画質とかダンスの完成度とか凄いんですけどね・裏

時間が経ってから過去作品の凄みを実感させられることってあるよね、という話(めぐりあいクロニクル)


この前、僕はこの記事に対して「SPでも『HDとか関係無しに素直に凄い』と言わせる動画は難しいのか・・・」的な記事を書きました。
(立場的に後に引けなかった。SPじゃなくてDSだけど)


ただ、こうなったのは、もう1つ理由があると言えばありまして。

記事のメイン、「時間が経ってから~」に同意できなかったからです。
もっとも、これは批判ではなく、僕が「考えを曲げない」と言う性質持ちなので(笑)、前に凄いと感じたものは変わらず凄いまま・・・的な評価に終始しやすいから、と言う相性面の問題があるからです。
なので、上記の話題には触れられないまま終わりました。






・・・別に。
書いてから「無理だった」でも、遅くないんじゃないか?

と言う訳で書いてみました。
僕が過去(割と昔)に気に入った動画の中で特に印象に残ってるのをピックアップして、上記の観点でコメントしてみます。

記事の内容がどうなるかは未知数。
そして、この記事だけで5日掛かってる有様。








あるつP(現在は蜂P名義に集約されてますが)の伝説の動画。
完膚なきまでにオールスター。シンクロも何度見ても凄い。
うん、やっぱ凄い。終わり。

・・・ただ。
僕がこの動画を見た当時、まだアイマスDSにははまっていませんでした。
(「DSでアイマスデビューしたいなー」とは思っていたものの、当時は無名のボカロPだった段階)
なので、後になってから「動画のイントロ部分の公式動画パートでDSのプロモーションビデオが使われてる」という事実で更に唖然としたり。元から審査員まで導入したオールスター動画でしたけど。
なんと、実に6秒は写っている。VRF10のDS組の総登場時間より長い(笑)。


・・・あれ?思ったより語れね?
もっとも後が続かなさそうだけど、ただやるだけやる価値はあると判断。






当時と感想変わらず。
「このタイプの動画を他にやる人はいないだろう。そして映像面でも圧倒的。凄い」






逆に評価が下がったかもしれない。
あくまで相対的に、ですが。

僕にとって、ニコマスを見始めた頃の最強PVの一角。
圧巻の高速m@ster。タップダンスのセンスも凄まじいし、「ダンスで語る」感じが見事。いや、着飾らず淡々と全員でダンスを回す事でオールスター感を引き出している、という感じが。
おそらく、「アイドルがステージ上で踊るダンスPV」として、ある方向を極めたという点での一つの最終形態じゃないかなー、と当時信じてました。
同様の「突き詰めた最終形態」という感想は096%Pの「Sunny Day」でも持ったものです。上で紹介した2つもそんな感じかも。

ただ・・。
「高速m@sterの最終形態」という一点に関しては、後にハニハニPnarayadoPと言った動画を僕が20選やらで見つけたので、最終形態ではなくなってしまいました。
何と言うか、Festivoと同じ舞台で肩を並べられる動画があるんだなー、的な。

僕にとってニコマスの聖典の1つなのは変わりませんけどねー。
実質この動画でVS買いましたし。
ただ、何者も寄せ付けないカリスマ性、という印象は流石に受けなくなったかも。






未だにたまに再生する。
割と画質がいいんでHDでも大差ない印象があるかもです。






旅m@sはどれも当時と同じ感覚です。
当時は旅m@s中心に活動してたPは、ほぼ全員何か1つは長所と言えるものを持ってたので、今でも凄いなー的な感覚は変わらない。
時間が掛かるので追えなくなってしまいましたけど、今でも応援してますし、動画作りたいと思ってます。






これかなー。
初期に見たりょうゆめ動画はこれとかこれがありますが、後からじわじわと「涼と夢子が同じステージで踊っている」というシンプル極まりない構成が産む破壊力の凄さに気付いたりしました。

僕が唯一アイマス動画がセカチャク完走した瞬間を見た動画なので、思い入れも大きい。






ホント、相変わらずこういう観点で絵理に触れてくれる動画って少ないよね。
なので評価は変わらず。

・・・むしろ変わって欲しい、とも思うけど。
あとハバネロP本当にありがとうございました。
この動画は未だに僕にとって、ニコマスでトップ10に入るくらいに「水谷絵理」を引き出した動画です。






「全部浅倉さん」に気付いたのが後からだった。






まさか、ここまで夢子界隈を引っ張り続けてくれるとは思わなかった。










結局、僕が「時間が経ってから~」に対して、即答でYesと言えるのはこれくらいだと気付いた。
ニコマスで最も早く見た動画の1つ(元々バトレボ動画としてむらたんPのポケマスを追ってからニコマスに入ったから。それまでもアイマスは一時期アイレディ視聴者だったりしたから知ってたけど)。

とにかく、キャラの再現性がノベカク界隈では「綺麗」と言えるレベルにまで丁寧。
何と言うか、普通に完成度高いなーと思いながら最初は見てたけど、後に他のノベマスを色々見てから「この動画って相当丁寧に台詞回しとかも作ってる」と気付いた。
たまに紳士ネタとかも混じるけど程々で、「良心」とまでは行かなくても、これは僕にとっては良心と言えるレベルなのではないか、と。
「ばんなむ!」も同様。

最初に見たニコマスが、むらたんPの動画で良かった。

・・・って、これ何度か、このブログで書いた覚えありますけどね(汗)。




こんな感じで。
オチもなく終わる。

ただ、「時間が経ってから~」に対して実際に考えた思考過程を公開するという意味では反応記事になってるかなー、と思ったので、練り込み足りてるか分からないけどこのまま投稿。
[PR]

by icelake876 | 2012-10-21 21:16 | 雑談(アイマス系) | Comments(0)  

<< イノセントブルー1巻感想 画質とかダンスの完成度とか凄い... >>