愛絵理涼でHの先(後編)

上の記事の続き。1942文字オーバーにて分割。



Na

愛「塩にも入ってるんですよね」
涼「塩化ナトリウムだからね」
絵理「ナトリウム単体では、リチウムと同じくナイフで切れて、空気で酸化しちゃう。
水に入れると、炎上。いっぱい水に入れると・・・」

涼「大爆発するみたいだね。実験映像で見たけど、間欠泉みたいに爆発してた・・・」
絵理「これは、炎色反応だと、黄色?」
愛「・・・塩を燃やしたらどうなるんですか?」
絵理「うん、黄色く・・・燃える」
愛「へぇー!ママにやって貰おうかな」
涼「やっぱ危ないから保護者の人がやるのが一番かもね。
・・・舞さんだったら大丈夫かな。別の意味で大変だけど・・・」

絵理「食塩山盛り太郎・・・大炎上?」
涼「有り得るからやめて~!」
愛「・・・やっぱ、やめます。
まなみさんか社長にお願いしようかなぁ・・・」



Mg

愛「ま・・・マンガン?マンガン電池ってのもありましたよね」
絵理「マンガンは結構後、Mn。
これはマグネシウム。最近だと合金とかでも目立ったりする、軽い金属。
最近では、高性能なカメラは、マグネシウム合金製なのが、お約束。
一眼レフだと、安いものはプラスチックボディが多いけど・・・ペンタさんのK-rも、そう」

涼「一円玉のアルミとかが軽い金属だと身近だけど、これはもっと軽いね」
愛「燃やすとどうなりますか!?」
絵理「・・・真っ白」
涼「あ、そっか。真っ白だね。
日食グラスを用意した方がいいかも・・・」

愛「そういう意味で真っ白なんですか!?き、気になります!」
絵理「・・・今度、マグネシウムリボン、秋葉原で探してみようかな・・・」


Al

愛「アルミホイルってアルミですか?」
絵理「あ!身近すぎて、忘れてた・・・うん、その通り」
涼「軽い金属の代表格。1円玉が代表的。
さっきの『コランダム』もアルミを含むって言ってたね」

絵理「ジュラルミンの主成分だから、色々合成すると、強度も抜群?
アルミは鉱山では採掘されず、代わりに『ボーキサイト』っていうアルミを含んだ鉱物から、加工します」

涼「新幹線なんかは、軽くて丈夫じゃないといけないから、アルミ合金が使われてたと思う」


Si

愛「し・・・しー・・・」
絵理「ケイ素。さっき言った、土とかの鉱物の原料の1つ?」
涼「水晶が二酸化ケイ素だったっけ?」
絵理「あと、太陽電池とかも、ケイ素を含むシリコンが材料。
それと、半導体・・・パソコンにも重要な、無くてはならない元素。
炭素と似たような化学的な性質だから、色々な特性を持ってる」



P

愛「尾崎さんですねっ!」
絵理「うん、尾崎さん!」
愛「で、なんでしたっけ・・・」
涼「リンだね。って、これも最近デビューしたアイドルの名前じゃないか・・・」
絵理「低温で発火するから、マッチに使われる。
あと、体内のエネルギー源、ATPの構成元素でもある?」

涼「へー、ATPにリンって含まれるんだ」
愛「ATP・・・VRFの時にペンタさんが頭を下げに行きたいって言ってたPさんですね!」
絵理「愛ちゃん黙って。20選、頑張って下さい!」


S

絵理「・・・確かに、SかMかって言われたら、Sだと思う。
周りからいじられると、リアクションができないし、そういう意味でも。
でも、人との距離感を掴むのが大変だから・・・加減が難しくて、迷惑を」

愛「へー、Sって硫黄なんですか!
硫黄!そうだ、皆さん温泉に行きましょう!」

涼「・・・え、僕も?まぁ、混浴は無いよねきっと・・・(神に祈りながら)。
あと、たぶん科学の授業で使う物質で一番危険な、硫酸もこれだね。
水で薄める場合は、水に少しずつ硫酸を加える形にしないと、大怪我をする事もあるから気をつけて」

