32作目 熱帯雨林コーク



・ダンスMADとしての習作。
くちばしにチェリーの時に絵理が高速ダンス苦手そうだと言ったのはどこの誰だ、どこの。
・ある日、思い付きで、前に使った曲「クラウン」が入ってるアルバム、「天気の存在する理由」を開いた。
で、この曲が出てくる。夏だとかどうでもいい。習作的に組み上げた。
・高速ダンスだし、夏だから愛を登板させても良かったかもしれない。
しかし、僕にとってはクラウン(「わたしは・・・絵理」の個人的呼称)の件がある以上、モダーン今夜は絵理以外には有り得なかった。
・結果的に、クラウンの切ない雰囲気を引っ張る事に・・・。
切ない夏休み。そんな感じ。
・投稿したタイミングは長期休止(予定)の前。
実際、この後で動画制作を止めてはいないのですが、「毎月DSMAD投稿」が2月で途切れました。
そして投稿日は・・・DSMAD記念日です。伝説の1月24日。
午後11時半に投稿ボタン押したのに3時まで長引いてた。

・本当に語る事が無い。
僕が多用してる高速ダンスシンクロだけで5分間組み上げたらこうなります、的な。
僕のダンス組みは「奇跡的にはまる」を繰り返してるのですが、HEAVEN以降はもうある程度は質が保てるようになってました。
勿論、組み上がらない曲は組み上がらないんですけど。
・ちなみに使いたい振り付けとかよりも、ダンスの雰囲気をファジーに捉えて候補曲を絞ってから合わせてます。
最近はBPM調整との兼ね合いも意識するかな?例えば「アオイアサガオ」の高速ダンスのシーンはBPM180付近のキラメとかでは加速が足りなかったので、relationsとDazzlingWorldの二択に絞られてました。
・最初は3連ジャンプ。あと曲名クレジットは困った時のGulimフォント。
振り付けは歌詞が見えてるので解説不要か?まあ一応、キラメキラリとshiny smileとDazzlingWorldです。
・曲名のぼかしに何気に苦労した。
なんせVideoStudioがぼかし機能を使うと落ちる(笑)。
なのでWindowsムービーメーカー時代に速度調整で使ってたフリーソフト、SEffectsを久々に起動。これ確か当時からパソコン変えたせいで上手く動作しなかったような・・・いや、今回は起動した!ぼかし成功!
・後はラストですね。
以前「アシタカセッキ」で使った技法です。BB(BlackBack)。
・サムネは真夏日ノベマスの時の流用。Pixiaで一部分だけ暗くして製作。
あとVSのレンズフレアエフェクトも使ってる。

・どちらかと言うと、即興なのが逆に功を奏して、色々な反応が出て興味深かったです。
天上ステージっぽくなったのは偶然ですが、もぼぞんえPには指摘されてました。
あと、DSだから必要になった力技クロマキーですが、逆にDSでしかできない荒業だとどきゆりPに指摘されたり。
・後は当時の記事でコメント頂いてたisciaさんですね。
「嬉しいけどちょっと泣きそうになった」コメントが本当に的確。
ちなみに、この曲の入ってるアルバムを聴けば、切ない曲ばかりなのが分かると思います。「かもめ島」はともかく、「オトナ」「天気の存在する理由」は凄まじい。歌詞読解能力のない僕ですらこの感想が出たんだから、きっと皆さんにも・・・。




スペシャルサンクス→先駆者P、こえらさん(紹介ありがとうございました)
isciaさん、もぼぞんえP、どきゆりP(20選ありがとうございました)
サイネリアさん、なごむさん(広告ありがとうございました)
[PR]

by icelake876 | 2011-10-16 11:13 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

<< イニシャルDみたいなノリで 向こうに降りて来て貰う >>