ペンタPの2010上半期ニコマス20選(前編)

PV系を10作。
外部プレイヤーはこの辺りから探して下さい。
なお、画像はクリックすると簡易ビューアーが開きます。エキサイトブログは絶滅危惧種なので補足。

後編→  /  選外10選→→



d0160172_2041172.jpg

新年最初の衝撃を受けたMAD。
アイドルマスター 華爛漫-Flowers- 真・美希・あずさ RE-EDIT      トカチP
※キャプチャーじゃ雰囲気伝わらなかったんでモニター直撮り

当時の感想は「ステージMADでここまでやれるのか」。

曲を見事に体現したかのようなダンスシンクロ、絶え間なく程よく動くカメラワーク。
選曲も、リズム感前提の音ゲー曲だから言う事なし。
トカチPは、かなり初期に名前を知ったPの一人だったんですけど(アイマスとして分かりやすい名前だし)、あまり動画は見てませんでした。
けど、この動画を見て「あ、07デビューだわ」と思わされた。
確かに、年期入ってる。それでいてスタイリッシュ。なんか語彙がダメダメですけど。

これに影響されて、製作中のMADのカメラワークを調整したりしました。
遠く及ばなかったけど。
見た瞬間に20選確定した動画の一つ。



d0160172_20414941.jpg

動かないカメラと徹底的に動く響。
【公式曲PV】響 - オーバーマスター (M@STER VERSION)      くたーP
※キャプチャーじゃ雰囲気伝わらなかったんでモニター直撮り

SPでの全抜き。当然、愛情が無いと習得できない技術力です。
けど、この辺りの技術力には、藪柑子Pのライオンとかがあるから最早驚きはしない。

それよりも別の所。
カメラワークはほぼ2個だけ、あまり動かないステージでここまで魅せると言うのに度肝抜かれた。
オーバーマスターのスピード感と激しい振り付けに助けられてる分はあるかもしれないけど、動かないカメラと対照的に動く響が画面に映える映える。
レーザーの飛び交う演出も強烈。特に3分10秒~40秒辺りは振り付け含めて最高。

SP+カメラワーク無しという環境で、響ファンの聖地タグまで登り詰めたのには、もう唖然。
気合いと根性と愛情で、高みまで登り詰めた動画。
「アイドルマスタースペシャル」です。



d0160172_20415529.jpg

卓球Pのシンクロ技術、テキスト表示スキル、狡猾さが全て詰まった名作。
【アイドルマスター】20選の単品のアレ 【2010洋楽m@ster】      卓球P
※動画名が違うのは気のせいです

すっごく軽快。地味な速度変更も効いてる。
アイドル11人も歌詞も全て魅せきる貪欲さは、狙ってこうなった産物のものではないだろうけど、ナチュラルに卓球Pらしさが表れてる気がする。
シンプルイズベスト、それでいてオールスター動画。アイマスだなーと感じます。

拙作に、この動画を参考にして作った動画があったりします。
そんな訳なのでエンドレスワルツじゃなくて、こっちに。
あと、こっちは向こうにない軽快さがありますしね。



d0160172_2046772.jpg

頂点P枠。カクテル枠DS。
iDOLM@STER×FPM #303 『Reaching for the Stars』      orgoneP
とにかくエフェクト全部載せ的な作品は、その技量を羨ましいなーとか思ってしまうし、何より「どうやって作ってるんだろう」的な発想が先行してしまう事が多い。
一発見る分にはいいんですけど、その関係でイマイチ乗り気になれない。
好きなものは好きだけど。

この動画は、単にエフェクトを集めただけじゃなくて、デザインセンス的なまとまりを感じた。
凄い技術には変わりないけど、一応この動画は「謎の技術」ではないと思うのです。
「3DでロボットやUFOプレイヤーを作成」「NASAロゴ捏造」「エンブレムっぽいものを作成する機能でワープゲートを作成」
どれも、一応想像はつく。やれと言われたら無理だけど、時間があればできるかもしれない。

