42作目 愛と一緒にNNW11

「お世話になったNoNoWireに、今回も愛と一緒に出たかった」
「すばせかの曲で作りたかった」
その2つを完璧に両立できたので嬉しかったですねー。







・個人的呼称「ゲーム音楽三部作」の一つ。
なのだが、どう考えても涼、絵理よりも出来が飛び抜けてしまっている。
やっぱ僕は愛が一番動画作りやすいんかなー。
・曲は前々から使いたかったけど、難易度が高過ぎて踏み止まっていた「すばらしきこのせかい」の曲。
DSの5年以上前のゲームにも関わらず、BGMは大半がラップ中心の声入り楽曲。最後はムービーを一部削除して詰め込んだ。
正にここ数年のスクウェアの本気と言ってもいい隠れた名作で、とうとうキングダムハーツの場にて再登場を果たしました。続編製作には達しなかったゲームのため、何気にHD876トリオばりのミラクルと言ってもいい。
ちなみに音楽担当の石元丈晴さんが同じ県出身と知ってもっと驚いた。日南らしいですね。
・もっとも吊さんにサムデイ先にやられましたが。
「げっ、すばせか×アイマス!?しかも総理さんかよ!?・・・ってウソm@sね、まだ良かった」と思ってたらPVで被った。
しかも軽く探りを入れたら未プレイだったっぽい。うぎぎ。あーどうすんだこれ。

・奮起したのは、これがNoNoWireの資格を満たしていると気付いたため。
NoNoWireは「実はヒップホップもあり」とNRRRで聞いていたのを不意に思い出した。
元々この祭り自体、参加したいのに曲の知識がなくて困ってた所があったので、こうなったら行くしかない。
・とにかく、横着してVideoStudioの万能エフェクト「光」だけでクリアしてしまおうと考えた。
と言うか、このエフェクト使い過ぎるとネタ切れが見えてくるのでなるべく抑えたいんですが、
もう今回は待望のすばせか動画だから、何としても作りたかったので完全開放。
・イメージはディスコでしょうか。ライトがぐるぐる動く感じ。
と言った感じで行きたかったんですけど、まー無理なんでライティング設定を細かく変えまくる感じで。
・素材はTシャツエディットの時の動画。
実は、愛はこのTシャツ+ライブハウスで10曲分ダンスを撮ったんですけど、今回あえてエージェントのみで。
しかも長回し。
他の工夫は最初のリズム合わせのフラッシュのみ。やっぱりリンPのjumperの影響。
・後は語る事は無いのですが、光エフェクトの調整は相当細かくやってます。
VSの光エフェクトは角度、仰角などの設定があるのですが、これの調整だけで3時間は掛かりました。

52秒まで→赤い光で、闇の隙間から覗く愛。
1分22秒まで→赤と白、二条の光に照らされて、愛の姿がハッキリと映し出される。
1分36秒まで→赤い光は徐々に集束して脇に周る。路地裏の街灯のような明かりの下で続くダンス。
1分49秒まで→照らす光が急に集束。幾重もの細い光が愛を照らす。
1分50秒→赤い光のみ。
それ以後→光は色を変え、愛を包んで溶け合うように一緒に踊り出す。
ラスト10秒→最後は赤い光に戻っていく。

・・・とまぁ、そんな感じで、ストーリー?と言うほどでもないものの、光だけで展開を持たせてみました。
ラストの飽和したような色合いは、まぁベタな演出かも。
あと日高愛マジセクシーガール。

・「すばらしきこのせかい」は本当に好きなゲームです。
なので、ラストにもコラボ演出を取り入れました。
相方の画風トレース能力に完全に依存した野村さん風味日高愛(厳密には「小林さん」寄りか)。
電子線も相方に準備して貰いました。
・今年(2012)も愛を連れてNoNoWireに遊びに行きたいのですが、行けるかなぁ・・・。


スペシャルサンクス→karasu_01さん、○daiさん、相方他色々
[PR]

by icelake876 | 2012-07-26 23:58 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

<< 20選の候補リストに入れ忘れて... 何度でも僕は「なんでこの主催の... >>