11作目 Stand Out!!!(日高愛で「イデア」)

アイドルマスター 日高愛 天野月子「イデア」

これを出したのは2010年の3月ですが、ペンタPを名乗り始めたばかりで浸透もしてなかったと思いますし、湖氷堂名義で出してたようなものだったのかも。
この後で休業を挟んで、さらに機材も変わったので、旧名義での実質最後の動画なのかな。
まあ、ハンドルネームなんで今でも某所で使ってますが・・・。


この当時の使用機材は以下の通り。

メイン→Windowsムービーメーカー
補助→SEffect
音声編集→SoundEngine
静止画編集→Pixia
エンコード→MediaCoder

今ではWMM+SEffectもMediaCoderも使ってません。残り2つは活用してますけど。
「やわらかな夜」が、この環境でのラスト動画でした。アレは65分で作った過渡期動画だし、実質イデアが最後。むしろ、ムービーメーカーの集大成として作りました。


それにしても、ガッシュ好きだったなー。
あんな理想的な少年マンガは当分現れないと思う。
まー、一般の方にはチチをもげとかの方が好きなのかもしれないけど。僕はああいうネタは嫌いなので全然興味がありませんが。ネタそのものの突き抜けっぷりが面白過ぎる場合を除く(ブラブラPのスタイリッシュπタッチみたいな)。

あと、この動画までは、動画と並行して膨大な量のメモを取ってました。
それが次の動画以降は使えなくなるので、多少内容が曖昧になるかも。
と言うか、ここまで長くする意味はあるのか・・・とも思うけど、手札フルオープン的な方面で行きたいなーと思ってるので。



・ふと「聲」目当てで勢いで買ったカタログ(注:天野月子さんのアルバム)を開いてたら、「ん?そういやこれイデア入ってたな」と気付く。
・「つっこさん」こと天野月子は僕よりも相方の方が詳しいんですけどね。
でも、僕はEDにイデアが入っていたアニメ(金色のガッシュ)が非常に好きなので、実は前々から何気に知っていた、と言う事実に気付く。
まぁ、イデアと聞くとFFVIIIしか思い浮かばないけど。
・ふと、初期衝動的に制作意欲が湧いてきた。
この動画以降、しばらくバトレボ中毒になる予定だったので、最後にこの曲で一本やってみる事に。
(リアル事情でパソコンから離れていた)
それこそ肝心の「聲」はAtollPとゆさPにやりたい事やられてるんですけど。紅い蝶の演出には参った。最近くるわPも力入れてたし。

・かなり肩の力を抜いて。
ダンスは適当。
適当と言っても、それっぽいダンスの曲は今までの経験で少しだけ感覚的に選べるようになってる。
「ダンスの雰囲気」が重要。曖昧にしか覚えてないのが逆に好都合だったかも。
今回だと、HELLO!、shiny smile、relations辺りかな?後は必死こいて、それっぽい振り付け探してるような感じです。
・PV作りの腕前は無いのでショート版一択。
(クラウンは5分オーバー?アレは例外)
毎度お馴染みSoundEngine様で加工。
・衣装はガッシュのED映像に倣って赤・・・で行こうと思ったけど。
正直、この曲に綺麗な前奏があるとは知らなかったんですよね。
と言う訳で、前半を明るい色の服装にしてみた。リトルアクエリアスに。
赤い服は手持ちの中ではスコーピオン一択。ロゼエトワールも持ってたけど、「深紅」ではないので。
後は、アクセサリーは月かざりの腕輪オンリーで。

