8作目 長くて地味な絵理誕ノベマス



と言う訳で絵理誕ノベマス2010(21分12秒)の解説です。
技術的な解説は何一つありません。

ちょっと誰得度が強すぎる気も・・・まあ、僕はこんな感じで書いてますって事で。




一応ノベマスPのつもりなので、この動画をニコマスPを名乗る動画にしようと決めました。

また、紙クリ初使用です。
ソフトそのものは数ヶ月前から持ってたものの、1年半くらい前の僕は小鳥さんの立ち絵を30分探しても見つけられなかったので、諦めてたのです。だから処女作が随分偏屈なノベマスになった、と。
でも、さらに半年くらい経って、ようやく「架空戦記ろだ」の存在に気付いたので遂に投入。
(あと、2ちゃんねるが嫌いなので、そこ由来だったら避けようと敬遠してた。実際は一「したらば」でしたね)

そんな動画。



・元ネタ知らないけどソロモンよ!私はノベマスに帰ってきた!
・僕はPVは音楽、ノベマスはマンガに近い娯楽だと思ってます。
(マンガと大きく違うのは完結しない場合が多い事ですが。まあマンガでも完結しないの稀にあるけど。ドラクエ7とか)
で、どちらかと言うと、音楽は単純かつ非常に効果的な癒しを求めるもの、マンガはストーリー次第で大きな感動や笑いを与えられるものだと思ってます。
この2つだと、後者の創作を行いたいなーと言うのが僕の個人的な嗜好です。
(音楽も大好きなんですけど、こっち方面はセンスが問われるから厳しいかなーとも・・・)
と言う訳で戻ってきました。
ちなみに僕はマンガは教科書に匹敵するものであると思ってます。いや、越すかも。
・でもDSのダンスMADは足りん。だから作る。

・シナリオの骨格はクラウン(6作目)の二番煎じ。
絵理は会話が苦手。結局、僕はその点から抜け出せないらしい。
と言うか、アイマスDSの購入動機がコレ。
・僕はシナリオ練りの練習を、独学ですが10年近くやってます。
(脳内で考えたシナリオを脳内で調整する、の繰り返し。そのため「シナリオ書き」ではない。すごく悪い意味で)
・そんな訳で。
この「会話が苦手」を数日間脳内で適当に熟成させた結果、シナリオはあっさり組み上がった。
ただ「ひうっ!?」をテーマに書け、と先に決められたら無理だったかな・・・。
ちなみに、この誕生日にあるまじきテーマは、他のノベマスとの差別化を図れないかなーと言う安直かつ狡猾な発想に由来。
・サイネリアと尾崎さんを両方立てられるように調整し、完成。
自分はメモ帳を使わないタイプなので日常生活でかなり苦労してるんですけど、この辺りの調整の融通はメモ帳使ってない人間の特権なのかも。「BAMBOO BLADE」のシナリオとかもそうらしい。
ちなみに、かなり重大な設定を3年近く埋没させた経験もあったりするので、真似はしない方が良いかと思われます。
・元のテキストはサクッと3時間で書き上げる。
我ながら、速すぎ。
ここで愛と涼の見せ場も調整。書いてるうちに、いい感じに3人とも動いてくれた。
(今見返すと、涼がちょっと足りないかな・・・1箇所除いてヘタレ気味な気もする)
なお、尾崎さんの本命チョコはここで湧いて出た。
・脇役が有能になるのは僕の書くSSの特徴。良くも悪くも。
嫌味なキャラを出したくない、と言う思考。と言う訳で司会が有能。
(ジュピターは本当に上手いポジションですよね。遠慮なく悪役にできる)
・しかし。
いざ初使用の紙クリにぶち込んだ瞬間、精神的にフリーズ。
この動画、 3 0 分 コ ー ス だ ! 
上に書いたけど再度。僕がやっていたのはシナリオ練りの練習であり、シナリオ書きの練習ではない。
そう、この辺りのエンターテイメント的な加減は全く利かないのである。短くまとめる練習なんてやってない。むしろ、その辺りを鍛えたいと思ってノベマスに手を出した。
・とりあえず、最大の反省材料は見えたので、よしとする・・・(涙)。
ってか、3時間の最大の理由は「推敲を一切行っていない」に尽きると最近気付いた。
今回は最早、再生数は捨てました。
・ちなみにRAPの再生数講座を見たけど「文を短くするための推敲」と台詞枠だけ参考になった。
多分この文章は「あえて嫌味に書いてる」んでしょうけどね。そう感じた。
あと「……」か。丸ゴシックだと、これがないと確かに厳しい。

