ペンタPの謎画像倉庫3

なんとなく、写真でも載せてみます。過去に出した画像があるかもしれませんが。
僕の表に出せる唯一の趣味が写真ですし。

と言っても、諸事情で滅多に出せないのですが(理由はお察し下さい)。
それでも、カメラメーカーをP名に乗っけてしまった以上、たまには・・・。


ちなみに、僕のデジカメは3台あります。
(1)メインの作品撮り(って程でもないですけど)用のカメラ
(2)防水、夜景、動画用のサブカメラ(要するに、DS直撮り用のOptioW30)
(3)メインのカメラの5年保証が切れたので買い替えた別機種(ただし値段は先代の半分)

今回は3番のカメラは使ってません。
ぶっちゃけると、このうち1個はペンタックスじゃなかったり・・・。
なお、3台合計で7万円強。唯一のオープンな趣味に6年間で掛けた値段と考えると、相当安い気がする。

ちなみに撮影場所は伏せさせて下さい。
「ここって○○?」と非公開でコメント下されば、合ってるかどうかぐらいは答えますけど。
あ、画像をクリックで拡大ですよ、拡大!


おしながき
・過去作で使った写真
・自前の写真集






1、過去作で使った写真
といっても一部ですが。




d0160172_15105383.jpg
(2)
3年くらい前に散歩した時の写真。
大学が長期休暇に入った時期でかなり時間があったので、大学の辺りを裏道まで含めて開拓しようと試みてた覚えがある。運動不足だったので、散歩を積極的に行うようになってたのです。
そんな中で、抜け道的な場所を発見した時に、この風景を見つけた。ちなみに夕日です。


d0160172_15102594.jpg
(1)
某県最強のの紅葉スポットにて。
とにかく人がごった返して大変だった中で撮ったもの。上手く人のいない風景を捏造して切り出したつもり。
それにしても、このカメラやっぱ色合い渋いなあ。相当昔の機種だから当然ですが。

ちなみに画質はメインのカメラよりも、OptioW30の方がいいです。メインのカメラはもう発売7~8年経つシロモノなので。
ですがOptioの方は広角に弱く(もはや最近だと少数派の38mmスタート)、バッテリーも弱いためにメインのカメラが代替わりする事はなかった。
それでも動画だけだったらバッテリーが持つし(どうせメモリーカードの都合であまり録れませんしね)、上手くサブカメラとしての位置に収まっていきました。
そうして、DS撮影で大車輪する事に・・・。ちなみに、この写真を撮った時期はR.O.D.(PV処女作)の制作2週間前です。


d0160172_15105864.jpg
(2)
大学の近くにて。それ以上は特にコメントなし。


d0160172_15252898.jpg
(2)
ぶっちゃけ滝は場所特定されるかなー、とも思ったんですが・・・アシタカセッキが埋もれた事が逆に功を奏す。
見ての通り、雨。増水を狙って撮りに行きました。

この時の旅は思い出深いです。雨が降ってたので、人生で唯一OptioW30がメインカメラに昇格した日。本来のメインカメラは家に置いてきた。
後はシャトルバスで年配の女性2人組と知り合ったり(僕は会話が苦手なので奇跡です)、観光地だけあって地元の係員が総じて親切だったり、雨が降ってるので上手い具合に人出が少なかったり。まあPowerShotG9持ちこんでたツワモノもいらっしゃいましたが。

思わずもう1回行っちゃったよ。
思い出話メインになりましたが、この滝の方も文句なしの景観を見せてくれました。
ありがとう○○町。


d0160172_15102450.jpg
(1)
この写真撮ったの、丁度5年くらい前かな・・・。
最後に「海の写真を出したい」と思った結果、この写真になりました。

これも場所特定されるかなーとも思ったんですが、バレなかった。
僕が展望台をセレクトミスした(笑)のが功を奏したのだと判断。まあ、この展望台は海を見るための展望台じゃないし・・・お陰さまで景色を独り占めできましたが。


d0160172_15103188.jpg
(2)
地元で。特にコメントなし。
強いて言うなら、動画の話をすると、ここでは黒い板を後ろに置いていた。アップカメラになったせいで、愛の目が抜けるのが目立ってしまったので。






d0160172_15201469.jpg
(2)
散歩中に撮ったベンチ。特にコメントなし。


d0160172_1520135.jpg
(2)
この写真を使った動画「オアシス」は去年の4月くらいから構想を練ってて、その時は実写素材を絡めたイメージが漠然とできていました。写真はトワイライト系の画像を大量に撮って使う予定だった。
で、後に上記の通り、吊さんリスペクトで制作することに。アーティストありきの選曲をするにあたって、birdで唯一まともに知ってると言える曲がオアシスだったので。
それを決めた後にorgonePのLIFEを見た(笑)。

開き直って、完全にそっちの方向性へ走る。
結果、フォルダに転がってた自前のハイビスカスの写真を発掘。
もう誰が見てもLIFEリスペクトにしか見えなくなってしまった。悪来(仮)さんにも「大変分かりやすかったです」と紹介されてて吹いた。
この動画はもしかしたら当初のイメージで作り直すかもしれません。