とにかく、この動画でWindowsムービーメーカーは卒業する予定だった。
これ以降、VegasかVideoStudioを導入するつもりで制作。
PEは最初から候補に無いです。文字入れでフリーズするらしいのでノベマスやってる僕にはキツい。
・今回の動画では、Windowsムービーメーカーの限界を目指すつもりで行く事に。
くらふとさん大勝利。
なお、海月Pはムービーメーカー自体をプラグインで大改造してるらしいけど、僕の場合は全然やってないです。
速度変更プラグイン入れようとしたけど、英語っぽかったので敬遠しましたし。
(それにしても、例のノベマス事件があるせいで、海月PがWMMに拘る理由を変な方向に勘繰ってしまう・・・)
・やってるうちに、低速m@ster気味にいけそうな気がしてきた。
元々低速m@sterの案はいくらか頭の中に浮かんでて、シンクロ弱者の兵法的に使うつもりだった。
・これならBPM関係ない。
と言う訳で、動画速度変更ソフトに使ってるSEffectすら封印する事に決めた。
余談ですが、イデアのBPMは102。こんなBPMの曲はアイマスには無い・・・はず。
・いやー、今見返してもこの動画、シンクロ合わせる気がさらさら無いですね。

・さて。
ムービーメーカーでは色調補正ができない。
と言う訳で、赤い画像からフェードアウトさせる事で強引に実現。
赤い画像はPixiaでなんとかして調達。もう、自転車操業である。
・素材の撮影時にデジカメ側で赤く補正すればよかったかなぁ?
ただ、デジカメ側では、赤っぽく補正する曇天ホワイトバランスでも普通の色にするのが限界。
(DS画面は青っぽく映るので、赤く撮ろうとするくらいが丁度いい。青く補正するのは楽なんですけどね)
これは、どちらにしろ無理でしたね。
・他は前々から使ってる手法で。
「一度エフェクトを掛けた動画を出して、重ね掛けをする」と言う手法もあるけど、面倒だし、完全に一発で決めてみようと言うことで封印。
・代替案は「同一動画でのフェード」。同じ動画を完全に重ねてフェードさせ、前半後半で違うエフェクトを付加させる。これで、1つの動画に2種類内包させられる。
・本当は衣装チェンジのシーンは途中に「スポットライトが凄まじく眩しく光ってるカット」を入れたかった。
けど、自分のPixiaの操作技術の限界をオーバーしてしまったので断念。
・最初の静止画は一時停止したダンス画面を撮りました。
これだと、上手く止められれば抜群にいいショットが撮れます。百花繚乱の時に偶然見つけた。
・立ち絵の切り抜きはPixiaでアナログ。
GIMPの電脳はさみ導入したら失敗した。
・一瞬だけ出る歌詞は「Viner Hand ITC」。
これでも小さいかなぁ・・・ムービーメーカーがavi発行できれば紙クリで足せたのに。
・エンコードは384+20フレーム、音声40。
一度編集ミスを訂正したついでに、音質がイマイチだと素人耳にも分かったので24→40に。
mp3だったら64以上で安定するんですけどaac形式はイマイチ把握し切れてないです。
・一番最後はrelationsですが、このシーンを選んだ理由は「カメラの位置が高いから」。
なんとなく、最後にいいかなーと。
あと最後にもう一度言いますが、ダンスはものすごく適当です。
・完成。
どっちかと言うと、過去作の中ではR.O.D.臭のする動画になりました。
・あと、とうとうムービーメーカーが保存ボタンを押した衝撃でフリーズしました。
保存はされてたけど、この現象が起きた時点で、とうとう限界。


・来たコメント。
「画面に直にフレーム」
実は当時考えていたのが、家に某募金の赤い羽根が大量にあったので、DS画面上に撒き散らして撮ると言う荒業。
ただ、部屋の電気を消して素材撮影をしてるから、シルエットになってしまうんですよね。なので断念。
(部屋の電気を消さないとカメラがDS画面に反射して写り込む)
・某動画紹介ラジオにて11連敗達成。
ですよねー、と呟きつつ聴いたら、ひのちんPの動画から動画編集ソフト、そしてムービーメーカーの話に。

322 :Gate@ust:2010/03/19(金) 21:48:38
ムビメカでDS動画

アイドルマスター 日高愛 天野月子「イデア」ー ペンタP
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10072491


326 :吊:2010/03/19(金) 21:49:51
ペンタPはそれが最後のwmmだって書いてましたね

328 :ペンタP:2010/03/19(金) 21:50:26
ひぃっ!?よ、呼ばれた!?

