ペンタPの2011下半期ニコマス20選(後編)

ノベマス系が中心の9作+サムネ一選。
なお、画像はクリックすると簡易ビューアーが開きます。エキサイトブログは絶滅危惧種なので補足。

←前編  /  選外10選→






d0160172_17485649.jpg

プロデューサー、尾崎玲子の話です。
変わり者を育てることになったフリーのプロデューサーの努力と苦悩      さかちーP

「元ひきこもり」と安易な言葉で紹介する事は簡単だけど、実際に絵理はそう簡単ではない。
彼女の場合は「働いたら負け」なんて考えではなく、「出たくても出られない」のである。
人と話したくても満足に話せない。機会に恵まれないせいで、大声をまともに出す事すらできない。
話す言葉には疑問符が手放せず、かと言って口を開いたら相手の事を考えられない意見を出してしまう事も。
これは、そんな彼女を、外の世界に連れ出した女性プロデューサーのお話。

ニコマスには「P名補正」というものが存在する。
それはアイドルや登場人物でも同じで、もう尾崎さんは無能なダメ女の印象を脱却する事は難しいのかもしれない。
(実際にDSプレイせずにニコマスでしか知らない、という層は今でも多そうだからなぁ・・・)
しかし。
絵理や、マネージャーのまなみさんには無理だった対外交渉系の仕事を、全てこなしている手腕。
実際、作中でもプロデューサーとしては優秀という描写が結構あるんですよ。
だから、この動画見たく、とにかく色々な手段を講じようとする敏腕Pであっても、不思議でも何でもないんです。
という訳で、この動画の尾崎さんはれっきとした尾崎さんなのです。
アイドルマスターを最も丁寧に表現できるノベマスPの1人、さかちーPのノベマス。久々に内容も綺麗です。




d0160172_174939100.jpg

さぁ、旅行番組見ようぜ!旅人は765プロアイドルだ!
はるちはmeet野岩鉄道・会津鬼怒川線(龍王峡駅編)      そらなP

「im@s架空旅行記」形式の作品。
春香、千早、プロデューサーの3人で奥鬼怒川~会津方面を旅します。
この動画、そらなPの動画編集技術の向上により、旅番組と比べても十分遜色の無い完成度まで上がってきました。
元からかなり高かった選曲センスが加わって、とにかく気軽に見てみて欲しい一品。
シリーズも全部で動画3本、32分程度で見られます。

1年ぶり3回目の旅m@s枠20選。
今回、旅m@sにおける頂点Pとも言える、そらなPの動画をセレクトさせて頂きました。
普段は「【warning!】この作品に出てくる千早さんは、大変癖のある千早さんです」という言葉があり、千早が鉄オタになっていたりします(経緯は処女作の北海道旅行で見られます)。それもあって、正直苦手だったのですが・・・僕は鉄道ファンですが鉄オタの内輪的な雰囲気はあまり薦めたくないので。
でも今回はその辺りの癖をさらりと流しており、なおかつ鉄道成分も比較的少ない。しかも全3本とコンパクト。
そしたら、丁寧なシナリオ構成に動画編集技術、選曲センスなど、見る間見る間に動画の魅力が発掘された。
こうなったら薦めるしか無い。動画製作者自体はスタンス持ってて好きでしたし、このPの動画を20選に迷わず入れられる機会に恵まれて嬉しいです。




d0160172_17494065.jpg

今期最も見た架空戦記です。
【Pokem@s】新米Pが765アイドルたちとポケモンWi-Fi対戦でがんばる      ゴドーP

僕はポケモンからニコマスに入ったほどの経歴の持ち主なので、この動画はすんなり入れたのですが・・・。
最近のポケモンってのはネット上で育成に必要な大量の隠し要素が解析されている上に、それが正直子供向けとは言えない事実も含めて公式のガイドブック等では全く触れられていないため、かなりデジタルディバイドの激しいジャンルと言える。
そんな訳なので、俗に言う「ポケモン廃人」以外にはこの動画は薦めにくいかもしれません。
ただ、ポケモンを知らない某架空戦記系見る専ブログさんからも結構好評価が出てたので、僕が想定してるよりは楽しんで頂けるかも。