・PVと違って進む進む。
やってもやっても終わらないからキツいけど、一切の迷い無く進めるから楽しい。
技術面では紙クリの振動機能が使えなくて焦ったんですけど・・・フェードアウトと重複させられないのね。
・心掛けたのは立ち絵に振り回されない事。
僕は「りょうゆめ●REC!」でかなり衝撃を受けたのですが、この辺りから派生して「武田さんは歪さんが立ち絵1枚しか用意してないからネタキャラになったんじゃなかろうか」と言う仮説を立てたりしてました。
(ゲームやると口を開ける差分が2パターンあるのが確認できる)
流石にそれは無いけど、「真面目な武田さんを作りにくい」と言う事実はあると思う。
・ただし、今回は時間が無かったので、あまり振り回す側には回れなかった。
なので、立ち絵に逆に身を任せてのテキストの修正などを実行。
具体的に言うと「しまったーーーッ!!!」→「こう来たかあぁぁぁーーーーーー!!!」。
・振り回すことに成功したのは「?」の台詞を立ち絵の変更で補える事。
歪さんの立ち絵のファイル番号使って説明すると、「?」の台詞を絵理が言うシーンは、絵理の立ち絵を05-03に代えれば演出できる。
RAPの講座で「曖昧になるのでクエスチョンマークを単独で使わないように」ってあったけど、僕の場合は曖昧なスタイルである以上カバー不能なので、いっそカットする事で代用。
つーか、絵理だったら「?」を単独で使わないと不自然だろうと感じた。個人的には。
・ちなみに「りょうゆめ●REC!」では他にも得るものがあったんだけど・・・キリがないので次回。
まぁ、ちょっと書くと武田さんの立ち絵を増やす勇気が出た。
・サイネリアのチャット画面は面倒なので、以前直撮りしたゲーム画面から。やっぱりOptioW30。
ペンタックスに足向けて眠れんね俺。いや、オリンパスとリコーとミノルタも使ってるけど。
・台詞枠は「面白そうかなー」的に思いついたスケッチブック。
アピカのB6メモ帳を写真で撮り、Pixiaで横にコピペで伸ばして背景を切り抜いた。
(撮ったカメラはやっぱりW30。酷使無双・・・)
ただ、いざ実用すると演劇みたいなノリになったかも。演じてる感は出したくないので、これ以降封印。
使うとしたら・・・あ、旅m@sはどうだ?いつかやるかも。
・文字の色は目に優しい色で緑。前にやったゲームのプレイ動画でもやってた。
(アレはジュカインを使ったから、ってのもあったけど・・・)
ただ、当初使う予定だった丸ゴシックが合わない!
結果、地味だから禁則事項とする予定だったMSゴシックを今回採用する事に。
(自分が今まで見たノベマスで一番綺麗なインターフェースだと思う動画は旅m@s系の人(てつまこP)の動画なのですが、その人も丸ゴシックだったしliarPも丸ゴシックだったし・・・。
あ、有名どころで上げたら「くされ戦記」か?世界観にも合ってるから完璧)
・そしたらRAPと哀川翔PによるMSゴシックアンチの流れに(投稿当時)。
これは酷い。僕は数十万人に一人の判官贔屓だと自信を持って言えるのですが、遺憾なく発揮されました。
アイマスDSとかペンタックスとか贔屓してる時点で既にアレですけどね。あとポケモンではブースターがベストメンバーの一角です(まあスターミーも好きなんですが。あとランターンは「強すぎて好き」だから違うか)。
・今度は台詞送りのペースで悪戦苦闘。
結構な速読派なのを自覚してるから逆に難しい。
結局4秒、6秒、8秒を中心に設定する事に。

