貴女がいたからどこまでも



最近もっぱらPV方面に行ってしまったのもあって、僕はDSのノベマスを意外なほど追ってなかったりする。
それでも2009年度辺りはノベマスや旅m@s中心に見ていた(旅m@sは2009年度のは8割見てる)んですけど、リアルの時間との兼ね合いがあるのかなー、とも。ノベマス時間掛かりますし。
お世話になってる方々もPV中心ですし。

最近だと、卓m@sとかが多いってのもある。
あくまで僕が苦手なだけだと思いますが(TRPG未経験者に敷居が高いのは事実だと思います)、とにかく見られないと言う事実は存在する。
涼のカップリング系のも、りょうゆめ一本道の僕には・・・。
だから、そもそもノベマスを追う気力自体結構尽きていた。



そんな中で。
来た。
さかちーP、まさかの尾崎さん主役ノベマス。

最近はあまりに体力が無くてアイドルドライバーですら流し見だったのですが(良さげだったけど完全に見てないので感想自粛)、さかちーPが久々に病気じゃないノベマスと来たらホイホイされない訳にはいかない。
しかも、尾崎さん。


自分語りになりますが・・・。
元々、リアルの僕は著しく対人能力が低いのです。
だから、人と会うのも話すのも苦手な絵理と、それを救い出す事になる尾崎さんの設定に興味を持ったのがアイマスDSの購入動機。
もっとも、元々アイマスに興味を持ってたから無理矢理にでも動機を作りたかった、ってのもありますが・・・。あと結局今では3人全員好きですね。

そんな訳で、尾崎さんとなると目の色が変わる。
確かにアレな面もあるけど、あくまで絵理一直線であって欲しい。Cランクエンドは認めない。
(だから先日の透明人間ノベマスで、シチュエーションの関係で絵理を信じない尾崎さんを書いて凄く不安になってたのですが、「頼れる尾崎さん」コメントが結構来て泣くほど嬉しかったとか)


動画の感想。
とにかく、今回は丁寧。
割とリアルに「絵理に生じ得る問題を尾崎さん視点で提起した上で」進めて行く。
絵理のS属性は余計かなーと思いつつも(尾崎さんと仲が良くなった証明として出すのならともかく)。


「絵理は、普通より優れた才能を持つ一方で、普通の人が持つべきものを手に入れられなかった」

この一文である。
結局、絵理のストーリーは彼女がそう言う場に出るためのストーリーだったのだと思う。
頂点ネットアイドルって、傍から見たら英雄ですよ?ニコマスPで言う頂点Pクラスですし。ニコマスに限らず、趣味で天下取ったら気持ちいいものだと思います。
でも、絵理はそうではなく、普通の人生を望んでいたのだと思う。人と話したり。人と触れ合ったり。
そして、その夢は尾崎さんがいたからこそ、見る事ができた。

この一文をしっかり書けるPがいることが、嬉しい。
(こればかりは主観だけど強く書かせて下さい)


さかちーPのノベマスで久々にいいものを見た。
最近は才能を向ける方向性が間違っていたように思うけど(トイレだし)、やっぱり、DSのリアリティを追求するノベマスでこの人の右に出る者はいない。
[PR]

by icelake876 | 2011-07-16 21:54 | 動画紹介ノベマス系 | Comments(0)  

<< これが、俺たちのDSアニメだ! 雑談らしきもの110715 >>