると、むずい。
花の鮮やかさを出したかったので、「ゆる鉄」方面にはせず、鮮やかモードのまま撮影。
フレーミングとタイミングがむずい・・・三脚が欲しくなるような状況だったけど、持ってないし、そもそも軒先に三脚を立てる訳にも行かない。
ただ、相当に気に入ってる雰囲気の写真です。

背景の名鉄の車両(金魚鉢)がギリギリ分かるのがポイント。
これ、1/2.3型CMOS搭載のQで、しかもF8まで絞ると言う荒業で撮影しました。
一眼レフ系統だと不可能な写真ですね。

ちなみに、回折ボケはあんまし気にならない程度だった。
元からコンデジゆえに解像度はそこまで高くないので・・・オマケに、それを後からファインシャープネスで無理矢理ブーストしてるから、全然見た目は変わらなかった。
(85mm。シャッタースピード1/320秒、F8.0、ISO200、露出+0.3、ホワイトバランス太陽光)




d0160172_23344546.jpg
ここで撮影場所を変える。
パノラマスーパーが岐阜方面まで向かっていったのが見えたので、折り返しのシャッターチャンスを狙おうかなー、と。

移動してきたのは2つ隣の踏切。
ここだとカーブしてる場所が見えるので、ここで狙う事にした。
折り返し狙いといい、スポットといい、子供の頃から馴染んでる地域ならではの撮影法。

それにしても「とみだ湯」も「広江の漢方」も息が長いなー・・・これ、何十年前からあるんだろうか。
この辺りはJR岐阜駅まで歩いて6、7分の立地にも関わらず、こんな古い町並みが残ってて、名鉄名古屋本線はこの辺りを縫うように通っている。
おそらく、近くに中山道が通ってるのも要因。

この風景は、10年後くらいに高架化する予定があるので、そろそろ無くなるかもしれない。
前々から話だけは挙がってたんですが・・・。
名鉄のダイヤの障害になってるのは痛いほど分かるので(カーブが多い上に駅直前の陸橋が単線区間になっている)、複雑な心境である。


d0160172_23343486.jpg
この踏切も、かれこれ20年以上前から見てる。
けど、いつの間にかLEDが導入されていた(拡大すると分かります)。
さり気なく代替わりしていたらしい。


d0160172_23341996.jpg
竿自体は平成6年8月更新だったらしいけど。
かれこれ19年、この場所を仕切り続けているらしい。
僕が5歳前後だった頃、車がこの踏切に閉じ込められて、それを祖母と談笑していた近所のおばちゃんが「あーもう仕方ないねぇ、ほら!」と竿をひょいと上げて車を発進させてたのが未だに某氏との間で神話として語り継がれている(笑)。


d0160172_09034.jpg
ちょいとテスト撮影しつつ・・・。


d0160172_23344577.jpg
撮れた。
ここまでパノラマスーパーをきっちりとデジカメで撮れたのは初かな。
僕がデジカメを手に入れた辺りから2200系が導入されるようになったので、意外と機会に恵まれなかったのですよ。
多少青っぽい気がするけど、構図がきっちり撮れたので、満足。
(85mm。シャッタースピード1/500秒、F5.0、ISO125、露出+0.7、ホワイトバランス太陽光)




d0160172_0141394.jpg
更に更に場所移動。
本当に名鉄岐阜駅からすぐ近くの場所。

ここから草ぼうぼうの場所も多いので、カスタムイメージを「風景」にセットしました。
クイックダイヤル大活躍。


d0160172_0151338.jpg
この辺りは、昔はJRが地上線になって交差していた。
名鉄はその上を越える線路だったけど、越えていたのは並行して走っている道路も同じだった。
そのため名鉄と道路が並行して高架になっていて、陸橋と呼ばれていた。
正式名称は「東陸橋」。

けど、かれこれ20年くらい前に、JRが更に上を通る3階部分の高架線路になった。
そのため、数年後に陸橋は取り壊された。
今では陸橋に登る坂の跡地だけが廃墟状態となって残っている。


d0160172_0122596.jpg
昔はここに歩道橋もあったんですが、陸橋撤去のさらに数年後に何故か取り壊されて、押しボタン式の信号に変わりました。
この歩道橋も撮影に便利だったんですが・・・。
なので、見ての通り名鉄の写真を撮るにあたっては非常に厳しい。
これ、確か手を伸ばして撮ったような記憶もあるんですが・・・それでもこの状態。


d0160172_0124734.jpg
折角こんな小春日和のいい天気なのに。
なので・・・。


d0160172_012996.jpg
またまた移動。
JR岐阜駅の南の地域である。
アニメイト岐阜店もあったりするけど、基本的には駅前の広場と合わせて、公園みたいな雰囲気で整備されている。
いっそ離れたら坂道跡も邪魔にならないし、いけるかなー、と。

それに・・・。


d0160172_0292831.jpg
極めつけが、これ。

清水川。




ここまでで長くなりすぎたので、再度分割。
次の記事で最後です。
[PR]

by icelake876 | 2013-05-22 21:24 | 雑談(よろず系) | Comments(0)  

<< ペンタックスQと名鉄岐阜駅周辺... ペンタックスQと名鉄岐阜駅周辺... >>