ちなみに>>322のムービーメーカーは一切カスタマイズとかしてません
製作中に10回以上落ちたのでVSかVegas買うつもりです

330 :Gate@ust:2010/03/19(金) 21:50:55
涼のTOXIC作った人ですね。ペンタP

アイドルマスター 秋月涼 Toxic
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9664550

331 :ヒトコト:2010/03/19(金) 21:51:06
キャーペンタサーン

333 :ブラッキー:2010/03/19(金) 21:51:22
キャーペンタサーン!!

334 :Gate@ust:2010/03/19(金) 21:51:36
>>327
ぷよぷよ?

>>328
キャー!! ペンタサーン!!

335 :虫けら:2010/03/19(金) 21:51:52
>>328
キャーペンタサーン!!


とまあ、こんな感じで・・・。
正式紹介じゃないものの、最後にNRRRに大逆転紹介される。
「ひぃっ!?」は素。マジで嬉しかった。
まあ、正式紹介にはこれから更に半年を要した訳ですが(笑)。
・自分の名前がコールされるとは思わなかった(笑)。
呼んで下さったのは0909同期のヒトコトP、ブログでToxic紹介して貰った中の1人ブラッキーP(ニコマスwikiのブラッキーPの項目作ったの僕です)、貼って下さったGateP、そしてREKKAP・・・REKKAP!?
明らかにToxic被りで機嫌損ねたと思ったのに!(後の20選で割とマジビビりしました)
・「荒っぽさが味になってる」は結局、僕の持ち味になった感がある。
DSキャラで作りたいから作る!が製作動機なのですが、やっぱ単純に画質面で落ちるのは厳しいし。
・ちなみに、ムービーメーカーのカスタマイズの存在はこのラジオの話で思い出しました。
けど、ニコニコ動画の運営には金を投じたくないけど、無料で楽しむのも嫌なので、投資として有料動画ソフトの導入を決意する。
(ぶっちゃけると、動画サイトでCD買わずに聞きまくってる曲多いし、それを考えると1万強は安い投資だとすら感じる。経済的な問題とか言ってられない)
・ノベマスやるにしても、動画編集ソフトは必要だと思うので、どちらにしろVegasもしくはVideoStudioは買う気でいた。
(音声トラック2つ無いと厳しい)
ただ、Windowsムービーメーカーと言う貧乏補正があったのが無くなるので、正直これで周りのPVの進化に着いていけなくなる恐れもあるかもなー、と。
ノベマスは意地でも追い付く気概があたのですが、こっちは・・・。
・だから、どうなるんだろうなあ。
と、不安な旅立ちでした。






折角なので適当メイキング。
今手元にムービーメーカーが無いので、うろ覚えです。

最初:セピア→古いフィルムへフェード、さらに白へ
静止画4つ:Pixiaで制作。ムービーメーカーの白フェードインは有能。
前奏:Pixiaで作った赤い画像のフェード。
衣装チェンジ:Pixiaで切り抜き。切り抜き前の画像を組み合わせてる。
前半:フェード演出だらけ。55秒辺りが分かりやすいかな、鏡反転した素材とフェードさせてます。
1分:ここだけノーエフェクト。逆にノーエフェクトでもエフェクトに見えるかなーと。
サビ直前:セピアと「かなり古い」フィルム。
Stand Out!!:愛の祈りのシーンに合わせました。むしろ、振り付けはここを起点に決めてる。
サビ前半:色相移行連発。
サビ後半:カクカクになる古いフィルム演出からフェード、ちょっと明るくしただけの素材へ。
最後:relationsのあの振り付けを徐々にスローになる感じで。




スペシャルサンクス→色々な方々(特に、ドリルキング社会議室に貼ってくれたGateP)
紹介はキリコさんとzeitさんにやって貰ってたはず・・・感謝。
[PR]

by icelake876 | 2010-11-25 21:35 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

<< ママぽよ動画はこれのストレス発... 雑談らしきもの101124 >>