ここに辿り着く頃に、ようやく中盤。

・台詞送りの仮組みを決めた時点で、19分40秒+α。
これは21分くらいかな・・・って、30分越さなかった!?
・ここからが進まない。
BGMは後付けでWMMを使う予定で進めてたのですが、BGMない状態で編集するのが意外とキツい。
前のチャットボックスはWMM上で並べたから大丈夫だったけど・・・。
・ある程度仕上がった所で、やっと工夫をする余裕ができる。
「尾崎さんに、罰ゲームみたいな事させちゃった・・・」の台詞。背景に尾崎さんの顔ジェスチャーカットインを入れる事を思い付く。
・タグは非公開にしてる自前の動画があったので、これを編集して。
・「完全に」の強調はPixia様の加工であっさり完成。
だけどクラッカーの写真で悪戦苦闘した。
結局、イメージ検索を多めに掛けて素材サイトに行き着く。ホント、ここが一番助かった。
・ドSな絵理はイマイチしっくり来ないタイプの人間なのだが、
絵理の半目立ち絵はギャップ萌え的にフル活用。
ペットショップでのカットは最高にお気に入り(笑)。

・と思ったら・・・。
カットイン揃えた所で、もう時間が無いので見切り発車することにして動画出力。
FFS機能が暴走してるーーー!!!(絶叫)
紙クリ上でのプレビューだったら正常に再生されるものの、カハマルカはPCスペック的に恐らく使用不可。
デジカメ直撮りなんて論外。ノベマスのフォーマットには流石に耐えられない。
・しかも出力すらまともに出来ない。
と言う訳で、涼の藍坊主MADで使用したユニット構造を再度採用。
こんな形でも生きるとは・・・6パートを2パートずつに分けて突っ込む。
・合計5GBくらいになった。ざけんな。
TMPGEncoderに突っ込むも上手く色が出ない。ムービーメーカーだったら上手く行った。圧縮成功。画質は落ちたけど、一気に70MBに軽量化。最後はMediaCoderで縮小するので問題ない。
静止画中心だとwmvは優秀な形式ですね。ここからSEffectとか紙クリに戻せないのが難点だったけど。
・FFSの暴走は結局修正しきれず、画像出力で並べ直した。

・BGMは最早適当に組んだ。
サントラ持ってるファイナルファンタジーIXとポケットモンスターダイヤモンドパールから。
・FF9だけで組んでたけど、町のBGMが思い付かず。
そこで、ポケモンダイヤのヨスガシティをねじ込んだらバッチリはまった。
・要の部分はアイマスそのものの曲で。プリコグアレンジって意外といいもんですよ。
・FF9の曲目は「月なきみそらの道化師たち(ゾーンとソーンのテーマ)」「ガーネットのテーマ」「ラブレター大作戦」「モグネット本部」「今宵」かな?
最初は「一難去って(リンドブルム工業区酒屋)」を使う予定だったんですけど・・・。
とにかくマイナーな曲から選んで元ゲームの印象を薄める狙い。ゾーンとソーンのテーマは使いやすすぎるので例外だけど。
・ポケモンダイヤは・・・この年齢層なら知ってる人少ないだろうから切り札的に使えば映えるはず。
と思ったら徹底的にバレた。うーん・・・思わぬ事態。
FF9の方にはツッコミ無し。
・でも、任天堂系が意外と通じると分かったのは嬉しい誤算。
僕のゲーム音楽に対するコンプレックスとして「Saga」「クロノ」「聖剣」「LAL」の曲を知らない事があったりするので。
(これが、次のPVに繋がっていく事になります)
・画質よりも軽さ優先。ビットレートは音声24の動画128。
今にして思うと、これ低画質すぎるだろ(笑)。
ファイルサイズは24MB。mp4なら静止画に強いので、ノベマスならこれくらいでも問題ないはず。
それこそ、過去に上げたプレイ動画やチャットボックスの時は100以下に設定してた気がする。