結構ガチ仕様のポケモン対戦動画。ゆっくり実況です。
基本は765プロのアイドルをポケモンで再現したパーティーによるwi-fiポケモン対戦の架空戦記である。
チョイスはかなり独特で、例えば美希はなんとヤドランである。
酷いと思うかもしれないが、圧倒的技の多彩さ、覚醒美希(ヤドキング)の存在、挙句相手の物理攻撃ポケモンをことごとく完全シャットアウトするエースっぷりで見事に美希っぽさが演出されている。
そんな感じで、どのアイドルも独特ながらちゃんとアイドルしてます。
あと千早。酷い扱いが目立つものの、上記の「可愛い!」など純粋な好意も目立つ。




d0160172_17502970.jpg

こんなりょうゆめ、どうですか?
【im@sDSフェスタ2nd】涼と夢子の仲良し女子会      卓ゲ喫茶P

女装癖が付いてしまった涼。
当の本人を含めてドン引きの中、夢子と2人で出かける事に・・・と、そんな感じのノベマス。
一見キワモノシチュエーションながら、これによって2人は涼カミングアウト以前の関係に擬似的に戻る事ができてしまった。
そんな2人の会話は、徐々に自然な流れの「女子会」の様相を呈していく・・・。

設定とは裏腹に中身は非常に丁寧。
登場人物も含めて、細かい所も嬉しい。「あずゆめ」久しぶりに見たなー。
独自解釈による涼や夢子の心情も、これなら納得できると思えるもの。
ある意味保守的な考え方の動画だけど、しっかりと未来も見据えて終わる。
純粋なノベマスで久しぶりにスクロールバーを「飛ばせず」に動画を見てしまったので、20選にも入れさせて頂きます。




d0160172_17505273.jpg

参ったね、もう選ぶしかなかったよ。
【アイマス×アマガミ】2nd Anniversary【0909合作】      0909合作

去年の当ブログの0909合作の紹介記事を見て欲しい。
去年の0909合作で、「アイドルマスターrelations」を使った静止画MADで美希パートを作り上げたPがいた。
なんせこのパート、コミカライズ使った動画で有名な級長Pが同曲のrelations動画を作るほどのパートで、思わず僕は「コミカライズ使う場合、確かに一番有名なコミカライズのrelationsでしか無理だな」と呟いた。
そしたら、今年DSコミカライズで動画を作ってきた。
0.1秒で20選確定した。
まいったねPありがとう。
単品希望したいけど「だったらランスやれ」と言われそうなので自粛。全然同期と交流無くて雰囲気だけで判断してるけど。

ある意味、最も個人的な理由で選んだ動画。
それでも、ちゃたまるP、ヒトコトP、ダブルボギーP、りずPと鬼のようなメンバーが揃ってる上に誰も足を引っ張っていない合作だから是非推薦したい。あとアマガミ知らなくても大丈夫でした。
ただ、ある意味僕が夢見た動画の体現なので、もうここのスクショしか撮れない。しかも曲名が「Trust」。




d0160172_17493488.jpg

はい負けました。
【大嘘憑きm@s】球磨川禊Pのアイドル負完全育成記【ウソm@s】      グラスレディーP

(注:サムネ1選)
本気でホイホイされたので迷わず選出。
いや、なんでお前がニコマスにいんのさ。

また球磨川に負けた。
ぶっちゃけジャンプを楽しめなくなった人間としては、ジャンプ愛読者の球磨川に著しく劣等感抱いてるんですが、まぁそれは置いておこう。
サムネ1選優勝候補で瑞PのJupiterと激戦を繰り広げるのに期待していたら、こちらはなんと20選そのものに入れてる人が多くて全く票入っていなかった。また負けたよ。




d0160172_175388.jpg

アニマスは王道アイマスMADの中核を担える。
アイドルマスター Anything Goes!      takasiP

とにかく盛り沢山の動画。
一言で言えば「アニマスのダンスを使ったニコマスダンスPV」という強烈なインパクト。
さらに、最後は「アイドルマスター」の動画に収束する構成になっている。仮面ライダーオーズという選曲も含めて、割と熱血要素のあるアイマスを見事に落とし込んでいる動画。
そして。
何よりも熱いのは、この正統派アイマスMADがアニマスメインの状態で完璧に成立していると言う事実。
そう、アイドルマスターはアニメの世界へと旅立てたのだ。

