DSじゃないけどアイマス語り

あちこちの反応を見て、アイマスと言うゲームにおける「プロデュース」と言う要素の大きさを思い知らされる。


正直、僕には雲の上の話だったりする。
ギャルゲーが苦手なので、プロデュースと言う行為がむしろ障壁だったりするから。
(と言ってもギャルゲーの枠に収まってないのがアイマスなんだけど、
僕が欠陥のある人間なんで、ゲームのフォーマットがギャルゲー寄りと言うだけで心理的にプレイしにくいと言う・・・)

プロデュースかー。
僕はポケモントレーナーが本業なんで、そっち方面で考えてみた。
(注:ポケモン歴が12年と圧倒的に長く、ニコマスにもバトレボの架空戦記から入ってるため、一応こう言ってる。今は副業のP優先です)
まあ、確かに嫌だよなー・・・。
昨日リーフグリーン選んだのも、初代の相棒のスターミーが出るからだし。
と言っても、ブースター使いとしては、竜宮小町程度で冷遇と言うのが我慢ならんのですが。


でも。
ほとんどのアイマスプレイヤーの方にとって、アイマスとは「アイドルをプロデュースするゲーム」だったんだなーと。
そして、それが崩れるのが何より嫌なんだなーと。
それが、正直意外だった。もしかしたら、製作スタッフからも意外に映ってるのかもしれない。
(11人+響と貴音を対等に扱って欲しい、と言う意見は分かるんですけどね)

もっと、無限の可能性を秘めたゲームだと思ってた。
そうじゃなきゃ、ニコマスなんて広まってない。
あと、僕はニコマスに入る以前から、「公式やファンの圧倒的なノリに支えられてきたゲーム」としてアイマスに興味があった人間だから。


一応これでもアイマスは3年半前から知ってて、ラジオとかもある程度聴いてたので、DSオンリープレイヤーながら765プロの面々にも結構な思い入れがあるんですけど・・・。
僕が「DS専属」を名乗ってないのは、そのため。
魔が差したら、765プロのノベマス作るだろうし。
(原作未プレイだから「魔が差したら」。やる場合はノリノリで作ると思う)


・・・でも、DSしか作れない気がしてきた。
正直、自分がゲームとしてのアイマスに興味があるか、と聴かれたら相当に危ない。
アイドル育成ゲームと捉えても、ポケモンと違ってアイドルだし、トップを狙うに際して感情移入し過ぎて失敗するかもしれない・・・。

いい意味で、なんですけど・・・。
僕は765プロの11人は神格化してるので。
だって、たった11人でニコニコ動画の御三家入ってるんだぜ?

そのぶんAランク上位エンドが嬉しいだろうし、実際にやれば認識は変わるとは信じたい。
けど・・・。




ああ、まだアイマスは遠い。
「プロデュース不可でどうこう言い過ぎだ。
もちろん全員優遇とは言えキャラの扱いに差が出るから竜宮小町の問題は難しいけど、プロデュース以外のアイマス像を見つけてもいいのでは」と正直思ってた。

けど。
僕が身贔屓を除けば確実に一番好きなP様のTwitterを見て黙らされた。
むらたんPはポケモントレーナーだから、こういう視点なのかもしれないけど・・・。
ああ、メーカーが裏で努力値を扇動してるポケモンと違って、アイドルと一緒に強くなれるんだな。

・・・アイマスのゲーム内での「プロデュース」を知らないと、ダメなんだろうなあ。
まだ高嶺の花か。




そう言いながら、動画を作る。
アイマス本編未プレイなのにP名を名乗るに即して、「ニコマス上で、本気でDSのみんなのプロデューサーになる」って覚悟を決めたんです。
実際、その時の動画も、僕が本業だと言い張ってるノベマスでしたし。

けど、いつか765プロにも行ってみたい。
昨日の記事の「でかした亜美ーーー!!!」は本当に口から漏れた感想です。
[PR]

by icelake876 | 2010-09-19 00:37 | アイマスDS語り | Comments(0)  

<< ペンタPなりのプロデュース そういやBW発売日ですね >>