ノイエグリーン1巻感想

※今更にも程があります
※湖氷堂さんのマンガ感想は非常に独特な観点からの超長文感想となっております
※この方向性にツッコミが入った事はありませんが、おそらく独特かなーと思われるので注意して下さい
※というか、僕が本来やってるレビュー系のサイトをご存知の方には一発で特定されると思われます
※もうどうにでもなーれ(AA略)
※・・・やっぱ、自分を偽って生きるってのは僕には無理ですね。うん、涼とシンクロした






・カバー裏がいいですねー!
とか思ってたら坂野先生のコメントで嫌な予感。


1、Green Monday
・黒瀬先生の絵柄、台詞の書き方で分かりましたけどポップ系なんですねー。
ここまでのものに出会ったのは初めてかも。
・黒瀬先生のメガネ涼、初めて見た・・・。
・おいどん・・・コイツ大豪寺か。
(僕が見た涼のエンド→FとSのみ。DSMAD頂点P(笑)である)
・真が出る流れは強引かなー、と思ったけど、これによって原作の強引な涼の理論が緩和されたのでイーブン。
この「多少強引なのが気になるけど、それを補って余りある素晴らしい展開を引き出してくる」のは結局ノイエグリーン全体に言えた特徴でしたね。
・涼を先読みした律子がいい感じ。というかこの前の透明人間ノベマスでやってますが。
よっしゃ!黒瀬先生と被った!
・「って言ってる私も甘いなぁ・・・」
さり気なくて気付かなかったけど、なんかいいなーと思った台詞。
そしたら、後々の伏線に・・・えー、これは後で書きます。
・「律子さんのいとこの子が来てるんですか!?」
この細かい765プロ像がいい。
原作ではこれだけの多人数は出せないけど、実際にはあっただろうなこの展開。すっげーリアリティがある。密告担当が小鳥さんなのも自然な流れで、バッチリ。
・そして聴診器を持っている亜美に突っ込まざるを得ない。
流石は耳USBの亜美。立木さん呼んできてサイクロンコールさせないと。
・うん、これだけ細かく拾ってると日が暮れる。
すっ飛ばします。とりあえず、まなみさんが可愛く描かれてるなーと、それだけ。
・「でもなんだかんだで着替えたのね」細かい疑問点を拾ってくれて有り難い。


2、Motion Green
・アイドルのシーンで春香と美希が出てくる辺り、黒瀬先生がPだとよーっく分かる。
・「なんで見てるの~~~!?」
あー、絵理ならやりそう。人との距離の掴み方を知らないでしょうし。
・パットに千早はやめてやってくれー!
というか千早がパット盛るシーンって原作にありますかね?ありそうでないと思うんですが。
・下着・・・まぁ、R-15ですしねこれ。


3、Imitation Of Watermelon
・タイトル・・・偽巨乳?
・ディアリーステーションから拾ってきたか。
・涼の持ってる一眼レフなんだろ?とか思って手元にあったD70のパンフレット拾ってきたら激似だった。これかなぁ?
って、ん?D200も似たようなデザインなのね・・・。
・最近は女子カメラ流行ってますからねー、ってここまで多いんだろうか。
着替え・・・ちょっと!?DSプレイしてた時に律子さんが最初にくれる助言は「女子と一緒に更衣室に入らない」なのに!
・脳内会議にHMDがいるのに笑う。
ここの絵理のシーンがいい!
正直僕の私見ですが、絵理は単純にこういう場が極端に苦手だと思うのです。「人と会うのも話すのも苦手」だったら、こういう場では絶対に動けなくなる。体験談。
そして、その状況を打破するのが876トリオのリーダー格である涼なのが素晴らしい!個人的に完璧な流れでした。大満足。
・ラスト・・・あのシーンか。
でも・・・。


4、Raise Your Hand Together
・この後、3人対決のオーディションにならなかったのにビックリした。
仲間と戦っていいのか、は絵理編でもじっくり語られた内容で、涼も同じ事を思ってましたが(こちらは絵理より芯が強いから、真がオーディション直前に言った台詞で足りましたが・・・)
やはりアイマスDS序盤のメインイベントとも言える内容なので。
・あまりに即興で読み飛ばしたせいで涼が真の性別を勘違いしている事に気付かなかった(アホ)。
・ガ○ム○言うな・・・。
・真へのπタッチは最早公式か。なんせ戸松さん認定である。
僕は間違って胸を触ってリセットした記憶があるような・・・。
・最後の最後でやっと涼の勘違いに気付いた・・・。
原作では涼がアイドルに恐ろしく詳しい(というか、詳しい設定でも大丈夫なキャラが涼しかいなかったからああなったのでしょう)から真の性別も知ってるでしょうけど、今回は変更。
・真のスノストが上手い!なんとなく平田さんっぽいかも。
・というか、気付いてなかったからπタッチか。上手い変更。


5、Keep on movin'
・告白します!演劇ルート未見です!
というか前にも書いたけど僕はアイマスDSを1周しかした事がありません。「それから」を出す最低限のペース。どうも、DSMAD頂点P(爆笑)です。
言い訳すると、単純にグッドエンドまでのストーリーで完全に満足したからだと思います。ただでさえ忙しいのに・・・あとポケモンと違って作業ゲーじゃないから体力もいるし。それでも自分ごときが「プレイしてるだけマシ」な現状が悲しいのでDS布教してる。
今は涼の2周目で、幽霊屋敷経由でのCランクの最初です。今回やよいに負けて、このルートを見る予定ではあったのですが・・・演目はピーターパンだったのかー。
・この記者は悪徳と考えていいか。
・美脚でたー!
男の娘に美脚ってよくあるんですかねー?これ以上言うと僕のサイト一発で特定されるんで止めますが。
・高所恐怖症と言えば、やよいが最初に思い浮かびますが・・・。
・そういや、りょうまこ全然書いてないなー。
男バレ後の涼と真の関係は一度は書いてみたいけど、りょうゆめに突っ走り過ぎて見えていなかったなー。ちょっと、時間が出来る9月下旬以降に考えてみるか。


6、Innner Flight
・どこまで原作にあるのか分からないまま進む。
というかプレイしろよと言われそう・・・けど時間が無い。ぶっちゃけ、この感想リアル時間削って書いてる。
・ビンタ!王道少年マンガだー!
・最後は爽やかに。これは原作そのままかな?
雰囲気で、なんとなくそんな印象。勿論、あの夜の背景で。
・ここで・・・夢子!?
とんでもない手を使ってきたなー、と思ったら・・・以下、3巻へ。


EX、南の島♪バカンス
・涼は不憫




終わったー!
なんとか1時間程度で書き上げた。明日は2巻。
[PR]

by icelake876 | 2011-08-17 23:48 | アイマスDS語り | Comments(0)  

<< ノイエグリーン2巻感想 雑談らしきもの110816 >>