今度はペンタックスのブランド名は維持されるのか

お・・・おい、ちょっと待てや・・・。






日付変わった辺りで追記。
ちょっと個人的に都合の悪い話があったりするのですが、もういいや。

・どうも軽く調べたらブランド名は維持されるっぽい。なかなPも書いて下さってたので間違いあるまい。
ミノルタのディマージュG400(ディマージュなのにコニカのヘキサノンレンズ)みたく、リコーに吸収された形でもいいから流れは存続して欲しいなーと思ったので、両立はかなり嬉しい発表。
・というか、リコーなら安心して任せられる。
つーか、ぶっちゃけます。4年前まで僕リコー信者でした。
Caplioガンガン振り回してた、というかOptioW30より遥かに出番の多いメイン機材が実はCaplio。今でも専属じゃなくなっただけで信者、もっともGRデジタルには興味ないですが(単焦点使いこなす腕が無いんで)。
・OptioW30は防水デジカメの選択肢がオリンパスとペンタックスしか無かった時代なので買いました。
当時は防水デジカメの手ブレ補正機能なんて無かったので、操作性重視でペンタックスに(当時のオリンパスのμTOUGHはシャッタースピードが表示されないため手ブレを助長すると判断)。
そしたら、買った1年半後に動画機能がメイン機材であるCaplioの3ランクくらい上な事が発覚した。
・今はこのCaplioさんは引退してます。
それでも生涯のベストデジカメ挙げるなら、おそらくこれだったりする。
・そんな訳で、リコーが相当ロマン型な企業だと知ってるので、大丈夫でしょう。今あるカメラメーカーの中で、吸収されて一番安心できると思う。
しっかし、リコーがKマウントの親会社になってしまうとは・・・さーてどうなる。
・ところで、HOYAって結局はペンタックス(というか旭光学)の医療機器部門とかその辺りが欲しかっただけなんですかね?だとしたらまんまとやられた形になりますが。
って、それはコニカミノルタの時のコピー機統合だったかな・・・うーんNRRRに書いちゃったけど怪しいですすみません。

[PR]

by icelake876 | 2011-07-01 19:08 | 雑談(よろず系) | Comments(0)  

<< 雑談らしきもの110702 何も見ずに思い出せるか実験の思... >>