お茶PとしょじょんPの合作も凄かったけど、あれは凄過ぎてどこが凄いのか全く分からない(褒め言葉ですが)。雪歩が静止画連続から動画になって飛び出てくるシーンとか、もう紙クリでやった方が早いんじゃないかとすら思ったレベル。えーと、FFS機能と動画読み込みを・・・ダメだこれ、思考がオーバーヒートしてる。
だから、僕がAE買ってマスターして、若村覚醒カタルシスみたく「全部載せ」をコンセプトに置いて派手なエフェクトばかり詰め込めば、真似できそうな気すらするんですよね。言うまでもなく、実際は無理でしょうけど。

けど、この動画はデザインセンスがあるから、無理。
AEを用意して使いこなすことができても、宇宙空間をここまで綺麗に飛び回る絵は絶対に思い付かない。しかも雪歩が、この動画の主役として、乙女してるし。
正に、宇宙を飛んでる動画だなーと。絶対に届かない。けど憧れる。
そんな訳で、この動画に決まりました。

あと、orgonePだけあって選曲センスが凄いですね。



d0160172_20435169.jpg

今では貴重な、アイマスとニコニコ動画の動画。
水瀬伊織 SPECIAL LIVE ~世界一かわいいって言いなさいっ!!~      アワビP

僕はMMDのロボットダンスは本家のダンスと比べるとイマイチだなーと毎回思ってしまうタイプです。
(中には凄まじいのもあるけど)
けど、この動画は、MMDのロボットダンスも味になってしまってるから凄い。
というか、力づくで従えてると言う感じ。動画自体の持つ魅力が問答無用で弱点を押し潰してる感じ。

変に、昨今のノベマスみたく伊織がツンデレだとか凸だとか考えたりしなくていい。
「アイドル」がそこにいる。そんでもって、そのアイドルは伊織。それでいいじゃないか。
これが、アイドルマスター。

つーか、「えびPリスペクト」のタグロックが熱すぎる。
強いて言うなら、あの「ハッピーバースデーいおりんコール」は再現できないよなー、とも・・・。

あと、0909PはアワビPを称えないといけないと聞いたので入れました。
(コミュに入ってない上に、ほぼ誰とも交流のないお前が何を言うか)
・・・でも、アワビPがガチMAD作ったらどうなるか気になってたのは紛れもない事実です。
正確にはガチMADじゃなくて嫁を出さないMAD(笑)。「LiberiFatari」の最初の2分49秒みたいな感じの。
怪物作品枠的なポジションのつもりでセレクト。あとMMD枠か、そういや。



d0160172_2045044.jpg

参加したい。
iM@S KAKURE-Tail Party DSX 0806 night      0806P一同

カクテルを超本格派シークレット(+単品)、高クオリティ、病気コメントと本当に縮図にしてしまった脱帽モノの動画。
これが、3分台。最早名作です。



d0160172_20501244.jpg

熱くて熱くて熱くて死ぬ。
自分の手で掴まなきゃ、意味無いじゃない      R(略)P

カクテル枠DSX。
レスター伯Pも凄かったけど、こっちは震えすら覚えた。

熱い。
テキストがノベマス以上に重く食い込んでくる。
キャプチャーに直撮りも要らなかった凄まじいまでの魅せ方。

こういうのが、個人的な描きたいPVの理想形。
歌詞を捉える能力が無い関係で、略Pの方をセレクトしました。



d0160172_2056323.jpg

「静」の実写融合。
アイドルマスター×茶太 千早 古街      ちゃたまるP
※キャプチャーじゃ雰囲気伝わらなかったんでモニター直撮り

木っ端っPが実写融合では有名だけど、この作品は「下から」アプローチした感じ。
ガンガン動く圧倒的な迫力で実写融合させるのではなく、ローテクでとことん詰めてる感じ。
被写界深度とかライティングとかをバリバリに合わせる技術力に物を言わせた作り方じゃなくて、丁寧に写真を透過処理して作ってるタイプだなーと。
どっちも好きだけど、こっちは静止画だから、無言の凄みがあると言うか・・・。
微妙にチープな部分も散見されるけど、それを補う演出が凄まじい。

