雑談らしきもの110528

今日は動画を肴に。




(以下、一応DSのネタバレ)
あまりに疲れてるせいで、とんでもなく酷いノベマスのネタを思い付く。
とりあえず、上げる時は土下座します。というか涼が不憫です。下ネタです。もう後は察して下さい。

その設定に絡むので。
五十嵐局長はあの絵理シナリオの後はやっぱ辞任の方向性で動くのかなぁ?
(具体的には、あの事件の後のシナリオは完全に尾崎さんと絵理(+サイネリアと伊織の援護)にスポットが当たって、今後の進退が描写されないまま終わった気がする。覚え間違いだったら申し訳ないです)
一ノベマスの解釈に影響受けるってのは問題がある気がしますが、なんせ「ちょっとだけ未来のお話」である。丁寧すぎて、むしろ丁寧すぎる辺りに「無難」的な物足りなさを感じるくらいのノベマスシリーズである(それがいい意味での特徴なのですが。絵理が丁寧に描かれてたのは嬉しかった)。
うーん、りてPですらこう解釈するって事は、やっぱ辞任扱いでも何の問題は無さそうですね。

以上、DSに関してのネタバレは終わり。
社員Bwww
おめでとう!そして、おめでとう!(にわか知識)









いやー、徹底された動画講座だ。
コメント書いたので、その内容と被りますけど。

徹頭徹尾3D的にノベマスの画面を構成しようとしてる雰囲気になってるのが面白い。
確かに「俺得動画」と宣言してるからなのですが。
僕は写真結構本格的にやってるので背景のぼかしはやってみようかなーと思ってたのですが・・・。
(確かに普通のノベマスの画面はパンフォーカス、要するに画面全体にピントが合うので使い捨てカメラで撮ったような絵作りになるのです。一眼レフは、むしろその辺りの影響で「いい写真が撮れる」と言われます、コンパクトデジカメはピントの合う範囲が極端に広いので)

色調も、そう。
とにかく、「実際にアイドルを写真のように捉える」事に終始している。
ライティングといい、楽屋裏にいる千早はおろか楽屋裏の背景画像すら暗くしてる辺りといい。
確か、ライティングまで気にするのはPV系でも関門だったはずですが・・・七夕コマンドで抜いたアイドルのダンスはMMDと違ってあくまで平面画像なので。ワンダーモモーイのリメイクの時に、敷居さんのインタビューか何かで「亜美が逆光に照らされてるのがポイント」と言ってたので覚えてた。

とにかく、写真的な映像効果を狙ってノベマス作りたい方は参考になると思います。
というかコメントにもあったけど「映画的な技法」なのかな。
[PR]

by icelake876 | 2011-05-28 21:22 | 動画紹介ノベマス系 | Comments(0)  

<< 講座動画以前の問題 無理な予告を強いてみる >>