愛「硫黄はドSなんですね・・・絵理さんはドSでも何でも絵理さんですけど」
絵理「・・・あ、ありがとう・・・!」

※ちなみにニコマス的に言うと二酸化硫黄は当然の如く毒物で、水に溶けると一部が硫酸になるので酸性雨の原因にもなります。
と言うか流石に四日市ぜんそくの主犯の一角だから説明要らないか・・・?作風アレだったとは言え、彼はこのP名をどんな気持ちで名乗ったのやら。ただ、ある程度納得は行く。


Cl

愛「塩素は毒でしたよね。プールにも入ってますけど・・・あれって、大丈夫なんです?」
絵理「プールだけじゃなくて、水道水にも含まれてる。
けど、人間が飲んでも安全な濃度内で調整されてるから、大丈夫。
ただ、都会ほど、塩素の量が多くなるから、東京大阪では1年に10人くらい被害を受ける・・・らしい?」

涼「それでも塩素無しの水だと悪いバイ菌だらけなんだろうけどね。
あと、消毒にも使うね。それと、食塩の主成分。塩酸も重要かな」

絵理「塩素単体は、黄色い気体で色が付いてる?
水に、かなり溶けやすい。アンモニアほどじゃないけど」



Ar

愛「アルミさっきやりましたよね?」
絵理「これはアルゴン。
空気中で、窒素と酸素の次に多くて、二酸化炭素よりも多い。
これも、希ガスで安定した気体」

涼「化学反応を起こしにくいから、なんか色々な用途が・・・あったような・・・」
絵理「物質の、保存?周りをアルゴンで充填して、反応を抑える」

K

愛「か・・・きくけこ・・・分かりません!」
絵理「カリウム。これも体内に必要なミネラルの一つ。
炎色反応では紫色の、アルカリ金属。これも水と反応すると、危険?」

涼「ミネラルウォーターに入ってたりするよね。
ナトリウムとか、カルシウムと比べると、あまり馴染みが無いけど・・・」



Ca

愛「やっと20番目ですー・・・。
カルシウムですね、牛乳にも骨にも入ってるんですよね!」

絵理「うん、その通り。
炎色反応では、オレンジ色の炎。石灰石は、カルシウムと炭素と、酸素がくっついた鉱物」

涼「えっと・・・石灰石は二酸化炭素だっけ・・・」
絵理「石灰石と、塩酸で、二酸化炭素。
厳密には二酸化炭素と水と塩化カルシウム?」



Sc
愛「何ですかこれ!?
絵理「・・・分からない・・・」
涼「ぼ、僕も無理・・・ショートカットじゃないし」

絵理「な、何これ・・・?スクリーン、でもないし。ストロンチウムはSrだし。
これさえ分かれば、チタンもバナジウムも分かるし、イットリウムまではだいたい分かるけど・・・」

涼「分かるの!?」
絵理「イットリウムは、確かテレビか液晶モニターか、どっちかの画面に使うレアメタル?
ブラウン管テレビ・・・だと、思う」

涼「まぁ・・・21番目以降は、学校じゃ教えてくれないからね・・・。
Tiはチタンなんだね、これは分かる。丈夫な金属だね」

絵理「最近は光触媒にも使う。
バナジウムは、最近ミネラルウォーターとかで宣伝してる物質の1つ。ただ、カリウムやナトリウムの方が大事?これも、合金の材料が主かな」

愛「で、でも今はScですっ」

涼「・・・うーん・・・」
絵理「・・・ひうっ、カンニングしてもしっくり来ない・・・?
スカンジウムって、何・・・?」









愛「・・・教科書が全てじゃない」

涼「正解なんて無い世界♪」
絵理「・・・いつか見たい、掴みたい」
愛「まっすぐに進む、光!
絵理さん涼さん、もうこれ以上は学校じゃ教えてくれません!
鉄とかはたぶん教えてくれますけど!」

涼「確かに、そうだね」
絵理「・・・ここから先は、自分たちで切り開く?」
愛「そうです!

私達の化学坂は、まだ始まったばかりです!













愛「うきゅううう~~~・・・」
涼「・・・愛ちゃんと僕はともかく、絵理ちゃんもダウンしてるね・・・」
絵理「・・・割と、限界・・・?」
[PR]

by icelake876 | 2012-06-20 23:03 | 雑談(よろず系) | Comments(0)  

<< 愛絵理涼でHの先(前編) 41作目 スカイアローブリッジ >>