ペンタPホイホイ

d0160172_033104.gif




息をひそめて2分間涼くんを眺めるだけの簡単なお仕事。
にしても音質いいな。音質が良すぎるのでE-P1と断定。




とりあえずホワイトバランスはDSの起動画面(白黒)でマニュアルに設定するか、「曇天」。
こちらの記事を参考にすると、E-P1なら「フラッシュ(5500K)」のホワイトバランス使うと丁度いいみたいです。逆輸入させて頂きました。リンク先のリンク先は程々にお願いします。
露出設定はその場その場で適当に。まあ、ライブハウスとキャンプ場が-0.3~0で市民ホールとドームが+0.3~+1.0くらいかなぁ?この動画はもう少し明るくしてもいいかも。

ホワイトバランスを「フラッシュ」に設定して露出設定を明るめに設定するだけで、かなり違いそうです。
(他のカメラでも「曇天」だったら携帯カメラ含む全てのカメラに搭載されてます)
E-P1ならかなり明るくしても白飛びしないはず・・・。






ほぼ私信のはずだったのに結局普段のノリの記事になってる。

d0160172_0112839.jpgとりあえず同じような条件でモデルの秋月涼くん(15)を撮影。
シルクハットの縞模様は単なるグラデーションの階調ですが、首筋の辺りがモアレってる。

・・・あれ?カメラエディット設定が動かせるようになってる!やったー!(くちばしにチェリーの時は故障してた)
まあ普段使いませんけど。カメラワークは先駆者PのDSMAD見た方がいいです。


d0160172_0113033.jpg結局のところ、いかにDS画面と並行にカメラをセットできるか。これに尽きる。
この角度設定が大変。毎回かなり微調整してます。
レンズの延長線上にDS画面の中央があるかどうか、とか。

とりあえず、DSを台に置いて三脚と高さを合わせるのは必須。

もっと言うと・・・。
画面枠が膨らんでるのが気になる所。


d0160172_0113145.jpgこれは微妙にズームすれば抑えられます。
この写真は50mmくらいかな?要するに2倍ズームくらいで丁度よくなります。

ちなみにズームできない単焦点レンズの場合、それはそれで代償として画面の膨らみ(樽型収差)が抑えられてる場合がほとんどなのでご安心を。
もっとも、DSの位置調整が大変ですけど。その意味でも、ズームは使った方が楽。


d0160172_0113170.jpg最後に微妙にピントもずらしちゃいましょう。
ピント合い過ぎてもComputer Love状態になりますし・・・。くらわんPも使ってた手法です。
それでも赤はギザるようだ。


慣れると、結局ピント合わせが一番ピーキーです。
液晶モニターでピントがどれくらい合ってるのかを判断するのは難しいので。


ちなみに以上の画像は実際に動画撮って切り出してます。
そしてDS直撮りPVを誰もやらない訳が分かった。僕は趣味で写真やってるんで調整にこだわれるのですが。水準器使わずに水平を取れるタイプなのも大きいかも。
[PR]

by icelake876 | 2011-03-01 01:00 | 雑談(よろず系) | Comments(0)  

<< 今年は動画作れないけど 雑談らしきもの110227 >>