今期最後に決まった動画。
確定枠の動画が18個で、isciaさんの動画を入れても、まだ20個決まらない。
+10選のどれを入れるか考えていた、そんな中。19個の動画リストを見渡したら、アニマスが入っていなかった。
という訳で、これは僕が今期見た中で一番だと判断したアニマスMADです。
アニマスMADあまり追ってないけど、なんとかしてアニマスに票を入れたかった。
曲がりなりにも、2007年からアイレディを追い掛けたりはしていたので(ニコマスは2009年2月から)、騒動すら生んだ、ファンにとって待ち望んでいた存在の結晶であるアニマスを、アイマスの枠に入れたかった。




d0160172_17494179.gif

未来へ向かってエンジン掛けよう。
【アイドルドライバー】 ナナナビゲーション【3:37】      シトロエンP

ノベマスシリーズ「アイドルドライバー」のエンディング動画となる静止画MAD形式のPV。
アイドルドライバーは運転手尾崎さんと助手席絵理の会話中心で進むと言う独特なノベマスだが、それとは別に存在する大きな特色は「876プロ各アイドルのトゥルーエンド後」という世界観。
それを、完成度に定評のある本編とは一応別の、エンディング用PVで語りきってしまっているから凄い。
夢のステージに辿り着いた絵理たちの、明るい未来を描く後日談。

アイドルマスターDSは、Aランクに立った後もストーリーが続いていく構成になっている。
これはストーリー特性がある意味「トップアイドルの先輩に追い付く」的なものになっているためで(目的は違いますが)、それもあってDSは「スタート地点に立つまでのストーリー」と形容される事も多い。
この動画は、その「スタート地点の後の、みんなの走り始めた姿」を完璧に示してのけたPV。
DSファン、必見。




d0160172_1752264.jpg

さあ、幸せな2人よ。幸せをばら撒け。
【手描き】りょうゆめでいろいろ      ゆメーターP

りょうゆめとは何か。
この2人の出会いは化学反応であり1:1の割合で混合する事によって2.4.6トリニトロリョウユメが生まれ「リア充爆発しろ」という怨念ではなくその裏に見え隠れする2828そして顔の火照りといったツンデレエナジーを火種として正弦定理に基づいた最も効率のいいエネルギー収率の元に凄まじい爆発反応を起こすのであるが熱く熱く原理について語ろうとした者はツボピラウスキー症候群に感染した後に更なる爆発を引き起こしてしまうのである。
まさにりょうゆめ!

要するに何が言いたいのかと言うと、幸せそうにしてる人を見て幸せになれたら一番素敵ですよね、って話。
人を幸せにするには、本来は自分自身も幸せになる姿勢が無ければならない。
僕は、この2人がその領域に達する程にまで幸せになると信じてるのです。
ってか絵柄可愛いから見て下さい。




d0160172_17493823.jpg

ありがとう。
こんにちは愛ちゃん。実は僕、君のプロデューサーなんだ      先駆者P

この動画が、夢でした。

見た時、本当に幸せだった。動画本体とは別に説明文も面白すぎるし。

愛たちに、プロデューサーが配属されるくらいに恵まれる事が、僕の夢でした。

ありがとう。本当に、嬉しかったんだ。

本当に。




←前編  /  選外10選→
[PR]

by icelake876 | 2012-01-09 18:01 | 動画紹介ノベマス系 | Comments(0)  

<< ペンタPの2011下半期ニコマ... ペンタPの2011下半期ニコマ... >>