画質とかダンスの完成度とか凄いんですけどね

時間が経ってから過去作品の凄みを実感させられることってあるよね、という話(めぐりあいクロニクル)


なんか最近噛み付くような記事しか書けそうにないのでブログ封印してましたが、記事の内容が内容なのでツッコミ入れたくなった。
・・・すみません。
あとついでに、「我那覇くん」は否定しませんが、我那覇くんって呼称よりも響って呼称の方がメジャーだと嬉しいです。




最初に。


そら可愛いよ。SPとか関係なしに。

とりあえず、この動画を見て1つだけ、言える事がある。

「この動画を作るにあたって追求されたのは、『我那覇響の可愛さ』」


いや、流石に・・・ねぇ。
「SPでどれだけ凄いのを作れるか」は無いと思います。
あったとしても、それは「響や貴音の使えるSPでこれだけ作れると魅せたい」のが近いんじゃないかなー。


この動画の領域まで来ると、アイマスSPの動画の性質に関して、流石に少しは意識しないと難しいのは間違いない事実だと思います。
ダンスモーションが多少堅い感じがするとかジャギが強めとか、瞳の色が黒に近くてアイドルによっては強烈に可愛いとか。

ただ、それを意識して動画に生かしたとして、それをメインにするか、というのは別。
あくまで、響を引き立てるためにSP素材の見せ方を追求する、という流れなんじゃないかなー、と。




そんな動画が、そりゃ可愛くないはずがないよなー、と。

と言うかSPMADで7万再生か。うひゃあ・・・。




・・・と、ここまで書きましたが。

この記事のタイトルは「時間が経ってから過去作品の凄みを実感させられることってあるよね」。
だけど。
あまりに他の部分が気になり過ぎたので、本題はそっちです。


結局、アイドルマスターってのはHD画質で平然と踊るアイドル達の強烈なインパクトが魅力の1つだから、そりゃHDが中心になるでしょう。
あれが5年半前の技術で可能だったんですから、当時にしてはエポックメイキングです。

けど、普通にSPでもDSでもアイドルでダンスPV作るのは簡単にできるんじゃないかなー、と。
納得行くものになるかどうかは置いといて、成立させるだけなら余裕です。
・・・ここら辺は、「愛絵理涼でPV作れるんだよ!」と2年間の間推し続けた立場上どうしても出てくる言葉ですが。サーセン。






要するに。

im@sコラボPVというジャンルは、SPMADを見て「これがHDだったらもっと凄い事に・・・!」と考えが出てきてしまう文化なんだなー、と。




やっぱ、僕は動画の感想で何度か頂きましたねー。
「HD画質のDS組来ないかな」と。

うーん、なんだろう。




アイドルマスターは765プロのアイドルを中心としたゲームです。

ただ、最近は多少の疑問が投げかけられる事は多々あります。
(あくまで一極化傾向なのが問題なのであって、765プロのアイドルは魅力的だと思うんだけどなー)


im@sコラボPVはHD画質を中心としたMAD文化です。

あまり、これを疑う層はいないようです。
そりゃそうだ。




・・・著しく偏見が入る立場のPなので、この文章は、ここまで・・・。


そんでも最後に一言。
たぶん、SPハピマテと据え置き機ハピマテが並んだ場合、どう考えても前者の方が労力を要するので、前者の方が圧倒されるんじゃないかなあ。
[PR]

by icelake876 | 2012-10-16 01:18 | 雑談(アイマス系) | Comments(0)  

<< 画質とかダンスの完成度とか凄い... 発想15分製作時間15分 >>