・コメント数はイマイチだった。
チャットボックス、何故にあんなに伸びたのやら・・・。
・そもそも21分12秒の時点で伸びる事自体は諦めてたんですけどね。
某Pも「しかし新作長ぇ」と呟く有様。
そして数ヶ月後、紹介サイト様に「長いし散漫ですけど、切り落とせば面白そう。むしろ次回に期待」と。
これで、弱点は露呈した。ありがとうこえらさん。
・それでも再生数はDSMAD3部作以上。


・反省会。

絵理
→まぁ、当時の僕にはこれが限界。
ちなみにノベマスの絵理はサド属性が流行ってる気がしますが、僕はやらない方向で。
そんな訳で、某大手Pより再現度が上だと信じ込んでるんだけど、それ以前に絵理に自分の絵理像を押し付けてるのかもしれない。
でも、これを否定したら僕は潰れるんだろうな。それくらいの決意でアイマスDS買った。

サイネリア
→口調マジむずい。
リア友のくだりは絵理と同じく会話の苦手な僕の経験則。友人と言える友人がいない人間ですが、部活の面々には超お世話になりました。
プレゼントは貰えなかったけど、みんなさらりと「今週末誕生日だよね」と言ってくれるのよね。
結果、直後に紹介サイトで「サイネリアらしい考え方」と言われる。よっしゃあ!

尾崎
→マダオ言うな・・・。
なんだかんだでフリーのPやってるから、腕は結構あるらしいですよ(真美に負けた場合に社長が言う)。
でも「マダオ」に当たる部分として、ツメの甘さによる顔芸は入れた。なんつーか、必死。
個人的には今回一番上手く行ったキャラ。ただ、もう少し崩した方がいいのかねぇ?
とりあえず、良くも悪くも強引な所があるキャラだから、その辺りも少しは盛り込まないとなー。

司会
→上記の通り、脇役が有能なのが僕の性質。
例外を用意するべきだと思うけど、これを利用した展開の話を考えてたりする。
生かすべきか壊すべきか。

社長
→こんなものかな・・・脇役だけど、一応もうちょい練り込める余地はある。

愛、涼
→愛にもいい所を作るために調整したら逆に涼が減ってしまった。
「何のことかなぁ?」は涼らしい台詞になったかなーと思ったんだけど・・・。
あと、ただでさえ長いやりとりが、更に冗長になった気もする。上記の涼の台詞も、これでリズムが・・・。

話全体
→長い。もっと削れる。以上。
まだ言うと、PVではDS+デジカメを使ってる事でできていた個性が、ノベマスでは完成度で示さなければならなくなったので、ゼロからのスタートに。
・しかも、先述の通りシナリオ製作能力以外の面での完成度はゼロ。
幸い、ペイントソフトの使いこなしは可能。だけど絵は描けない(話せる超絶絵師様が1人だけいるのですが)。
相当に追い詰められた感じがある、と言う事。
・日常的な感じの出し方は上手く出せたと思ったけど、後からsm9936728を見て「やられたー!」と一言。
裸ネクタイのoらzPがキャラ把握上手いのは知ってたんだけど・・・。
それにしても、「誕生日の経験が少なさそう」と言う辺りが被ってたのは嬉しい。
・インターフェースには全く突っ込まれなかった。
次は丸ゴシック使える台詞枠作ろう・・・。
前にDS風の台詞枠は作ったものの、それだと3行詰めた瞬間に違和感が出るので、保留。
・BGMセレクトのセンスが全く無い。ヨスガシティ以外はかなり微妙だと自覚。
次は公式使おうかな・・・。無難を出ないけど、無難に収まる。まずは公式で練習かな。
マジでこれがネック。
・エンコード設定間違えてた・・・。
(FFS機能を使わない場合、ノベマスにフレームレート30は要らない。過去にやったプレイ動画はフレームレート15を利用することで、プレイ動画なのにビットレート100台を実現してた)
・次はフレームレート12で。24で十分アニメになるらしいから大丈夫。
FFSの振動機能辺りは使いにくくなるかもしれないけど。




スペシャルサンクス→きっちょむさん、こえらさん(ノベマス紹介ブログ様)
[PR]

by icelake876 | 2010-10-03 21:02 | 自作動画長文解説 | Comments(0)  

<< ちなみに64版の音源 memo_101002 >>