ステージの色合い調整も上手い。青い霧の中、みたいな感じで。
燭台ステージ、ライブステージ、実写の3つを絶妙に行き来した後の最後の俯瞰カメラは見事。
構成も、飽きさせない。3分47秒でも3つのステージを行き来するから・・・。
(というか、最初に実写シーンが出る箇所、まだ半分経過してないんですね)
そして、光が駆け抜けてくシーンの爽快感は凄い。

「少しでも茶太さんの曲の魅力が伝われば、幸いです(by動画説明文)」
この動画は、「曲をそのまま動画化した」タイプの動画だと思う。
だから、伝わってるはず。

・・・うわーーーっ!恋心、選外10選からも漏れてた!(絶叫)
ペンタPは木っ端微塵に砕け散った!木っ端っPなだけに。
20選って怖い。



d0160172_2054442.jpg

記念碑。DSを生かした唯一無二の空気感。
【Re:M@STER】 GAME【Another Vertion】      吊...氏

DS映像を使った動画の始祖の一角「GAME」のリメイク版。
個人的に覚醒作と捉えてるAfter in the darkと悩んだ悩んだ。
これ以上は、以前大量に書いたので省略。
要するに、真似できなかった。

それ以前では「lain(だっけ?)」の綺麗なエフェクトとか好きです。
あと元バージョンと迷ったけど、こっちで。



d0160172_2054558.jpg

ステージMADでありながら、最早ステージMADでない。
アイドルマスター やよい 電子レンジマジック      たまてぃP

この雰囲気作りには参った。温かみのある色調補正。
結果、ステージMADでありながら世界の新着動画を完走した作品。
実家に帰ったら、地元のテレビ局で夕方にやってそうな映像。
よく分からない例えだけど、要するに郷愁を感じるんです。ポンキッキーズタイプの。
衣装選択の絶妙さもポイント。なべつかみとシルクハット・・・。
もう、ここまで来ると、ステージが電子レンジに見えてくるから困る。

ってか、ふんわりしてそう。
これに尽きる。

自分「あのー、見ててソフランのCMしか連想されなかったので、後でセクハラで訴えてもいいから抱きしめて感触を確かめてもいいでしょうか」
やよい「え?えっとー、その……」
自分「はい、無茶でしたごめんなさい。そもそも自分に13歳の女の子を抱きしめる度胸ない事に今気付いた」
伊織「その事実に先に気付きなさいよ!まー、気持ちは分かるけど……」
自分「そうだ!誰でもいいから僕の代わりに抱きしめて感触を伝えて貰えないでしょうか」
やよい「あ、それだったら……大丈夫です~!たぶん。
誰がいいかなあ?伊織ちゃん?それとも……」
伊織「うーん……春香、お願いできる?素直だから」
春香「それ、悪く言えば普通の……今回は褒め言葉だからいいけど。
うん、分かった。それじゃ、失礼しまーす」

もふっ

春香「わっ!な、なんかやわらかい!あったかい!(ぎゅ~っ)」
やよい「えへへ。プロデューサーが選んだ衣装ですから」
自分「ありがとうございました。安心して成仏します。セクハラ発言ごめんなさい」
やよい「成仏しちゃダメです~!」
伊織「いや大丈夫よ、退散するって意味だから……本当に抱きついてたら本当に成仏させてる所だけど」


あースッキリした。
こんなアホな文章書けるくらいのMADでした。


(一方通行)後編→
[PR]

by icelake876 | 2010-07-06 21:12 | 動画紹介PV系 | Comments(0)  

<< ペンタPの2010上半期ニコマ... ペンタPの2010上半期ニコマ... >>