34作目+α ハッピーバースデー、わたし?



・休止期間に付き、2011年の絵理誕は不参加です。
不参加ですが、即興でネタ出しすら必要なく作れる動画があった。
・それが、これ。
卓球Pがいつも2、3時間でこさえる誕生日動画です。
その割に異様にシンクロ率が高い、というかシンクロ率が高いからネタの流用に走れる、と。如何せん朝ごはんとポジティブが強力すぎる。
・ただ、作られたのは響、貴音まで。
(これでも、箱○と同じダンス踊れるとはいえ、SPMADに手を出す荒業である)
なんせ、ポジティブも朝ごはんもDSには存在しないのである。
もっとも、ニコマス史に残るジェバンニ動画のAround the Worldを作ったピンポンPに並ぶシンクロの腕前を誇る卓球Pである。
だから作れるはず・・・!
・そう思ったので、2010年の絵理誕直前に、NRRRにネタを投下。
DSの機能、パネルエディットの朝ごはんパネルを使って序盤のアレだけ再現してみた。後は牛乳飲むシーンがあれば完璧でしたけど・・・。
ポジティブのパネルも2枚持ってたけど、ちょっとピンポイントすぎるので使えないと判断。
それにしても、ゲストのかりふらPには特定されてたんだろうかアレ。
・けど来なかった。
むむむ・・・。
SPまでやってくれる卓球PでもDSはダメなのか。
卓球PのDSMADは見てみたかったんですが。シンクロ上手いお方ですし。

・愛と涼が来なかった以上、今年も来なさそうなので、製作開始。
まー即興ですね。shiny smileと、あと妥協して最強ダンスDazzlingWorldを使用。
正直、Pとしての格は段違いに卓球Pのが上だけど、今だったらDSの土俵に限って言えば経験による差で勝てるかもしれない。
・πタッチ?そんなん無理。
なので合法的にπタッチできる立場の人を呼んでくる。
これでも割と控えめなので軽く触れるを繰り返す程度。うーん、エロは仲がいい人がやってるのを見る分には大丈夫なのかな。
・ちなみに僕の見解では、絵理は本来なら尾崎さんにπタッチされてもむしろ嬉しいものの、何故に誕生日にこれなのかが理解できなくて戸惑ってるイメージ。
尾崎さんは仕事だから仕方なく、だけど折角だからやったらドキドキだったイメージ。
・衣装セレクトは終盤に盛り上げるイメージでドームを最後に持ってくる。
使ったトランシジョンは「カラーメルト」だったかな?
・水飲みアクションは代替案が思い浮かばなかった。
なので、本家のスクショを拝借。
そして卓球Pの本妻で。後に、愛は雪歩にしようとか考えてたけど、結局素材使い回しで美希さんに・・・。

・後は、リスペクトタグ。
例の件とかありますが、3月7日になった瞬間に「絵理誕生日おめでとおおおお」というTweetを卓球Pがしていたので今回迷わずロックした。
祝う意思があるなら、その意志を受け継ぐ形で投下できる。
・僅か1時間で本人に発見され広告までして頂きました。
怒られる可能性も想定してたんですが・・・ちなみに愛、涼は広告禁止です。
・「懐かしい」というツッコミが多くて嬉しかったり。
あ、「ペンタッチP」タグは愛誕の時に卓球Pの発言から拾って後から付けてます。


スペシャルサンクス→卓球P(リスペクトさせて頂きました)
悪来(仮)さん、karasu_01さん、こえらさん(紹介ありがとうございました)




37.5作目 ハッピーバースデー、あたしっ!



・マジで流用。以上。
・力尽きて、美希を春香か雪歩に変えようとも思わず。
卓球Pの主力担当アイドルだから、いいや。
・語る所は舞さんくらいでしょうか。これが僕の動画で2回目の登板です(苦笑)。
前回作ったタッチペンのグラフィックは大きめに作ってたので、これを使って立ち絵とのサイズを調整。
巨大タッチペンの完成である。
・後はVideoStudio上で揺らしてます。アクティブカメラを調整。
・この行為を卓球PがNRRRで「ペンタッチ」と呼んだため、採用。
・レッドエンジェルより伸びて頭抱えた。

スペシャルサンクス→かのP(これを20選に入れた貴方は勇者です)




44.75作目 ハッピーバースデー、僕・・・ぎゃおおおおん!!!



これはひどい。

・一応NRRRで「涼の場合は股間タッチじゃね?」と誰かが喋ってた気がする(卓球PかぎょP?)けど、実際に僕も一瞬考えた事があったネタなので、使用。
・タッチ役が武田さん?バカ言え!夢子一択だ!(アホ)
・DSフェスタが差し迫っていたため、製作時間30分~1時間。ごめんなさい。
一応衣装の並びとか気を遣ってますが、NRRRで自貼りしてスルーされたので本物である。


スペシャルサンクス→kusuさん他ツッコミ普通に入れて下さった方々
[PR]

by icelake876 | 2011-11-10 23:30 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

<< 自作動画紹介、というよりも一眼... 再開店 >>