写真の方は、雨に濡れたハイビスカスを見て「綺麗だなー」と撮影。
OptioW30はマクロモードに強いデジカメなので、こういう花の写真にはぼちぼち強い。「ぼちぼち」なのは手ブレ補正も高感度対策も施されていないため(ISO400で既に緊急用)。
もっとも、望遠にするとあまり寄れないのですが。というか望遠でもマクロ効くのリコー(キャプリオ)だけですけど。


d0160172_15201090.jpg
(2)
OptioW30さんの貴重な晴れの写真(笑)。
晴れてたらメインカメラ持ち出すからなあ。
写真の方は見ての通り、某所の高原です。ただ、一番分かりやすいかも・・・○○地方在住だとピンと来そう。


d0160172_1520812.jpg
(2)
なんとなく無難な写真を探した結果、採用。特にコメントなし。






2、自前の写真集
あんまし枚数多くないです。


d0160172_1520338.jpg
(2)
おとといのNRRRでも触れられてたけど、写真を撮るに当たって迷うのが「人は果たして写してもいいのか」。
要するに肖像権ですね。これは僕も毎回困ってる要素で、人物写真を滅多に撮らなくなってしまったのはこれの影響も大きかったりします。最近は結構頻繁に撮ってますが(誰にも見せなければ問題ないんだし)。

話を肖像権に戻すと、僕の対策は「人をカットする」。
上にある紅葉の写真もそうですが、僕の写真は「人を目立たせない」方向にシフトしていきました。
極め付けが、この写真。顔を写さなければいいんだよ!(力技)
まあ、この写真もブログでひっそり公開する規模だから大丈夫なのであって、大っぴらな場所では出せないと思いますけど・・・。

ちなみにサイネリアのクラクションでは「ピンボケ」が本当に効いてます。
これにより、「表現としての抽象化」「場所の特定防止」「肖像権対策」を3つまとめて実行する事に成功。この辺りは、写真やってたから思い付いた表現だと思ってます。


d0160172_15113514.jpg
(2)
僕の写真はとにかくファジーな感覚に頼って、雰囲気重視で撮る事が多いです。
アイマスのPVの場合はファジーだと不安になりますが、写真に関しては完全に感覚。これは、僕の写真がほぼ独学だから、ってのが大きいです。

で、こういう写真が多くなります。黄金比とか3分割構図とかは全く考えずに、なんとなくいいなーと思ったフレーミングに合わせてシャッターを押す。それだけ。
流石に日の丸構図はある程度避けてますが、それくらいかなあ。

ただ、コンパクトデジカメなので、こういうのは撮るのにコツが必要だったり。
マニュアル補正ができないし、夜景とかだと最低値のマイナス2の露出補正でも明るくなってしまう。
なので、露出設定を「中央スポット」に合わせて、明かりに露出を合わせて撮影。
この写真でも確か、その手法を活用してたと思います。


d0160172_1511281.jpg
(2)
「アシタカセッキ」用のボツ写真。
荘厳な雰囲気を出したかったので、晴れてる写真よりもこういう写真の方を多く集めました。
まあ、OptioW30で青空を撮る機会って滅多にないんですけど。


d0160172_15105440.jpg
(2)
以前とある動画で使った写真。
確か、木の枝に手を伸ばして撮った気がする。
やや暗めにしたお陰で、しっとりとした雰囲気が出せたので綺麗かなーと。もっとも、手ブレ補正未搭載+高感度も弱い以上、露出を暗くする以外の選択肢は無かったんですけど。

ちなみに、アシタカセッキで出した桜の写真は、むしろ「雨」を被写体とする感覚で撮りました。なので、ホワイトバランスを白熱灯に設定して蒼を引き出してます。OptioW30の白熱灯は個人的にかなりお気に入りです。


d0160172_15113349.jpg
(1)
僕は白黒はあまりいい思い出が無かったりします。
表現としてアリだと思うけど、白黒フィルムが入ったカメラ単騎で出撃した時にカラーで撮りたいと思った風景に出くわした時の絶望感が凄まじいからです(笑)。
ただ、大事な事なので2回言いますが、表現としてアリです。
僕は高感度画質がいいデジカメを使った経験がないので、たまに非常用の高感度を使った場合は開き直って白黒にしてしまう場合があったりします。どうせ白黒だと粒状感が目立つんだし、逆の発想。

ちなみに白黒に変換するのはカメラ側ではなく、もっぱらパソコン側で行ってました。元の画像を残すため。
その時に使ってたのが、加工ソフトの類ではなく、フリーペイントソフトのPixia。
なので割と操作には慣れてて、ニコマスに入ってからも大いに活用する事になりました。
[PR]

by icelake876 | 2011-02-06 16:50 | 雑談(よろず系) | Comments(0)  

<< 15作目 りょうゆめごみゅます まさに独り言 >>