46作目 キュンキュンメガネ夢子登場

記事名はRYさんこと某Pのマイリストコメントから。



何?カクテル7?見るとしても後追いだよ。
そんな訳で即反映は無理だと判断して自作記事を今のうちに更新しておく。





・涼誕動画は2年連続でノベマスとなりました。
発想としてはシンプルで、元ネタはこの年の2月に投下した「メガネを外せば王子様」。
逆に、夢子にメガネを掛けた。それだけ。
後は爆裂俺の妄想力(笑)。
気が付いたら、逆に涼が夢子にときめく展開が浮かんでいた。
結果的に、これ涼を祝うに相応しいんじゃないかと思って涼誕に投下。
だって、普段は鈍感その他色々で自分の環境に気付かない涼だぜ?逆にこういう展開にしたっていいじゃないか。りょうゆめだもの。
・DSフェスタにノベマスも投下できたし、文句なし。
と言うかDSフェスタ3rdの時も「ノベマスとPV都合のいい方に突っ込んで下さい」とファミエリさんに伝えてた。まぁ結局動画作る時間なんて無かったんだけど(結局出したのは作り置きのサイネリアPV)。
・あ、メガネはPixiaでちゃちゃっと。
黒い楕円をツールで引いて、線の太さを細くして赤い楕円を重ねて・・・。
それを別レイヤーで夢子に重ねた後、夢子のレイヤーに撤収して頂いたらメガネのできあがり。
・ってか桜井さんメガネ似合いますね。
一応それなりに頭の回る部類に入るキャラだから(独自の思想があるから意見がしっかりしてるってのが大きいんでしょうけど)、知性系のメガネも難なくコーディネートできる。

・まぁ、シナリオは例によって手なり。フィーリングでメモも使わずに考えています。
「あの鈍感日本代表がメガネ1つで豹変するはずが無いし」の台詞一発で、普段と逆に夢子が涼に気付かないという状況を互いのキャラを崩さずに実現。
・ただ、そこからがイマイチ収拾が付かなくなってしまった。
単純に、シチュエーションはともかく、オチが付かない。
・そこで、ふとした思い付きでキューピッドを1人混ぜてみた。
その名は、高槻やよい。
あっという間に今のシナリオが完成。
今にして思うと、このシチュエーションを「何の下心も無しに」「純粋な気遣いで」指摘を入れられるスーパーピュアガールなんて彼女しかいない。
オマケに、この2人が最もお世話になったキャラの一角である。
純粋に仲のいい先輩後輩として会話してる所が見たかった。
・ただ、シチュエーションが分かりにくいとami=goさんに指摘されていた。
うーん、説明台詞を入れずに進めた方がテンポがいいんだろうか、と思ってああなったんですが・・・。
一応、僕の想定では、やよいが765プロの合宿に行く事になって、その前に貯まってる家事の片づけが必要だから、涼と夢子が手伝いに行く事になった・・・という感じだった、はず。
うーん、どうも下書き無しで一か八か紙クリに特攻して一気に書いたっぽいから覚えてない・・・。
・なお、今では長介がアニマスで家事能力ゲットしたので非常に通じにくい話ですね。
(長介そのものがアニマスオリジナルな気もするけど、今まで設定だけだったし)
ちなみにアニマス第7話のニコニコでの配信は9月中旬。第8話まで貯めてから見たので当時未見。
・それにしても、「いや、じゃなくてううん、の方がやよいっぽい」のコメントは凄まじい破壊力。
確かにあそこ変えただけでやよいらしさ数倍増し。どこのノベマスPだったんだ。
・ちなみにこれ、「メガネが無くても」の台詞以降は夢子がメガネを外す予定だった。
ところが外し忘れたまま紙クリのタイムラインを埋めてしまったのです(アホ)。
・女の子のオシャレとか、その辺りの知識は女性経験が1mmたりとも無い僕が想像して書いたもの。
空想の産物なんで事実と違ってたらすみません。
むしろ、マンガでよく見る女の子の可愛い仕草のテンプレのつもり。

・僕のノベマスは総じて恥ずかしくて見返せないので(例外がメガネを外せば王子様)、以上の解説文は結構投げやり。
うーん、製作直後に書いておけば良かった・・・。
(この記事の文章の9割は2012年の5月に書いたものです)


スペシャルサンクス→ami=goさん、こえらさん
[PR]

by icelake876 | 2013-02-15 00:22 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

<< 未来へ向かう美希のステージ かくてるぱーてぃ7 大あばれサ... >>