28.5作目 モシカプロジェクト

えー、何の事か分からない方はスルーして下さい。

と言うのも・・・。
どうも、相方が僕の親戚にこの動画を見せてしまったらしくて・・・。

ニコマスの活動バレたらドン引きされるんだろうなー。
あーでも、zoomeに上げたバージョンから特定されてたりするかもしれないのか。







d0160172_195422100.jpg
当時某所に載せたメイキング画像。


・元々この動画は、ボカロ住民の相方が徹底的に「マトリョシカ」にはまっていたのが最初。
で、同時にポケモンにもはまり(僕も相方も初代からやってる)、この動画の案が出てきた。
ただ、当時の僕は忙しくてポケモンBWをプレイできておらず、モチベーションは低かったのですが・・・。
・相方の熱意がとんでもなかった。
なんと、15フレームの編集しかできないWindowsムービーメーカーだけで最初の15秒を作ってしまったのである。
「シュバッ」と立ち絵が出てくるトランシジョン部分は、手描き。
あまりの熱意に、これは僕がやった方がいいだろう、と即興で並べてみた。
というか30フレームで出さないと勿体無さすぎる。
・結果。
全ての動画組み立てを担当する事に・・・。
BW購入可能な時期が半年も後の状態で、必死にやる事になりました。

・とにかく徹底的に再現する方向で。
元動画を「QTConverter」で変換してVideoStudioに取り込み、1フレーム単位で再現しました。
あちこちの表示フレーム数が一定じゃない(10~8でバラバラだったりする)ので本当に微調整だらけ。
・傾いてる歌詞表示は全部相方が用意。
僕が元動画に1フレーム単位で合わせて配置してます。
・wikipediaの部分は僕が作成。紙クリでちゃちゃっと。
トランシジョンはVideoStudio搭載の「汚し」。今回無双的に使ってます。一部は相方が手描きでトランシジョンを再現してますが・・・。
・歌詞を揺らすのが大変だった。
VS側で揺らすと文字の端の方が見切れてしまうので、紙クリの地震機能を使う事に。
Pixiaで文字の端を拡張すれば大丈夫だったんですけど、それをやってる精神的余裕が無かった。
結果「荒ぶる歌詞」と評価されました。わぁい!吊さんに「勢いあって良くない?」と言われてかなり救われましたけど。
・ベルとチェレンのシーン、紙クリのFFSミスって歌詞が右下に落下してる。
・博士2人の部分の歌詞は、今度は相方が用意。
と言うか僕が用意したテキスト部分はwikipediaの箇所のみ。
・「あなたと私でランデブー?」からワンツーワンツーまでの箇所のみ僕のオリジナル。
相方はVSでは再現無理だろうとオリジナルの紙芝居演出を組み立ててくれたのですが・・・。
(アクティブカメラと回転足せば出来たのかもしれないけど)
その紙芝居用の素材を組み直してます。
・ここで、5時間掛けてインターレースの解除法を習得。
これが無いと「回転」エフェクトで画質が激しく落ちるのです。
「アシタカセッキ」「クラクション」の時はVSの仕様かなーとも思ってたのですが、偶然、mp4出力したらインターレースが解除される事を発見。
だったら解除設定があるのかなー、と5時間試行錯誤してようやく解除に成功した。
ここで初めて、縞模様の画質劣化がインターレースという現象だったと知る。
あ、「上位フレームから」の欄を「フレームベース」にすると解除できます。
・4人ジムリーダーが並ぶ場所は結構「ワンツー」の文字の透過度と表示時間を調整してます。
割と肝のシーン。
・Nのシーンは画質劣化を防ぐために紙クリで動かしてVSで編集してます。
最後のフラッシュ演出が僕が付け足しました。相方に大好評。
ただ、相方はNは好きですが、ファンまでは行きません。この動画のストーリー的にNを強調したらNファン扱いされて相当戸惑っていた。
N信者うぜー。いや、確かに凄くいいキャラだけどさー・・・。
・シルエット部分はVSで歌詞を出力→紙クリに取り込んでシルエットを動かす、と割と手間掛かってます。
あと、ここから後はVS側で歌詞を処理しないと追い付かなかったので、メンドーだけど歌詞をPixiaで調整してアクティブカメラで揺らしました。
トランシジョンはかなり微調整したら上手く行ってくれた。

・技術面解説はこんな所です。
とにかく微調整の再現が大変で、なんとクラウン(わたしは・・・絵理)の1.5倍の30時間と言う驚異の結果に。
僕の歴代制作動画でも間違いなく一番手間が掛かってる。
・しかも、ボカロ住民じゃない上にポケモンBW未プレイ。
生殺し+BW未プレイの動画である。ネタバレも結局喰らいまくりだった。
そのストレスから生み出されたのがママぽよ動画だった、と。
・ただ。
相方の熱意が本物だった。
何よりも、相方の画力の広告塔になりたかった。
相方は僕の知る最強絵師の1人なので。特にトレース技能なら贔屓目無しにプロ級、いやマジで。
けど、評価される機会に恵まれたなかったので、全力で頑張ってみた。
・あと、腐ってもニコニコ最強の動画制作能力を誇るニコマスに所属してるヤツなので(笑)、技術力を見せなければと全力で突っ切る。
その割には歌詞が荒ぶってますけど。ははは。
うん、これなら50万再生くらい軽いでしょ。
・そしたら、ですね。
この動画、ちゃんと長い間マイリスト率20%をキープしていたのですが、描いてみたカテゴリー5位です。
ゲームカテゴリーではありません、描いてみたです。
何故かって?
ドーピングブームで大量生産された動画に押しやられたんじゃ畜生オォォォーーー!!!
・挙句、ですよ。
これに触発されて「即興で」かなり有名な歌い手の方に歌って頂いたのですが、それがあっという間に10万再生。というか現在30万。
ちなみに当時、この方の代表作「Colorful World」は99000再生。思い入れのある動画で初殿堂入りするはずが、適当に録った動画が10万というとんでもない事態になってしまった。
要するに、製作陣も歌い手さんも大打撃受けてしまったという・・・(苦笑)。
僕は絵を並べただけなので何も言えないのですが、ただ勝手に被害者仲間だと思ってます(笑)。感謝すると同時に本当に申し訳ない。
全く同じ、代表作クラウンを即興動画Toxicに抜かされた体験者談。
・けど、何だかんだで10万再生行きました。実質30万かも。
感謝。
・あと、今だったらイッシュ地方にようやく到達できたので、気は晴れましたね。


スペシャルサンクス→吊さん(広告その他ありがとうございました)
向日葵さん(色々ありがとうございました。絵を並べただけの僕に発言権があるか分かりませんが)

[PR]

by icelake876 | 2011-08-05 19:53 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

<< イロケ・オブ・ヒダカ アニメアイドルマスター1話目感想 >>