39作目 funyaさん選曲の洋楽m@ster

とりあえず1個更新。このカテゴリー実質起動3ヶ月半ぶり。









・下半期になって本格的に動画作成モードに入るにあたって、ここプリズムルート876で曲を募集したのがきっかけの動画。
普段の僕からは滅多に出て来ない、洋楽です。元記事はこれ

・僕は音楽は好きですが趣味とはしない人間なので、あまり選曲の幅が広くない。ゲーム音楽が多少広いかな程度。
また曲も雑食で、ここ数年まではアーティストごとに選ぶ事すらありませんでした(1曲目当てのアルバム買いが数回)。
結局、CDレンタルと言う便利なものの存在に気付き(20年弱家族で使ってるTSUTAYAがあるにも関わらずビデオレンタルくらいしか活用してなかった)、そこの品揃えが今までいくら探しても見つからなかったJazztronikさえカバーする豪華さだったので、それなりに補充されてきた感じです。
・本題。
この曲は、ふにゃてぃんPことfunyaさんの選曲となります。
(ちなみに、この時「逆に曲を紹介してみよう」と、暗号っぽい手段を講じて「すばせか」の曲(callingとHybrid)を紹介してみたのですが、見事に投げ返されました。結局根性で自分で作ったけど。
なお、Hybridは「むしろ島Pのワンダーウーマンで丸借りm@sterするくらいしか思い浮かばない」とfunyaさんの弁。実際に完璧に合うから凄い)
・アーティストは「Sergio Mendes」「Jill Scott」。
女性シンガー主体で男性の方がラップ。funyaさんがアルバム持ってるのはSergioさんの方かな?絵理に合うかなーと思ったけど断念した、とのこと。
・洋楽は「Shape of my Heart」が当時ストックにあったものの、これは来年の洋楽m@ster用。
という訳で、この曲が僕の2作目の洋楽曲になりました。
当然、話している言語の意味なんて分かりません(英語の成績は×××)。すみません。
「洋楽とか無理です」って書いて募集したから、そこは我慢して下さい的なノリで製作開始。

・構図は正にアイデア一発勝負。
最初にYouTubeで曲を聴いてみた瞬間の、最初の印象をそのまんま動画にした感じ。
柔らかい洋楽曲だから、なんとなくチェスナット風味の色合いに照らされたカフェバーみたいな雰囲気が頭にポンと。
以下のエフェクト、及び野外ステージ絵理の素材は完全にそのイメージを投影した形です。
・ダンスはALIVE・・・じゃ安直過ぎるので、途中から変える。
どうにも思い付かなかったので、万能ダンス登板。yocch41P的な意味でエージェントにしてみた。
・あと、拡大。
僕は「DS素材だろうがキャラありきで使ってるから、あえてロングカメラ長回しや画質無視の拡大とか遠慮なく使うタイプ」と自負しているのですが(自作のDSMAD用語集にもそう書いてる)、七色くらいでしか実際にやってなかったので、試しに導入。
そしたら絵理との距離感が近い感じになったので、採用。
上記のカフェバーっぽいと言うか、絵理が耳元で歌ってくれるような距離感に見えるかなーと。
・リップシンクロは本当に偶然。
口元をアップにする構図までは思いついて、エージェントだと口元映してもすぐフレームアウトしてしまうので、ここだけ動きの少ないALIVEに戻したら・・・なんか合った。微調整したらもっと合った。

・画質が画質なんでエコノミー回避の画質256、音声32で作ってます。
・お世辞にも伸びたとは言えないけど、広告頂いたのが尾崎さん、サイネリア、ぐぐるP、そしてふにゃてぃんP。
訳の分からないほど豪華な面子である。
・本当に勢いで作ったけど、割といけるもんだなー、と驚いたのが一番。
実際funyaさんはおろかisciaさんにも「自分には作れない曲」と驚かれた。
手法だけアングラPっぽいエフェクト発想一発勝負の作り方だったから、いけたのかも。

スペシャルサンクス→尾崎さん、サイネリア、ぐぐるP(超豪華広告部隊感謝)
ふにゃてぃんP(選曲協力)








・珍しく、エフェクトの内訳なんて書いてみる。
機材はVideoStudioX3Ultimate。


前半
ダンスはALIVE90%。1.65~1.8倍に拡大。

トラック1(下層)エフェクト→明度-10、コントラスト-40。
これだけです。

トラック2(上層)エフェクト→拡散グロー(しきい値16、拡散レベル16、量2。絵理だけ霧状に白飛びする感じの調整)
+オールドフィルム(シフトカラー黄土色、ダストと傷は50%。ショック光量はチラついて目に厳しいので10%)
・・・以上、透明度82(苦笑)で重ね合わせ。迷ったので珍しく乳ネタ入れたら割と良くて採用。
普段は40、64、80くらいでやりくりしてます。


後半
ダンスはエージェント80%。1.8倍に拡大。

エフェクト→木炭(バランス2、ストローク7、レベル70で結構きつめに、色合いは残す)
これを明度+30%でビビッド風な感じに調整してます。


リップシンクロパート
ダンスはALIVE50%。3.2倍(!)に拡大。

エフェクト→明度30%をベースに、拡散グロー(しきい値16、拡散レベル8、量2)で幻想的な感じに調整。
やたら色白だけど、今プロジェクトを起動して拡散グローだけにしたら、肌の色が生々しくなった。
どうやら、過去の自分はあえて色白に飛ばしたっぽい。
実際、ミツドモエモーションの「私だけ見て」の愛は確か拡散グローだけで調整したんで多少顔色悪い感じになってますね。うーん色調補正すれば良かったか。
[PR]

by icelake876 | 2012-05-27 22:45 | 自作動画長文解説 | Comments(2)  

Commented by funya at 2012-05-31 02:22 x
こちらは投げられた曲でまるで作れなかったのに、こっちが投げた曲は見事に作っていただいて、ありがとうございました。

ラップしてるのはTHE BLACK EYED PEASのWill I amですね。絵理に合う曲っていうか、ラップのところにプリコグダンスがハマルかなあって思いついて、去年の絵理誕のときに作ってみようとしたけど、『無理!』ってなった曲でしたw

Jill Scottのデビューの頃が、自分が熱心に音楽を聴いていた最後の時期なんで、そこら辺のネオ・ソウルは割と詳しいし、音的に今でもそういう系統のものが好きななまま時代が止まってしまっていますw
Commented by ペンタ at 2012-06-01 22:43 x
こちらこそ、ありがとうございましたー!
こういう曲に触れる機会になった、というのも個人的に収穫だったので。

>ラップのところにプリコグダンス
過程がjumperに失敗した時を思い出して他人事に見えない・・・w

>自分が熱心に音楽を聴いていた最後の時期
そういう時期があるのが羨ましいです。僕は半年間だけラジオ聴いてたりとか前所属してたコミュで色々教えて貰ったとか、その辺りに助けられてやっとって感じなので・・・。
個人的に、そういう時代を「熱心に聴いていた」と好意的に振り返って言えるのは凄く幸せな事だと思うので、それはどんどん生かして行ってもいいかも・・・と思います。大げさに言うと、貴重な人生の遺産と言うか。

<< 審判とは気高くあれ 個人的にホモ要素無くてガチで安... >>