旅m@s紹介もどき101107

依頼されてた動画をマスターアップさせたので、なんとなく見た動画の感想を速攻で書いてみる。

今回は旅m@s縛り。
そういやtanP完結したのか。途中で視聴切れてるから1話から追おうかなあ。




海芝浦P久々に来ました。
いつの間に海芝浦Pの千早にもオタク属性が付いたんだろう・・・。

中身は安心の出来。旅m@sで安定度に関して言えば海芝浦Pの右に出る者はいない。
あと、旅m@sで黒井社長とかoらzP以外であったっけ?理由を聞いて納得。
ようこそ九州へー!九州人なんで嬉しいです。流石に宮崎は無理でしょうけど。


そういやoらzPがDS組を軍艦島に連れてってくれるって話はどこに行ったんでしょうか。






ここまで「発想の勝利」的な旅m@sは見た事が無い気がする。
ルールが複雑だとかノリが完全に芸人だコレとか色々言いたい事はあるけど・・・。

旅m@sは今年の3月くらいまでほぼ全作品を追っていたのですが、そこまでの印象は「旅m@sPは一芸に秀でてる場合が多い」でした。
このPも例に漏れず。バラエティ番組臭は自覚してるっぽいし、今後に期待大か。
(なんだこの偉そうな感想・・・ただ、春香がパンツ脱ぐ発言は元ネタ知らないんでやりすぎかと思いました)

とりあえず「電波少年ではよくあることシリーズ」タグを付けておく。



場所について書いてるので。反転注意。


阿仁かあぁぁぁッ!!!

秋田の内陸部でしたっけ?
確かにコメントにある通り秋田内陸縦貫鉄道が通ってたはずだけど・・・1日に何本あるんだ?もりよしに都合よく出会えればいいんでしょうけど・・・。
ルールが複雑だから、どうなるか見当もつかないや。

ちなみに、阿仁には滝マニアの間ではトップクラスに人気の高い滝があるのですが、流石にコアすぎるからそこの観光はしないまま終わるかな。

[PR]

by icelake876 | 2010-11-17 23:55 | 動画紹介ノベマス系 | Comments(0)  

<< 流石は現存するDSMAD最古参P 28作目 タグロックと衣装選択... >>